拍手お返事 

2007年02月17日(土) 14時06分
「拍手お返事でーす。」
「翠さん、いい加減どっかいってください。ここは私のです。」
「無理。じゃ早速始めるね?」
「翠さんのくせに生意気ですね・・・(ブツブツ)」

17:25 次のメールマガジン楽しみににておりますw

「きゃvありがとーv」
「キャラ変わってますよ。」
「うっさい!wありがとうねーvメルマガよんでくれるなんて・・・・・vV感激♪」
「こんな翠に構ってくれてありがとうございます。」
「うぅ・・・Lの意地悪・・・。」
「次は絶対私が主役になりますよ?」
「無視ぃー・・・?さいてー。」
「さっきからブツブツブツブツ煩いです。」

「・・・・・ごめんなさい。・・・・以上、拍手レスでした。」


ノーコメントの方も、ありがとーっvV

1月20日〜今日までの拍手お返事 

2007年02月03日(土) 13時27分
「みんな拍手ありがとーvV」
「ホント、こんなHPに拍手なんてもったいなさ過ぎですよ。たとえて言うならそうですね、0歳の幼女がプロボクサーを殺す、的な・・・」
「待って!?何そのたとえ!」
「・・・・まず2/01の拍手です。」
「スルー?!」

夜霧さんへ

「夜、霧さん!?わわわ、拍手までありがとうございましたぁ〜vVあと、相互もありがとうございました!感謝です!」
「夜霧さん、私を褒めて頂いて、ありがとうございます。これからもがんばります。是非、抱きしめてくだs「はいはいはい、だめだよー。」
「何でですか。」
「何でって・・・嫉妬しちゃうでしょー?」
「はい?」
「私Lのことすきだしー?」
「どうしてあなたに気に入られなきゃいけないのですか?イヤです。」
「イヤと言われても・・・」
「拍手ありがとうございました!」
「これからも更新頑張りますよー!」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「1/22の拍手です。」
「遅くなってすみません。」

白亜ちゃんへ

「は、白亜ちゃん!拍手ありがとーwww大好きだよー!」
「こんな翠さんは放っておいて、ありがとうございました、ティッシュ、使いますか?」
「放って置くな!そーゆーときはさ、ハンカチの方がいいんじゃないー?」
「・・・・・・・うるさいですね、翠さん。」
「ちょ、アドバイスなんだけど!」
「あ、ありがとな・・・・」
「ちょ、なんでメロが出てくるのよー。」
「お、俺にも拍手が・・・!」
「あなたは引き下がってください。」
「え、L・・・」
「まぁまぁ、落ち着けよ、みんな。」
「ぎゃあああああああああでたあああああああああああああ」
「何だ、その扱いは。酷いじゃないか。」
「だってアンタキモイんだもん。連載みた?月の。」
「・・・・みたよ。アレは最悪だったね。僕の素晴らしいイメージがまるでないじゃないか。」
「・・・・月くんはいいので帰ってください。」
「そうだそうだ!キラは帰れ!」
「うるせぇおかっぱ!!!」
「なんだとー!?L、こいつ、キラだ!だってキラで反応したもん!」
「何幼稚な事言ってるんですか?メロ。」

「「「ギャーギャー!!」」」

「結局私が閉めますw拍手ありがとうございました!コメント、嬉しいですーw
またお暇があれば、いらしてくださいwwwそれでは失礼します。」



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ノーコメントの皆様、拍手ありがとうございました。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

メール返信 

2007年01月16日(火) 18時23分
「大変です!翠さん!柚癒さんからメールが来ています。」
「まじでー!!!メールありがとうございました!!!感激です。」
「今日からメールアドレスが記入されていないメールのお返事はここでしようと思います。」
「はーい。」
「では、お返事始めますね。」


