Raspberry 

August 17 [Mon], 2015, 2:39


この名前を使って10年


もう一人の「私」とも言えるこの場所は、まるでこのモニターを鏡とした、私の「裏の顔」


明確に意識した時期はわからないが、いつか、この場所を清算する日がくるのだと、
なんとなく思っていた。

お風呂場でふと、鏡を見て。
そこには「私」が映っていた。


下をみると、抜け落ちた私の髪。

水に流れてくソレは、排水口の網に捕まって。
絡まって、醜くて。増えて、詰まって。
水が流れない。水に流れない。

蓋を開けてみると、汚れて汚い。
でも確かに、そこにはもう一人、私がいた。
最初は欠片でしか無かったものも、これだけ溜まれば「もう一人の私」と言える。

この鏡に映った私を構成する大事なパーツだった何か。
それが増えて、溢れて、汚れて、溜まって、絡まって、水で流してなんとなく流れ出なかったもの。

それと同じくらい、この場所はどうしようもないほど「自分」だし、

消しても無くならない、
存在していた自分自身。
鏡に映っている時はなんともないのに、拾い上げてみると醜悪そのもの。
ただ、確かに形あるソレは、
出会ったものも人も全部、
残しておきたくてダラダラと記したこの場所。


一端筆を置きます。

もう戻ってくることは無いと思う。戻ってきても、それは以前の私じゃない。

ここは振り返るだけの場所だった。
忘れておきたくない気持ちを、持て余して不定形で抱えておくには面倒な気持ちを、
文字という型に詰めて、仕舞いこんでおく押入れ。
整理する時が来たんだ。多分。

前を向こう、としたのは初めてのことかも知れない。
多分向いたことはない。
後ろ向きに歩く自分は、背中に目があればいいのに、と思っていた。
向いているのが後ろだから、見えているのは過去のことだけ。
振り返れば何もない。先のことだから、当然だ。


まさかこんなに続くとも思ってなかったし、
まさか自分で止めるとも思ってなかったし、
ここでのことは、二次元のことだったかのようにすら思える。

ただ、


この鏡は、もう使わないよ。


くるりと振り返った私には、
ここに置いておく言葉が、真っ白で、何も映っていないから。




おやすみなさい。

宝物殿293 

September 20 [Fri], 2013, 0:11

ふはははははは!!!!!!!

待ちに待ったこの日がきたぁぁぁ!!
仕事を失っていようがモンハンを予約して無かろうが





しっかり3つ買ってましたよええ・・・



アルファオメガから発売イザーク・ジュールフィギュア!!!!

実質HDリメイクされたSEED同様、昔のフィギュアのリメイクだと思う。

しかし並べてみても技術の進歩って恐ろしいですねというくらい出来が違う。

なぜ3体買ったかというと




差し替えパーツがあるから。
右腕と、顔。
包帯巻きの顔に出来るとか!!でも通常顔も良い!!まぁイザークといえば安定の傷無し傷アリよね。
等身とか、顔の描きこみ、髪のモールド、服の塗装
全てがバージョンアップしてる。値段もちょっと上がってるけど、大きいフィギュア買う人ってやっぱ安くて粗雑なものより多少割高でもクオリティを求めるものだからね。

でもその昔あのイザークを予約して6体も7体も投げ売り合わせて最終的には8個くらいいるんじゃないだろうか。これだけお布施したからこその、今のイザークの発売だと信じてる。

大満足よ!!棚にイザーク飾るためだけのスペース確保したt
・・・

どうしても置き場が足りなくてギルガメッシュと共存です…

まぁ関智一繋がりだからいっか!

当時ここまでのクオリティだったら迷わず添い寝してただろうな…

今2体開封、1個箱で飾ってるけど
もうひとつ完全保存用と、まだいけるなら後ろ姿で飾っておく用がいてもいいな。
やっぱり私の心はイザーク・ジュールのものだぁぁぁ!!!!!

宝物殿292 

June 30 [Sun], 2013, 22:04

久しぶりというべきなのか…

書いたつもりだったけど全然そんなことはなかったぜ




なんだっけガンダムワールドコレクタブルというシリーズなのかな?
あまりも不覚にもいつの間にやら発売されていたイザークグッズ。天の導きにより偶然見つけてゲットしてきた…が

だいぶ昔にもプライズモノでこんなタイプのリアルなんだかデフォルメなんだかわからんフィギュアあったぞ?ww

箱撮影したはずなのにどっかいった…まぁ箱はこの商品の写真載ってるだけだから別に良いと思うけどねっ

大きさ的にはそうだな…ねんぷちが近いのかな?
どういう路線向けの商品なのか知らないが10年前のセンスをビンビン感じるぜーーー

だって10年前の作品だもんなーーー!!

なんかもうね、見つけてただけで フッ って一気に血沸き肉躍るテンションにさせられるのよねイザークは。
SEED10周年ってことなんだろうけど赤服なのもまたたまらん。冷静な表情なのにキズありなのか・・・


おっきいフィギュア出たらまた更新してやる!それまで死ぬんじゃないぞっ



久々のコレクション追加記事でした。

ブレイブリーデフォルト(BDFF) 完全ネタバレあらすじ感想 

February 16 [Sat], 2013, 12:11

なんか仰々しいタイトルになったけど、どうぶつの森つりイベントを放置してまで書いてみることを決起w

正直そんなにまで入れ込んでるわけじゃない
なんか色々と惜しい作品なんだけど

1章からなぞりつつ感想とか書いてみたいなー
って思ったので書きます。



まず発売前はポップをやたら見かけただけで、どんなゲームなのかとか情報はほぼ知りませんでした。
購入のきっかけはなんと言っても吉田明彦氏のキャラデザですかね。
聖剣LOMとかもそうだけどああいう雰囲気の絵は好き。
まぁ私がFFT信者()だからだと思いますけど。
加えてジョブシステム。うん、完全に雰囲気で買いました。


このゲームの最大に惜しいところは強くてニューゲームどころかセーブデータ一個しかないこと。
後半のループ展開から考えるに何周もするもんじゃないという判断なのかもしれないが、結構長いゲームなのでぶっちゃけ1〜4章の細かいところ忘れてたり、6章くらいで全容把握した時点でもう一度最初のころを見てみたいと思うのがゲーマーってもんでしょう。

先生の娘とか娘とか娘とか・・・!!!(後述します)
いやー、セーブは2個以上
こういうゲームの理想で言えば3個ぐらいかな。
そんで引き継ぎニューゲームが欲しかった。
そうしたら1周目は終章エンドで2周目は真終章エンドという形に収まるというか
やっぱり足かせはループ展開な気がするけどね。
やり直せないのならせめて8章はアスタリスク所持者の生存ルート入れまくるとか(カミイズミだけはあるけど)
全クリすれば延々アスタリスク所持者無限復活・・・は別に面白くないかもしれんが。
とにかくもうあいつらとも戦えない世界でジョブ上げしたりすんの空しいじゃないか!


