有事の際2名男工は給水タンク内壁刷ガラス钢衬

May 28 [Mon], 2012, 11:18
調査によると、有事の際の2名男工は給水タンク内壁刷ガラス钢衬料、殘り6名女工をインストールプラスチッククッションタンク。皆が正常に仕事をする時、なぜか突然、爆発が起きたrmt 。今回の事故を与えているタンク塗り裏地の王が死亡、負傷の3名女工と1名に運ばれた病院で治療順義区男工。その名が負傷の比較的軽い、経過観察入院。殘りの3人転載される右安門病院で手当てを受け、命の危険は今のところ。目撃者によりますと、昨日の午後3時40分、突然処理設備工場傳一音がし、すぐに燃えていた火災アラド戦記 rmt 。その後、消防、公安、救急などの部門の救助隊員は現場に駆けつける。消防車2台進出ことの工場、十数人が消防士に現場に人を救う。まず救出された3名の労働者の置かれた工場の入り口に救急車を待って、消防士の再参入を準備作業時、ブース内が急に二次爆燃。などの爆発音停止後、消防士はやっと事故現場でのまた2人救出。現在、順義区安全生産監督管理局などの関連部門は合同調査グループは、事故調査処理。予備調査の分析によると、事件の時、労働者たちは塗りの裏地はガソリンやシンナーなどの混合物が、混合ガス一定濃度を引き起こし、さらに爆燃。現在まだ必要関連の専門の人士はさらに調査を鑑定して、具体的な原因が確定。本社ニュース(記者李环宇)昨日の午後3時40分、順義区牛を入れる柵町、千島灣水処理装置の工場の中で、1匹のジャーさび除去塗装工程で発生している爆燃ため、作業の労働者1死4傷。
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/deasdqa/index1_0.rdf