++++++++++++++++++


柚癒さんんへ

「初めまして!すっごく面白かったですか!?嬉しいです!!!」
「翠さんの小説なんかに感想ありがとうございます。」
「・・・・・。Lとマットが好きなんだって。私と一緒だ!」
「ありがとうございます。私もあなたが大好きです。」
「いいなー柚癒さんー・・・。Lから好かれててー。」
「翠さんなんて好きになりませんよ。」
「・・・・・むかつく。」
「マットも好きなんだねーwカッコイイよねw」
「チッ・・・・マットはアレです。」
「アレってなによー。」
「よんだ?」
「きゃーwまっとーんw」
「翠、うるさい。柚癒ちゃん、ありがとう!俺の彼女になる?」
「口説いちゃダメ!」
「・・・・はいはい。」
「質問部屋までありがとうございます!」
「翠の質問、アレひいきすごいよな。」
「そ、そんなことないよ・・・。妄想・・・ありのままでやってみた。」
「ありのままがアレって、ひどいですね。」
「うっさい。・・・・ってライトかわいそう?じゃあもう少し愛を持とうかなw」
「誰もあなたの愛なんて望んでませんよ。」
「・・・・・・・!!!!」
「・・・翠ってバカだな。」
「・・・・!!!で、でも!ライトはアレぐらいでいいってかいてあるよ!」
「優しいからです。柚癒さんは。」
「私は優しくないの?」
「そうだな。」
「そんな直球な・・・。」
「小説が上手・・・、翠さんがですか?私のほうがうまいですよ。」
「うるさい!感動してくれてありがとーvV幸せだよwん?柚癒さんも小説書くんだーw」
「みたいな。」「みたいですね。」
「絶対上手いよね。」「はい」「ああ。」
「はい、これからもじゃんじゃん書きますね!応援よろしく&ありがとうございましたぁ!」

はくしゅおへんじそのさん 

2007年01月09日(火) 11時57分
「翠さん。」
「え?」
「今日も拍手頂きましたよ。」
「うっそ!まじですかい!?」
「・・・・お返事初めましょう。」
「うん!」


1:26 L、頑張って・・・。やばいです、Lに、はまりそうです。

「ありがとうございます。これからも頑張るのでみていてくださいね。」
「Lも人気だね。」
「あたりまえです。」
「・・・・。」

5:27 翠さんのLタン素敵です!更新楽しみにしてます☆

「ありがとうございます!嬉しいです!更新はやめにしますね!」
「翠さんが素敵なワケじゃないですよ?私が素敵なんですよ。」
「・・・・・・ごめんなさい。」
「ありがとうございます。素敵といって頂き嬉しいです」。」

5:30 つい連打してしまいました・・・J拍手ユメ面白かったですv

「れれれれ、連打ありがとうございます!!!」
「ほんとうです。翠さんなんかのありがとうございます。」
「・・・いちいちとげささないで!」
「本当のことですので。」
「はい・・・・。」


「みなさん拍手ありがとうございました。」
「ほんとです!ひとつひとつササエになっています。」
「これからも頑張るのでよろしくおねがいします。」

拍手のお返事そのに 

2007年01月06日(土) 16時57分
「こんにちは、Lです。今日も拍手ありがとうございます。」
「ねぇ、Lたぁん!」
「今日はご機嫌ですね・・・気持ち悪い。で、何ですか?」
「幻聴で気持ち悪いって聞こえた!私の初夢にLたん出てきたのvV」
「・・・出ちゃいましたか・・・・。」
「何で落ち込むのさー!」
「・・・はぁ。」
「何なのー!?」
「では拍手お返事初めますね。」
「・・・・だから、な「えーと、まず・・・」
「・・・・・・・!!」


16:24 ライト夢つくって欲しいです!

「ははは、翠にたのんでみるよ。」
「でた!おめぇは出てくるなよ!」
「何言ってるんだい?ここは僕のサイトだろう?」
「違いますよ。」
「ナイスつっこみ!Lたん!」
「私のです。」
「おいおいおいおいおいおい!ここはわーたーしーの!」
「・・・何でだよ・・・。なにも出来ないくせに。」
「うるさい!月なんてニアにやられたくせにー!!!」
「なっ、だったら竜崎だってその僕に負k「負けてないもん!」
「何だと!?」「何よ!」

「うるさいので先にすすみますね。後ほど翠にいっておきます。拍手ありがとうございました。」

21:09 L可愛い

「ありがとうございます。あなたの方が可愛いですよ。魅力的です・・・。」
「あ、こら!Lたん!私がいない間にすすめちゃだめでしょ!」
「私のサイトなので・・・」
「だーかーら!私の!」
「翠ー!」
「ん?この声は・・・マッd!」
「・・・・何ソレ・・・。」
「い、いやぁ?そう呼びたいの!いい!?」
「だめ。」
「・・・・・・・・orzそんなぁ。」
「それより!」
「(それ以下!?)」
「またまた俺に拍手くれたよ!!」

23:34 (*・ー・*)まっと好き!