って1章語る前から長い前置き。
とにかくセーブ1個しかないので、結構だらだらやってた私は最初の方の記憶がぽろぽろ抜けてます。
それでもいいという方はお付き合いくださいませ。
ぶっちゃけ自己満だけど・・・ね
あ、でも人のゲーム感想日記読んだりするのは結構好きなんですよ。
だとすると読まれる方も同じだったり・・・
しないよなwww

ソコソコ売れたゲームみたいだけど周りでやってる人は皆無。南無。。
どこからどこのシナリオが何章だったのか・・・まぁ1クリスタル1章なんだろうけど、ちょっとあんまり覚えてないから攻略サイトと睨めっこしながら書いてみます。
内容は6章くらいまでしかないんじゃないでしょうか。5章からはもうアレなんで。




ブレイブリーデフォルト(BDFF) 完全ネタバレあらすじ感想(序) 

February 16 [Sat], 2013, 12:10

序章:絶望の淵に立つもの


さっそく時系列覚えてないwwww
あ、前情報で知っていた情報がもう一つ、パーティメンバーは4人固定で、結構早くに揃うということ。
あと各人のビジュアルは一通り見ておいた。
声優さんについては特に調べませんでした。ここで調べておけば何かが変わっていたかもしれんなリングアベル!

何かを訴えるアニエスと思しき黒髪美女
これはARカードの映像だったか。

とにかく序章ではまずカルディスラの街に行くと書いてある。
ということは・・・



始まりは、少年ティズの住むノルエンデ村が突如、大地に穿たれた大穴に呑みこまれるところから始まる。

ぎりぎりの縁で大穴に落下しようとする弟の手を必死につかむティズ。
しかし頑張りも空しく・・・・・・


・・・


というところで宿屋。
スゲー人の良いダンディなおじさまの宿屋で目覚める。
君は村唯一の行き残りで、あの穴の近くに倒れていたところを運ばれた、と。
これを運んだのは多分アナゼルですよね。
ここでアナゼルとリングアベルがニアミスというか入れ違ってるというか
後で日記読んだらそんなような事になってた気がする。
とりあえず王様に謁見汁と言われる。

大事のあった村の唯一の生き残りとはいえ、いち村民如きがいきなり王に謁見できたりするものなのだろうか。
テイルズだったら王様の居る街に行くまでに2,3の村とかに寄ってるところだぞー
コンセプト?は古き良きRPGの香りのようなのだが、なかなか良い雰囲気。
ペルソナとかZOEとかやってたせいもあってかこの雰囲気久々だな、と。
村人は少ないし話しかけまくる。
クリスタルの力が弱まったせいで海が腐って漁に出れないとか言ってます。
後々思ったけど、カルディスラ地方は水のクリスタルのエリアだったということか?
海が腐るっていうのがちょっと想像できないけど腐海みたいな感じかな


ここで何を思ったかボーッとしたのか、いつのまにか夜になってました。
王宮に行ってみると・・・

なんと謁見は昼にしろと言われる!
\(^o^)/
落ち着いてもう一度寝る。余裕のティズくんである。


それから村の様子(というか大穴の様子)
を見に行くことになる。
雑魚が強い!大丈夫かこれ・・・


奥まで行くと、見事に大地にでっかい穴があいてる様子をうかがうことができる
うわー、これはもうだめかもわからんね・・・
嫌実際絶望するんだが。

そんな中、様子を見に来たという風のクリスタルの巫女殿アニエスが仲間に。
ついでにクリスタルの精霊と名乗るエアリーがもう居たような、
アニエスとエアリーはこの大穴で出会った、
アニエスとエアリーはこの大穴で出会った・・・

大事なことなのでry

正直クリスタルとか剣と魔法と飛空艇みたいな世界なんで、妖精やら獣人やらがいてもさして気にはしない。
しかし何故やつの言うとおりにすると穴がふさがるということになるのかは皆目見当がつかなくて最初からささやかな疑問ではあった。

とにかくエアリー様が「クリスタルを全部解放したら穴がふさがる」とおっしゃるのでそうすることにした
みたいな感じだったはず・・・

クリスタルの解放というのは巫女が祈ることで成立する儀式らしい
細けぇことはいいんだよ


だがしかし巫女は狙われていた!

街に帰る途中エタルニア飛空艇団に襲われまくるアニエスとティズ

あれ、エタルニアなんちゃらって、仲間になるはずのイデアとかいう子が笑って手を振って出陣していったあの国じゃないのか?
敵なのか?イデアって

このリングアウトとかホーリーとかキャラがべたべたすぎんだろww

そう思ってました
筋肉バカのモンクと、ドS白魔導士

キャラ付けの濃さと、結構豪華な声優陣、あとパーティチャットの存在があってなんだかテイルズを感じるとずっと思ってた。
まぁキャラ付けの濃さはアレだよね、一戦しかしないから、なんだろうね。


なんとか戻ってきて

次、街の南の湖へ。

ワールドマップもね、古き良き系というか
空飛ぶ乗り物でしか行けない無駄に孤立した大陸とかあるんだろーなーって感じのマップ。
行き先が「!」マークで出てるのは良いんだけど、マップ小さくて段差わかりにくくない?
私が知らないだけで実は拡大出来たりするのか


湖はねー
言ったらダンジョンというか道のりがあってボス戦・・・

だと思ってたら!いいいいいきなりいるのよベアリングとホーリーが!

ベアリングはともかくホーリーって名前も強そうだしさぁ

まぁ正直全然心の準備してなくて焦った。
更に強くて焦った。


結局どうしたっけな、フレンド召喚して倒したかも。

そしたらアスタリスクを頂きました。
なるほど、該当ジョブの人を倒すと該当ジョブを頂け・・・る・・・?


え、あいつら

ここで退場なの?
退場って退場?撤退じゃなくて?


ええええええええ!?

実はかなりびっくりした、以前日記にも書いたけど、しばらく追いかけっこするものとばかり思ってたから
完全にテイルズ脳だったから、何度かやりあって決着するもんだと思ってたから…もしくは本国に乗り込んだときにようやく対面して戦う、とかさぁ。

さっくりヤッちゃった☆


BDFF・・・恐ろしい子・・・!


なんか街に帰って宿屋に泊ったらリングアベルが仲間になったらしい。
あんまり覚えてないが、とりあえずリングアベルは記憶喪失で、リングアベルって名前すら何なのかわからない。多分本当の名前じゃない
そりゃ「思い出す」ってのが名前ってのもダメだろうからな。
リングアベルはDの手帳という、なんか日記みたいなのを持ってる。
これにはティズやアニエスのこと、そしてこれからの事が断片的に記されてるらしい。
というわけでリングアベルは自分のルーツを求めて日記に書かれた二人に同行すると。
ティズとアニエスも旅は道連れの成り行き状態。

アニエスにはクリスタルの解放という明確な目的があるけど、実はティズには大穴を塞ぎたいという漠然とした理由しかない。それはアニエスに同行してクリスタルの解放とやらをすれば為されるものなのかとか正直あんまりわかってないしわからないと思う。
ただアニエスが放っておけないからついてきただけという解釈でもOK全然間違いじゃないと思われます

街ではまた事件が。
風の巫女がいることはわかってる。かくまうというのなら街を火あぶりにすっぞ!
という外道黒魔導士からの脅しとボヤ騒ぎが

ループした世界でもってしても、この32歳小心外道黒魔導士殿がCV保志総一朗だと気付いてませんでしたwww
しぶしぶ黒魔さんの拠点に乗り込んだらイデアちゃんがいます。
Dの手帳にもことさらに特別な人として記されてるイデア・・・
さぞ麗しの美少女なのだろうと思ったらとんでもないおてんばですた。

イデアはクリスタルの巫女討伐の任務につき、黒魔導士オミノスの配下になった。
しかしまぁオミノスの外道っぷりに「むぐぐ〜〜!こいつ黒!黒い!!」
ってことで寝返る。
若さこそ正義だなまるで。

まぁオミノスは仕方ないにしてもだ・・・
お父様、こんなおてんばの初任務の配属先くらいもっとまともなところにしてやれ・・・
これカミイズミの部下とかだったとしたら、きっと仲間にはなってないんじゃないか?
いやカミイズミのところはキャラが濃すぎてダメか・・・
ボリトリィのところはオワッテルし、
BD特務隊だったとしたらヴィーナス姉妹と一緒に壊れてたか、もしくは並行世界での脱走者が一人増えただけという結末か。
六人会議にはまだ早いし。多分六人会議は二十歳になってから、という制約があるんだよ。

だめだイデアの配属先積んでるwwww
ナジット隊長、エタルニア無血占拠を為しディローザの甘言をはねつけたナジット隊長さえ堕ちていなければ・・・!
センセー可愛そうだろ!!生存ルート作れよっ!!


おっと脱線した

とりあえずオミノスが残念野郎だったから
「世界の白黒は、あたしが見極めちゃる!」
というようなムチャ理論でイデアが仲間に。
正直無謀というか強引じゃ済まないというか
じゅ、15歳だから(震え声)

擁護出来んな。

まぁイデア目線というかここまでのプレイヤー目線からいっても

世界でクリスタルの力が弱まり困っている。

巫女はクリスタルを解放して、世界に平和を取り戻そうとしている。

しかしイデアの父、エタルニア公国元帥殿はクリスタルの解放を悪として巫女を狙う。

それだけではなく、クリスタル教とかいうクリスタルを信じる教えを否定し、クリスタルは人為的に管理・利用するものであるという「アンチクリスタリズム」を掲げる。


これは当初
「祈りなんて莫迦らしい。あれはエネルギーの塊だ。上手く運用していけば、死の病だって克服できる力となるのだ

というようなことを言っていると解釈した。
そんなに外れてないが大事なことはまだ抜け落ちてる感じでした。

とりあえずアンチクリスタリズムとかっていっても全然困ってる人のこと助けてないじゃない
お父様って実は悪い人なんじゃね?

ぐらいのノリでイデア加入。
オミノスはもちろんご臨終。まぁこいつはいいか・・・


街に帰るとまた事件が。円尾坂の仕立屋か!
今回は頑固でせっかちなエタルニアが誇る騎士が攻め込んできましたよ、っと。
ダンディ宿屋主人の息子、これまた爽やか高青年で街一番の武勇を誇るオーウェン兵士長が・・・
やはり騎士は若さではない。経験がものを言うわけだ。

騎士ハインケルというらしいそいつは小さくてまるまるした人のよさそうな王様をさらって
王様を助けたければ巫女を出せ

みたいなこと言ってたんじゃないかな
ぬおお。キシドーはどうしたキシドーはっ
オーウェンは王を守れなかったことを悔みながらお星様に。

各人怒りの出撃。完全にエタルニアは黒であるとぉ!!

ダンジョン!まともなダンジョン!
しかしここで絶望する


え…?ダンジョン曲ってまさかほとんどコレだけ・・・?

そうなのだよダンジョン曲がね、うん・・・正直満足しない!
戦闘と街は満足している。ワールドマップもいい。
だがダンジョン曲、テメーはだめだ!
外ダンジョン中(砦、城系)ダンジョンぐらいしか別れてなかったような
ヴァルキリープロファイル見習えやっ

そうでなくてもこんだけ聴かされる曲ならもう少し凝ったやつがよかった。うん。
セーブデータの次に不満な点なのでした。


砦のてっぺんに行くとキシドーこと騎士アルジェント・ハインケルさんと戦闘。

これがね

強い!!

まだブレイブ・デフォルトを上手く扱えてない&読みきれてないというのもあるが、
あとねー、ジョブ!まだモンク、白魔、黒魔の3つとすっぴんしかない。
イデアちゃんは出陣の際に何やら誰かから刀を授かってた。
実はあれが父だと思っていたがイベントシーン見てたら全然違った。
のちのカミイズミ課長である(嘘)
とにかくイデアは騎士だ。剣だ。剣使いがいい。ナイトがいい。
そうだオマエだハインケル!オマエなんだろナイトの*持ちはぁぁぁぁぁ!!

リングアベルはねー
絶対シーフとかにしようと思ってた。なんか早そう。サポート系ジョブというか。そういうのにしたかった。


ティズはアタッカーかなと。モンクでいいやw

アニエスは魔導士。まぁそのまんまだけど、多分キャラ補正も若干あるだろうし、というわけで白魔。

こんな感じで乗り込んだんだけど


よく考えたら騎士には攻撃魔法だよね…
黒魔作っとくんだった。

正直鉄壁のかばうに苦労させられたんで(ループ後はクレセントしまくりだったが)
すれ違いフレンドの超強力な一撃をお見舞いして終わらせたwwwwww
まぁコレ、多分後半は通用しないだろうし、前半だけのヘルプって事で・・・

しかしあまりの威力に以後フレンド召喚は禁ずる私なのだった。


ハインケル殉職


王様たすけてめでたしめでたし。

飛空艇エシャロット号ゲット。

え?

飛空艇!!!なんだって!!!早い!!!

リングアベルが無い記憶を引き出して運転してるらしい。
なんだよこいつ未来日記といい飛んだ便利キャラだな。
ただし海が腐っているので内海?なんか綺麗な海にしか着水できないらしい。
こういう行動制限なのね。
普通は船→飛空艇だと思うけどまぁそういうことなら。

素直にアニエスの故郷、風が止まってしまったというナダラケス地方へ出発。

・・・序章終了
長い旅路だった・・・いいエンディングだった!wwwwww



ブレイブリーデフォルト(BDFF) 完全ネタバレあらすじ感想(一) 

February 16 [Sat], 2013, 12:09

1章 待つだけなら犬でもできる


ぜ、絶望した・・・

一章ごとの長さに絶望した・・・


というか章のタイトルがFFTよりも辛辣に感じるぞ。
後に把握したが、この世界には5つの大きな大陸がある。
イデアの偉大なる父でありエタルニアの元帥閣下(CV子安殿)は、大陸ごとに部隊を派遣してアンチクリスタリズム活動と巫女討伐を任せているようだ。
ぐう聖な人格者も多いが、半面ぐう畜もあとを絶たない。
そんな畜生の中でも金に汚い汚すぎる一味が担当する地域

それがアニエスの出身地、ナダラケス地方ラクリーカ。
砂と大時計の街らしいです。
ちなみに最初の大陸カルディス地方の担当はハインケル率いるエタルニア空艇騎士団。
血気盛んな脳筋集団でした。

ナダラケスがスナダラケ
ラクリーカがカラクリ

なんてことはwikiで聞くまで知らなかった。


なんか黒髪で美白美人のアニエスは勝手に雪国産だと思ってたから、砂漠の生まれだと知ってなんだか意外な感じでよかった。
イデアの偉大なる父が治めるエタルニアの大地は雪国らしい。
ティズの住んでたカルディス地方は普通っぽい。普通。
緑いっぱいで水が豊かで


そうここ。乾いた大地のラクリーカとは大違い!!
あ、この街でで初めてサブシナリオという横道解禁です。
もちろんサブシナリオから食いつぶしていきますだって私ですから。

この砂と大時計の街では、風でタービンを回してこのカラクリ仕掛けの時計を動かしていたらしいが、風のクリスタルが呪われたので風が止まってしまってさぁ大変らしい。
街のでかい時計は今人力で回してるそうだ。
奉仕労働と称してもちろんタダ働き。しかしこの乾いた国ではなんと水を飲むのにも金がかかる!
ティズは平然と水をくみ上げて飲もうとしてどやされてました。
ルークがモノを食べるのにはお金がかかるのかよ、と言ってるのを思い出したわ。
断然ルークが悪いように見えるが知らない事、当然と思ってたことにお金がかかるのに驚くというのはまぁ一緒なんじゃないだろうか。
アニエスもここの出身ではあるが、神殿で修道女と慎ましくしかし庇護されながら生きてきてるし
リングアベルは記憶ないし
イデアはあの偉大なry だし(しょっちゅう元帥閣下の令嬢言われてます)

しかしまぁこの水高すぎやしませんか。
庶民にはとてもやってらんねー値段で売ってるそうです。
どうしても水が飲みたいなら西にずーーーっと行ったところにオアシスがありまっせ

という死の商人。

水を買えない貧しい村人が命を賭してオアシスへ向かう・・・

しかし決死の思いでたどり着いたオアシスには盗賊が待っていた!
水も買えない貧乏で雑魚なモブを襲う若き盗賊
勇者王が盗賊なんて・・・檜山さんなにやってんすか

とにかくこれはよくない。この盗賊やっつけて、村人から奪ったものを返してもらおうぜ!
というわけでサブシナリオ展開。
あのーー、風のクリスタルがおかんむりですよ!