「な?な?」
「・・・なんでマットが人気なのさ・・・。」
「そうですよ。ここは私のさ「私のデス。」
「翠、出しゃばらないでください。」
「はぁ!?えるたん最近ひどいよ!」
「・・・。」
「拍手ありがとなーvV俺も好きだよ!」
「「マットが仕切るな(らないでください)!」」
「分かったよ・・・。」

「まじめに拍手ありがとうございます!心の広いお方ですね・・・。」
「ほんとだよ。翠の見習えよ。」
「・・・・」
「まぁ今日は拍手ありがとーねw」
「また拍手くださいね、いつでも待っていますので。」
「じゃあねw」





「・・・・翠です・・・。みなさん本当に拍手ありがとうございます・・・。これからも宜しくお願いします。言いそびれたので言っておきます・・・。初夢が知りたい人はぶろぐへどうぞ!」

おへんじそのわん 

2007年01月04日(木) 18時29分
「ああ、ダルイ。」
「翠、しっかりしてください。拍手のお返事始まりますよ。」
「・・・・もう少し・・・休ませて・・・・死ぬ・・・・。」
「寝ないのが悪いんですよ。ほら、おきてくださいよ。お返事しますよ。」
「うん・・・。」



眠いまま強制返事。


+++

「初めまして翠です。」
「Lです。」
「今熱あるんでるよ・・・」
「じゃあ早速始めますよ。」
「(無視!?)」

「のーこめんと返事多いね・・・。」
「そうですね。それは翠の文章力がないからですよ。」
「すんません・・・。」
「あ、コメント付拍手来てますよ。1件ですけど。」
「まじですかぃ!?コメント貰っちゃったよ!!!」
「うるさいですよ、翠。熱あるなら寝ててください。」
「・・・天邪鬼・・・。」
「うるさいです。」

17:09 竜崎可愛いです。

「・・・可愛いだって。良かったね。」
「拍手ありがとうございます。可愛いですか?ありがとうございます。
私的にはカッコイイの方が嬉しいですが・・・。」
「苦情言うな。貰えるだけ感謝しろ。」
「・・・・口悪いですね。」
「熱だから。」
「関係有るんですか?」
「大ありです。」
「・・・・・早朝4時までPCぶっ続けでやってるからいけないんですよ。」
「うっさいわね。それがゲイインとはいえないでしょ??」
「いえます。」
「・・・・じゃあLたんはどうなるの?クマひどいじゃない。」
「たんはやめてください。それとクマヒドイのは翠も同じです。」
「はい。すみません。」
「あなた3日寝ていないんでしょう。」
「残念。4日です。」
「変わりません。」
「変わります。」
「・・・話ずれてますよ。」
「ホントだ。月のヅラぐらいヅレてる。」
「僕はヅラじゃない!!!」
「・・・・でた!キモ!」
「キモくなんてないぞ!」
「ライト君は放っておいて大丈夫です。」
「お、おい竜崎まで・・・」
「・・・Lたん、次行こう。」
「そうですね。」
「お、おい!」

18:12 マット夢最高でした♪

「マットですか。あろがとうございます。あれは私の前のHPに載せていたモノなんですよ。」
「・・・ネタないから追加したんですよね?」
「し〜!言うな!」
「・・・・。」
「ありがと♪俺嬉しいよ!」
「ってうわあああ。」
「イキナリ出来てきましたよ。マットが。」
「・・・あのさ、そんなにびっくりされると凹む。」
「・・・翠はバカですから。」
「ああ、そうだな。」
「納得するなよ。」
「・・・拍手ありがとうございました。」
「話し終わらせるなァァァ!!」


*******拍手ありがとうございました。
ノーコメントでも嬉しいです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:楠木 翠
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:1994年1月16日
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 現住所:埼玉県
  • アイコン画像 職業:小中高生
  • アイコン画像 趣味:
    ・マンガ-デスノート
    ・ゲーム-MHP
    ・アート-落書き
読者になる
ワイミーズを好むバカ。
腐っても腐っても女子です。
腐ってる女子です。
L萌ぇですvV
愛していますv
わいみーずはぁはぁ・・・
2007年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
Yapme!一覧
読者になる