でもまぁ私としてもやっぱりシーフが欲しいですし。
該当ジョブキャラを倒すと該当ジョブをもらえるというのはわかったことだし

盗賊にはしんでもらう!!

多分これが古き良きRPGだというのなら、ボス辺りは必ず良いアイテム盗めるって伝統が生きてるはず!
それにそろそろリングアベルのすっぴん卒業したい(イデアはこの時点でキシドーからもらったナイトにチェンジ済)

盗賊のアジトもやっぱこのBGMか・・・

盗賊のアジトではなんかくらやみ状態になる目つぶしガスが噴出してる。
いやー、これが厄介でね。
状態異常なんて昔は軽く見てたんだけど。
くらやみ状態だとマジ攻撃当てられん!これはつらい!
昔からサイレスだけは気をつけてたけどまさか目とは・・・

盗賊のところにつくと
「あぁ、なんだよこのブス!!」

って ア ニ エ ス の こ と か


びっくりしたわ、こういうゲームとかってなぜかアニエスみたいなタイプは終始美人扱いの一点張りなのにw
いや、私自身は正直アニエスは普通だと思ってたから、サゲ評価あるなんて意外でね

いいね、ジャッカル君、だったかな。

さぁそのジョブもらったーーー!!

って戦い出したら隣になんかイルーーーーー!?


なんかアラビアンな人がいきなり隣に立ってる

「ジャッカル、助太刀が必要か?」

「おお、センセー!」

なんと仲睦まじい・・・

「金はあるんだろうな」

傭兵かよ!!!


いや正直どんな印象だったっけな
イクマ・ナジット初お目見え。とにかく私のブレイブリーデフォルト感が「敵が強ぇ」だったので
「げぇ、2人かよ」
という印象。声はすぐに気付いた@藤原啓治殿
金に汚い割にはなんつーかクールだな、同じ声の傭兵稼業「ところがぎっちょん」とは全然違うオーラ出てるよ
まぁこの戦闘前会話であらかた掴める「こいつは途中退場だな」感。
案の定ジャッカルばっかり殴ってたら
そろそろ潮時だな


とか言って去って行った。

「金の切れ目が、縁の切れ目・・・」
これはよく聞くけど深い言葉やでぇ。
センセー専用コマンド「立ち去る」発動!

なんか普通にのしのし歩いて去って行って笑ったwwww

後の世界で明らかになる可愛そうな盗賊を始末して、奪われた宝をあさってると
実はオアシスに来る人間を襲えってのはあの水の売人の指示だった。
つまり内通。水を高値で売り付けるわ、金がないやつをオアシスに誘導して盗賊に襲わせるわでもうやりたい放題。

憤死寸前のイデア(多分)
商人のところに
「これ盗賊んちにあったんだけどどーゆーことよ!!」
って言いにいったら戦いになりますた(そりゃそうだ)

ここでもナジット先生登場

「ボリトリィ、助太刀が必要か?」
「当たり前やろぼけ!!」

ボリトリィは声の演技も相まって気持ちいいくらい悪だったわ
当然このやり取りがあるからには・・・

一定ダメージ後

「そろそろ潮時だな・・・」
「金なら腐るほど払たやろ!」
「ここから先は、俺も命をかける領域になってくる。」
「追加報酬として、512億ピークになるが…」
「そんなん国家予算並みやないか!」

後に思ったけどこれは、いくらあの理由とはいえ本当に512億も必要だったんだろうか。
ボリトリィ憎いからふっかけて見殺しにした・・・?

イクマ・ナジットの「金の切れ目が縁の切れ目」発動!!
センセー専用コマンド「立ち去る」が出現!!


「こんなん詐欺やんか・・・」


ボリトリィ戦終了。

正直センセーはそんなに手こずってないというか、むしろナジットがタイマンじゃ分が悪いからいろんな人と一緒に出現してるように感じるw
イクマ・ナジットというのはマジック・ナイトのアナグラム
というのもwikiを見るまで知らなかった。
FF5でもやってれば風貌から容易にわかるんだろうけど、とりあえずナジットはアナグラム名の通り魔法剣士。
魔法を剣に乗せて殴れる。これ自分で使うと結構強い。
馬脚を現した羽虫にファイガ乗せて殴りまくったのは良い思い出w
魔法剣のせいで黒魔がオワコンになったといわれるほど。
しかしセンセーは魔法剣を剣に付与するだけで満足してるターンが何度もあるんだよな。
いや、殴って来いよ、むしろフルブレイブで!

サイレスを回復役とかが食らうと痛い、特に序盤だから白魔がつぶされたら壊滅しかねない(回復ジョブの少なさと、金が少ないから回復アイテムバカ買い出来ない関係で)

まぁセンセーが去ってからも金を投げまくってくるボリトリィは気が抜けない相手だったな。
倒した=殺してるのねやっぱ
会長がいきなり来た子供4人に屠られたけど下っ端どもはいいのかな。

なんか会長の悪事を漁ると国王と内通してるらしい。
堂々と高値で水を売れたのは国王の後ろ盾あってのもの。
なんだ、この国まるごと腐ってるのか。
それともこれがクリスタル正教の権威失墜という成果の一つのカタチなのか。

ここで一旦サブは停止。
風クリ解放に向かう。


クリスタルは神殿に奉られてる。というかクリスタルのある場所に神殿を建てたんだろうな。

クリスタルに祈祷するには専用の祈祷衣が必要らしい。
しかし神殿はエタルニア軍に襲われ、修道女に守られながら命からがらに出てきたアニエス。
荒らされた神殿に残った祈祷衣はボロボロで・・・

というわけで直しにいきます。
ユルヤナの森へ。
スケベな好々爺がこれの作り手らしい。
これを直すにはなんとかの洞窟の何々の糸とかいうのが必要で・・・

RPGにはよくあるおことだけどお使いだね。

風のクリスタルを解放しに行ったと思ったらいつの間にか祈りの虹糸を探していた・・・

何をいってるのかry


この好々爺が重要キャラだってのはなんか感じるけど今んとこは服作ってくれておしまい。
フレンド召喚とかに使ってるアニエスちゃんの飛行石ひみつのペンダントはこの爺さんが小さいころアニエスにくれたものらしい。
その時の教えが「ブレイブリーにデフォルトしなさい」
というものだった

いや
「従わない勇気を持て」
だったかな


やっと風の神殿へ・・・
私は帰ってきたーーー!!

しかしクリスタルはのろわれている!!

モンスターが襲ってきたお約束ーー><

頭が二つもある狗!シッシッ!!

げぇ、強い!!


とまぁこんな感じでなんとか撃退。


風のクリスタルを(なぜかボタン連打というコマンド入力で)解放。

アニエスが祈りをささげまくると、クリスタルを覆っていた黒い外殻が剥がれおちて、クリスタルからまばゆい輝きが・・・

エアリーがストップっていうまで祈れよ、って。
途中で手が疲れて連打辞めたりしてもまぁ死んだりはしないけど。
貴重なシーンだろうからじっくり解放を楽しもう・・・そう思っていた時期が私にもry


とにかくこれで風が吹きました。


国に戻ってみると

国王がなにやらむちゃくちゃ言ってた。
風が吹かないときついだろう、苦しいだろう。
それもこれも風の巫女がサボってるからわるいんだ。
だってそうだろう、クリスタルの巫女というなら、風を吹かせるのが役目だろうが


・・・
とにかく、国民に奉仕労働を課し、水の値段を釣りあげ、
極限状態になった国民の怒りの矛先を巫女に向けることによって、
全ての原因をなすりつけると同時に自己への信頼の回復、地位向上、クリスタル正教の権威失墜、それからそれから・・・

という皮算用だったらしい。

でも巫女ってそのためにいるんだから、それをやれよ

っていうところだけは別に普通なんじゃないかと思ったがw
そのために奉られてる存在なら、たとえそいつがただの女だったとしても、それを期待されてしまうのは仕方のないことだろうと。

ま、結局巫女が風を吹かせて巫女さまバンザーイ!の流れになって

時魔導士マヌマットの策略は水泡に帰すことに。


ここでサブシナリオの続きが出来ます。
商人のところにあった情報。夜だけに入れる隠し通路から抜けてきた先は、なんと王宮。
あの魔法剣士と国王は悪だくみの真っ最中。
というか国王が悪だくみをベラベラしゃべってるだけで魔法剣士は黙ってるだけ
まるで独り言。
そこへ正義のヒーローイデア御一行←登場!!
さっきの話は聴かせてもらったぜ!!って言っても国王は
「それを余が何時何分何秒に言ったか証明できるものはあるのか?んーー?」

みたいな事をいう。
うわ、久々に聞いたぞこの言い訳wwww

ボリトリィとの密書を見せて
証拠はあがってんだ、てやんでぃ!!
ってやって見せても


「ここには俺たちとお前たちしかいない。つまりお前たちを始末すれば、後は問題ないということだ」
的なことで剣を向けてくるナジット。
どうしてもこの金鶴を手放したくないらしい。

ええい、わかりやすいニセワルだなおめーも!
その陰気臭い眼光からワケアリ臭が全然隠れてねーんだよ!!いい加減金にこだわる理由を明かせよ!

しかしここでの関心は
「え?まさかやるの?だって国王だよ?国王サブイベントでやっつけるとか大丈夫なの?え?
ちょっとまて、いやもしかしてこれは金にあかせて魔法剣士を突撃させてこいつは亡命するとかそういうミスリードな展開か?しかしこいつもさすがにそのままってわけにいかんだろうし、第一時魔導士って名乗ったからにはオマエをやらんと時魔法は解禁されないんだろ?もう売ってたよ時魔法(魔法は金で買う)。ってことは・・・やっぱり・・・?」

ということに尽きる。


かくしてバトル。
時魔法は存外うざい。雇い主の国王を殴りまくるがナジットは帰らない。
ついに国王が膝を折った。
消滅した。消滅したぞ!!うわーー王殺しは不味いだろ!!
しかしナジット、今回は帰らない。この戦いにはそれだけの対価があったようだ。
目的は果たした、稼ぐ理由ももうない。と。

倒すと
「金で救えるものもある」

と呟いて 絶命。


結局第一世界では教えてくれないナジットの目的は
ありがちだが娘の治療費を稼ぐため。
この辺も後にちょっと一筋縄ではいかない経緯があったのがうかがいしれて、とにかくセンセーは不遇の人生だったと思う。
いや15年前まではそうでもなかったのか。

とにかく長いセンセー語りはいったん終了。
国王をぼこぼこにする若き4人。正直パーティメンバーの誰にも特に共感することなく、世界の秘密と【敵国が】必死になってクリスタルの解放を妨害する理由が知りたくて進めていた。


次の目的地はアニエスの馴染みが居るという水の神殿に決定。
飛空艇に帰ったらたしか暗黒騎士アナゼルに乗り込まれる。
風の巫女はどこだ!!
なぜか肝心な時にいないリングアベル!!

しかし暗黒騎士殿はイデアを見て撤退。
どう見ても惚れてます本当にry
もう余裕で気付く人は気付くんだろうけど私は余裕で無関心だった気付かなかったw
都合良くいないあいつ、どうやらイデアを好きらしい態度、素顔の見えない容姿、声・・・

しかしそんなアナゼル君、ただでは引かない。飛空艇の動力石つまり飛行石かを破壊して帰る。
やべー、飛んで行けないじゃん。じゃあ仕方ないからちょっと危ないけど歩いていこう

これで一章終了である。

イベントシーンに出てたボリトリィとか、国のトップまでもサブイベント扱いで屠る主人公一行に軽く戦慄を覚えつつ次の街へ。


砂と大時計というか

金と策謀の国だったわ


ラクリーカ敵役はMB(マヌマット・ボリトリィ)商会の提供でお送りしました





ブレイブリーデフォルト(BDFF) 完全ネタバレあらすじ感想(二) 

February 16 [Sat], 2013, 12:08


2章 ある日、青空をながめて



まだ二章wwwwwもうだめwwwww3時間くらい書いてるのにwwww

さって、楽しくなってきたのが二章だったわ。
変な森を抜けるとフロウエルは目前

のはずなんだが何故か迷った。
変な洞窟とかに入ろうとすると
「今はそんなところに用はない」

というお決まりのセリフ。


艶やかな花が狂い咲く都・フロウエルに到着。

アニエスの友達の水の巫女オリビアの行方を聞きに、おばばさまのところへ。
アニエスが言うにはここは元々は敬謙なクリスタル正教の信者が慎ましく暮らしてるところだったらしいが
今は昼でも暗く花のネオンが咲き乱れ、女たちはオシャレの話しかしない街になり果てている・・・
流行りの髪染めと髪飾り。この二つを持って初めて女性としての壇上に上がることができる

それくらい街は美に狂ってる・・・
という街。
確かフロウエルには女しかいない。男も滞在は出来るが永住は出来ないのだとか。

フロウエル・・・恐ろしい国・・・!


とにかく巫女がいないなら水のクリスタルの様子を見ておこうということになり水の神殿に行くんだが、
水のクリスタルには巫女が封印を施していた。
呪われることもないが解放することもできない
という状態らしい。
まぁ水は腐ってるから呪われてると言っていいと思うが

あ、ちなみに呪われてるってのは私の勝手な表現ですw

水の巫女はどこかに身を隠してるらしい。
もちろんエタルニア軍が血眼で捜してるからですはい。

花の都を内部から堕落させ、クリスタル正教に与するものはガンガン暗殺☆していく

この地を任されてるブラッドローズ特務隊とかいうメンバーは実によく働いている・・・

そして
会えるのですね

イベントでちょくちょく顔見せしていた

エインフェリア!!
ジョブはヴァルキリー!!
なんというヴァルキリープロファイル!!


男ヴァルキリー職を見て何かを思い出すなぁ、ってずっと思ってたけどねんどろいど見て思い出したわ
ドロッセルお嬢様の配色w

あれこれ言ったっけ?www


まぁいいや、とにかく水の巫女を探さないことにはクリスタルをどうする事も出来んらしい。
しかし封印が健在ということは巫女もまた健在ということだそうで。



探せぬなら、探してもらおう、風の巫女




というわけで、街一番の美女を決めるというフロウエルの一大祭り聖花祭に出ることに。

ああもう完全にあらすじ記録になってるけどこの辺からもうイベントの流れるままに「へえー。ほおー。」みたいな
感じなだけだったんで、まぁそんな感じですw

聖花祭に出れば、水の巫女も見てくれているんじゃないかなーなんて。

身を隠してる奴がそんなところに現れるもんかよ

とか思ったけど

水の巫女側の伝令役みたいなのが伝えてくれるんじゃないかって
なるほど、それならまぁ、、あるかもね。

ということで美少女コンテストに出ることに。

どうせなら1位目指して!だっけか
とりあえず街で流行りの格好を聞いてみる。

なんかヤバいくらいたっかい髪染めと
なんかヤバいくらいたっかい髪飾りの話。
あとはたまにくる好々爺が売ってる綺麗な衣装・・・

ちょっとまて、そのジジイ心当たりがあるぞ。


というわけで歩いてユルヤナの森へ・・・
巫女の祈祷衣の作り手のアイツ
ユルヤナの老師ってのはユルヤナの森に住んでるからそうなんだと思ってたけど、
ユルヤナが隠居してるからユルヤナの森なのであって
ジジイ=ユルヤナ
だと知ったのはあのヴァンパイアの会ってからの話ね。
(アニエスちゃんはいつも「老師さま」と呼んでる)

数あるスケベ衣装の中でもとびっきりのスケベ度を誇る「ブラボービキニ」なるものを発掘してリングアベルが発情するも、ティズとかいう朴念仁が邪魔をして結局巫女の祈祷衣で出ることに。リングアベル発狂。

しかしイデアがどうやら悪だくみしている
イデアがくいついているぞブラボーに!ブラボービキニに!
うおおこれイデアちゃん持ってきただろうそうなんだろうさぁなんとかいえようあーーー!

結局何しにいったのやらわからんままユルヤナの森を後に。

この時点でサブイベ発生してるけど、まだ潰してません。
潰してたかもしれないけどなんかそんな気がしないので後回しで。

水の巫女にアピールするんなら巫女の衣装がわかりやすくていいだろう。
巫女には伝わるし、巫女じゃないやつには伝わらない。
なんとも合理的で好都合。
髪も染めない、髪飾りも買わない。
なんだよそれw完全に無駄なお使いw

かくして聖花祭。

元々は巫女を選出するための厳粛な祭りだったらしいが、ブラッドローズ特務隊の陰謀によって歪められ今ではすっかり美少女コンテスト・・・

下種な策だが一流の策士だよ赤いオジサンは!

アニエスは聖花祭に出て水の巫女へ私信を出す。
観客一同はポカーンですよ。

ちなみに優勝したのは残虐非道の幼女ヴィクトリア。
エタルニア六人会議とかいうなんか最高幹部クラスのところにいる幼女。
幼女である。
もう声が聞いてられない幼女である。
こいつは祭り前に優勝候補を片っ端から●すという開いた口がふさがらない大作戦で見事優勝を遂げたのである。めでたしめでたし。
幼女の傍らにはいつも青年マッドサイエンティストみたいなのがくっついてる。
ヴィクターの髪の毛はどうなってるの??ケモノなの??
あいつらなんなの?ケモノなの??

水の巫女の偵察は気付いてくれたみたいで、おばば様にも内緒にしてほしいと念をおして隠れ家を伝えてくれます。
この時ラクリーカの事があったんで、まさかおばばも悪い人なんじゃ
なんて疑っちゃいましたてへぺろ☆
誰が裏切るかわからない
こんな奴まで屠っていいのかブレイブリーデフォルト
ワクワクの原動力の一つだったなー

さてさて水の巫女が隠れてるところまで行って感動の再会
感動のシーンに水ではなく炎っぽい魔法で水を差してくる残酷幼女ヴィクトリア!
アニエスを襲う攻撃
かばう水の巫女オリビア

・・・せっかく顔を拝めたと思ったらこれだよ。

怒りのバトルをするが
まっっったく歯が立たんwwwwwww
負けイベントとかwwwwwwマジでwwww
一番●したい奴がなんかイベントで去っていくとかもうフラストレーションマックスだよ。

水の巫女がやられたので皮肉にも封印が溶け、クリスタルが呪われる代わりに解放することもできるようになる。
水の神殿へ


行く前に寄り道。


ほら、さんざんイベントで出てきてたじゃんエインフェリア。
アナゼルがイデアを頼むから止めてって。
エインフェリアも妹弟子で元帥閣下の娘のイデアを止めたいから頑張る。けど先に妹たちに見つかったらイデアは殺されるだろうな・・・
って。

きっとどこかで手合わせすると
それこそイベント戦闘かなーとか
思いを馳せていて・・・

とりあえずフロウエルに発生してるサブイベント。
なんかヤバい髪飾りを欲しがった幼女の姉妹が危ない森に入って行ったって。
これがかなり鬱イベントだった。
幼女たちが入って行ったのは精霊フロウリィが生息するという森。
フロウリィ様にお願いしたら髪飾りくれるんじゃないかと思って、という幼女姉妹。

ついにその精霊を見つけるのだが
突如精霊を葬る無情な魔法が・・・

幼女たちは「どうしてこんなひどいことするの」


召喚士メフィリアに泣き叫ぶ。

メフィリアは

「どうして悲しむのぉ?その精霊の羽が、髪飾りの原料なのに^^」

と嗤ってる。

羽をむしる瞬間が最高にイイとか
美しいものが汚れていくさまがたまらないとか
美しいものはエインフェリアお姉さまだけとか
イデアはキレイゴトすぎて臭いとか
とにかくイッちゃってる。ヤバい。精霊の髪飾りには幻惑作用があるらしいが
間違いなくこいつも受けてる。
というか美しくてヤバい。メフィリア可愛い。アニエスと交換してw
話してる間に幼女姉妹はフロウリィの羽を巡って大喧嘩。
お姉ちゃんの方がたくさん貰っただとか、それは私のだとか

醜い、醜すぎるwwww

かくして戦闘終了。

メフィリアが死に際に「ティズには2つの魂が見える」というのは遠すぎる伏線だった。
しばらく気になって仕方なかったのだが気付かされるころには忘れてたよw
幼女たちの方も戦闘終了してました。二人とも事切れるという形で・・・。

死ぬまで争ったのか・・・よ・・・

鬱イベント大好きには受けますよね・・・これ・・・

とにかくこんなヤバいもんは二度と扱うんじゃねぇぞ!

ということでメフィリアと髪飾りのイベントは終了。

次。ヤバそうな髪染めの話。
仕入れしてるっぽいやつにリングアベルが声をかけると色男だから教えてあげる的な感じでベラベラしゃべってくれた。
森オロチとかいうまた守護者みたいなやつを●して作ってるのだとかなんだとか
ってかリングアベル・・・ナンパしてはフラれてばっかだったけど一応色男だったんだなぁ〜オマエ〜

しかし後をつけてる途中でなんかイデアの事をリングアベルの女と誤解して相手が発狂、戦闘
いやまぁリングアベルとしては誤解であってほしくないだろうけどw

東の森に行くと森オロチを狩りまくる狩人アルテミアに出会う。
戦闘狂になったのは髪染めの毒素のせい・・・なのか?
正直カタコトしゃべりとかもういいんで・・・こいつもニガテだったわしゃべるの。
戦闘時はイベント以外声出ないから助かった。
サクッとやっつけてあんな毒の髪染め二度と使ってんじゃねぇぞ!って村に告知してもらうことにして終了。

メフィリア・・・アルテミア・・・
二人はヴィーナス三姉妹の次女と三女。
さて。長女さまは…エインフェリア様は。

いましたよ
どうしてそこに行ったのかは忘れたけどそこに居た。

イデアとは同じ師(カミイズミだな)から学んだ者同士で
いやー、これはきっと、仲良くやっていけただろうに。
うん、戦うしかないとはいえ・・・



殺すことないだろぉぉぉぉ・・・・・

え、まじ、ホント?なんかよくわからないけどアニエスの方が世界救ってるっぽいから父親も国も全部裏切ってこっちについていくわ、って。

なんかまぁ、イデアに色々説明してないエタルニアも大概だけど、こうまでカンタンに国を裏切れるイデアにもちょっとついていけない気持ちになりました。
やはりパーティメンバー誰にも特に共感することないままここを後にします。
何が悲しいってエインフェリア級のイベントキャラでもサブイベント扱いなことだな。
これからはイベントキャラに期待しなくなっていきます。

残ってるサブイベントをこなすことに。
何か赤くて派手なおっさんのテクを盗むために尾行しまくる。
しびれを切らしたイデアちゃんがなんとブラボービキニを着て赤いオジサンを誘惑。
しかしそのまま攫われる。
助けに行くと・・・怪しい地下実験室。
とらわれている女。
赤いオジサンの正体は、ブラッドローズ特務隊隊長赤魔導士フィオーレ・ディローザ
声が素敵すぎる!!中田譲二さんじゃないですかやだー
そりゃテクも凄いだろうなー

結局オジサンは強烈な魅了の香水を使って女たちを誘惑。
女たちを最大限に利用して出世やらなんやらのし上がってきた。
ただしこの香水を作るのにも女たちが必要なので、女を誘惑して女を誘惑する香水を作って女を誘惑して女を利用して
というややこしい循環機関で暮らしていたみたい。

しかしフロウエルをここまで腐らせた現況。スゴ腕だ。
手記によるとエタルニア市街略奪の提案をナジットの野郎は断りやがった。始末はボリトリィに任せるとして・・・

とある。
ナジット?ナジットって誰だっけ

ああ、魔法剣士か。
あの守銭奴が
略奪を「だが断る」だって?

ちょっと興味深かったがここで知れるのはここまでだった。
この赤いオジサンにナジットは人生狂わされたんだろうな。後述するけど。
それにしてもナジット…当たり前だけど魔法剣会得する前からイクマ・ナジットって名前だったのな…まぁそうだろうけどさ
みんなどうやってジョブって手に入れてるんだろ。アニエス一行はこんな非道なおじさんとかを抹殺☆することによってアスタリスクとかいうジョブの証みたいの奪ってジョブチェンジしてるけどさ。
奪うのかな
会得するってどういうことなのかな。
よくわからん。


水の神殿に行って、水のカタマリみたいなボス倒して(苦手だった)
無駄に祈る作業をして水クリ解放。

この頃から1章ごとが長いなーって思い始める。
こりゃどうぶつの森もあるし到底全クリへの道が見えてこないぞ、っと。

次は大陸を渡る。
エタルニアは高い山に囲まれていて、すごくいい飛空艇じゃないと行けないので先に火のクリスタルのところへ行くことに。
動力石を壊されて飛べないけど海は渡れる=船化したエシャロット号を回収にまた森を抜ける。

水クリを解放したから水が浄化されて海を渡れる。順序立てとしては良くできている。






ブレイブリーデフォルト(BDFF) 完全ネタバレあらすじ感想(三) 

February 16 [Sat], 2013, 12:07

3章 いとしい絆よ

まだ3章かよ…


船で渡ってると国と見まごうばかりの豪華客船がある。
とりあえず寄り道(強制)
グランシップという国らしい。国だぞ国。

後に乗っ取るがな!!!


なんか変な人が
エイゼンベルグは内戦で大変なんだー
楯派に協力してくれー

って声かけてる。

しかし水の巫女を失って病んでるアニエスは任務任務任務任務・・・
責務責務責務責務・・・・


多分このあたりのアニエス嫌われてただろうなぁ。


まぁお約束ですよね。

任務最優先野郎ティエリアとかが大好きだった私にはむしろ別にいいんだけどそれで。

命を賭しても任務を達成したいけど、任務を達成するには自己の安全が不可欠というジレンマ。

とりあえず火の大陸には渡りたいのでよろしくする。

剣派と楯派が争う火の国エイゼンベルグ。
元々小競り合いはあったらしいが、クリスタル正教派の楯派に対して正教派が邪魔な剣派。
剣派をエタルニア公国軍第一師団こと黒鉄之刃(クロガネノヤイバ)が名目上傭兵として加勢する形で戦争勃発。
圧倒的多数の楯派にさすがに手こずるが、黒鉄之刃一の問題児カダの猛毒大虐殺によって楯派は大ダメージ。
しかし剣派も無傷では済まず、以降にらみ合いの日々。
火の巫女は暗殺されており火のクリスタルが呪われ火山は絶賛活動中
火の神殿を占拠したいけど火山大爆発で道がなくて途方に暮れてる剣派ども


という戦況らしい。

とにかくクリスタル正教としては楯派への協力はわるくない
しかし神殿への道が見つかるまで。あくまでも加勢ではありません。
私の使命はクリスタルの解放だけ。他は知りません勝手にしてください。
しつこいアニエスちゃん。嫌われるぞ。
なんかイデアとケンカもした気がする。本当は敵国のスパイで謀ってるんじゃないかとか色々。
性格悪く感じたけどまぁ疑われてもしゃーないと思うわ。
一番意味不明なのはリングアベルだけどな!でもティズも大概だけどね!
とりあえず戦況にらめっこが続いてる橋に楯派のリーダーがいるらしい。


第一師団はイデア父が最も信頼を置く剣聖カミイズミ率いる部隊。
しかし最強のイロモノ部隊でもある。
そんな「出会ったら死ぬ」とされる剣聖カミイズミに道中出会う。
なんかイデアとお話した気がするけど
無益な殺生はせん
って見逃してもらった気がする。

出会ったのがヴィクトリアだったら殺されてるな。
むしろこいつらもう殺してくれよ。後の展開的な意味でだけど。


でもカミイズミを見てもな・・・こいつもどうせサブイベで片づけられるのかと思うと残念でならない諦めが胸を占める。

後に知るがカミイズミだけは生存ルートとかいう優遇がある。6章からだけど。
まぁイデア父の聖騎士殿とのアツいドラマがあるからだろうけど
ボリトリィとかディローザとかの「こいつはもうだめだ・・・●しかない!」的なヤバいやつ以外は生存ルート欲しかったな…
5章で補完された日記読んだ後にベアリングとホーリーとか、ジャッカルとナジットとか、ヴィーナスたちは生存するけど…。生存ルートが無いキャラで未来が欲しかったといえばナジットだな、生存ルートあるで!って噂が独り歩きしたのもわかるわ。
カミイズミっていう例があるし、金は娘の治療費という背景だけじゃなくてもっと救われてほしい過去があるからな・・・。

さて話は戻って、なんか最前線の橋ではグッドマンとかいうイケメン指令が頑張ってる。
グッドマン指令ってあれだよな、オーウェン兵士長がそのまま成長したような。
名前はなんつーかダブルオーの悪役でもあるしスカイハイの中の人でもあるけど

とりあえず楯派の街に行く。なんで行ったかは忘れた。

正直に申しましょう


火の大陸から面倒くさくてたまらなくなって攻略サイトを解禁した。
ただし内容になるべく触れないように、今進んでるところの攻略を読みながら…

なので
この辺あんまり覚えてないんです。

剣派の奴が猛毒を使ってきたのでマスターサンプルを奪取しにいく。
剣派の奴がレアな金属が眠ってるけど危険すぎるという鉱山で、攫ってきた孤児を働無理やりかせてるらしいので、本拠地まで乗り込んで救いに行く。
救われた少年自身は強制労働の自覚は無いようで、オリハルコンが出た日には夕飯に卵がつくんだぜ〜
なんて呑気な事行ってる。
この少年の活躍で火の神殿への道が開ける。曰く「火の巫女様のお告げを見た」

子供にしか押せない絶妙なスイッチを推すためにやむなく少年を同行させる
しかしやる気満々のアニエスに対し少年の同行を執拗に嫌がるティズ。
いくらお人よしだとか少年を危険にあわせたくないだのという理由だとしてもいつもの「僕はアニエスがいいならオッケー!」な思考からしたら結構異常。
問い詰めると、この少年が死んだ弟にそっくりだからもう失いたくないのだとのこと。

実はあの日からろくすっぽ寝ずの旅だったって言ってたのはグランシップでの話だったっけ?

弟か・・・

そういえばいたな。
しかし開始早々いなくなったので正直容姿など覚えてないわ。

しかしまぁこいつ居ないと先進めないので連れていく。
クリスタル解放という大義名分があるからな! ふふん!

しかし火山道はなんだか危険。
イキナリ地面が割れてマグマに落ちてしまいそうなくらい危険ってあーーーーーーー!

案の定少年が落ちる〜〜落ちそう〜〜
ティズ、イデア、リングアベルまでいるのに何故か引き揚げられない少年。

少年が手を離してしまったその時!


アニエス参上\(^o^)/
3人で支えても引き上げれなかった落下していく少年をすんでのところで捕まえる
そして4人で協力してなんとか事なきを得たのでしためでたしめでたし

いや、おう、みんなに言われてたが
アニエスちゃん怪力だの〜

エアリーは巫女がこんなムチャするなんて信じられない!
世界を救える巫女はもうアニエスだけなのに!!
(オマエが死んだら何年足止め食うと思ってんだ)

っておかんむり。

当のアニエスは
えへへごめんなさいつい勢いでてへぺろ☆
という感じ。

この一件で水の巫女死亡からギスギスしていたアニエスが元に戻る。
みんなも和やかな雰囲気に。


正直なんだかなぁ、ですよ
こういうのはもっと、ガツンとやってほしかったわー
ってのがあります。

もっともっと暗黒面に落ちてから、というか
仲間がガツンと
今のアニエスはマジ基地だよわかってんのか!

ってぶつかりあうところ欲しかったなー
なんてw

まぁそのみんなも結構マジ基地だしね

ここでも特にパーティメンバーのだれかに共感することもなく進んでいきます。


たどり着いた火の神殿は大荒れ。
呪われたクリスタルをいつもの作業で解放。
この作業意味あるのかなー、まぁムービーで見せられても困るけどさー。

なんて思ってた時期がry

だいたい1クリスタルごとに1章は終り。
サブイベントもボチボチ出てますね。


まずは海賊さんのサブイベント。
なんか港に行くと幽霊船の噂を聞ける。
霧の濃いところに行くとその船に乗り込むことができて

そこにはキャプテン・バルバロッサ(幽霊ではない)
が待っています。
バルバロッサはスレイマンとかいうやつの遺言でスサノオという召喚獣を探してる。
スレイマンって確かメフィリア(基地召喚士)の恋人だ。
手記にそう書いてた。
手記ってのは、倒した敵が持ってた日記なりなんなりの資料だ。
こんなもん覗いて持って帰ってきてるのかこの若人集団は…

とにかく、正直言ってこっちにはバルバロッサを●る意味なんて全く無い。
まぁしかし向こうは第一師団の副長だしな、戦うのは仕方ないみたい。

なんか無益な戦いをして海賊の*をゲット。
ええー、●すことないじゃんー

スレイマンの手記を見るとここにはスサノオ居ない的なこと書いてる気がするんだけどあいつはなんでここを漂ってたんだろう
これだから脳筋は。


次っ

スーパースター。プリン・ア・ラ・モード

ふざけた名前の多いブレイブリーデフォルトの中でもトップクラスのふざけた名前。
衝撃だったのがカミイズミ様(緑川光)が冷静に「プリン君」って呼んでたところ。
耳と目を疑ったわwwwwww確かにプリンって名前みたいだけどさwwwww
こいつが凄い歌で洗脳して剣派の奴らがバーサクしててやべぇらしい。なんとかしよう。アレをなんとかしよう。
スーパースターなんて所詮後衛だろう雑魚だろう。
とりあえずちょっとしたお使い巡りをして、楯派もすごいマーチを歌うことでプリンを無効化。
そしてバトル・・・
するんだが!!

プリン×親衛隊という名のモブ2体という編成だが
これが強い!
スーパースターは優秀すぎる後衛だった!!
導士はあんなに優秀なのに精霊の加護ばっかかけてたヴィクターとはえらい違い…
スーパースターのウザ強さを最大限に生かしてくる
パワーオブラブともう一度あなたと。
これだけなのに追いつめられるぅぅぅ

結局結構負けたので、他を回ってから再挑戦という形で
ひっさびさにフレンド召喚とかしたりしてなんとかやっつけました。て、手ごわい・・・
しかしもう一つ驚いたのがその後。

いやー、実際戦うときに思ったんだよね。
無害な海賊から一国の王までやっちまうこの光の4戦士()は、こんなブリブリのアイドルまで手にかけるのかと。
しかし*を貰うってのはすなわちそういうことだと思ってたんだけど。
アスタリスクと命って連動してるのかと思ってた。

そしたらプリン 普 通 に 生 き て た
「私、普通の女の子に戻ります、みんな〜ゴメンね〜^^しくしく^^」

「プリンちゃ〜〜ん!辞めないで〜〜(;A;)」
ええいうっとうしい
なんとプリンは普通の女の子に戻って行きました・・・えええええええええええ

今まで散々手にかけてきた者たちとの差は一体…


次。
薬師。剣派の本拠地に居ました。
毒のマスターサンプルの時に一回戦ってますが、そのときは撤退してただけ。*も貰ってないし当然か。
話聞いてるとまだまだ懲りない感じ。マスターサンプルなんかなくたって調合の仕方はちゃーんと覚えてるもんねー
だって。
くそ。天才か。●す!
死にたくないぃぃ
と言いながら絶命。薬師は使えるらしいんだけど、貧乏性の私はアイテムを使いたくなくて最後まで使わずじまいだったな。

とりあえずこの本拠地の最上階には完全にカミイズミ様が居ますね本当にありがとうございました
というわけで一旦宿に戻ろうかなー
とか思って砦を出るとイベント。

実は咄嗟に仮死薬を飲んで生きていたカダ。
こんなとこさっさとトンズラして…
って算段してるところにカミイズミ様参上。

斬 捨 御 免 !

とどめをさしました。
世界の支配者になるとかほざいてたカダに

「あの世で、な・・・」

と一人ごちた。

やめてぇぇぇ!あの世ではナジットとかジャッカルとかが幸せに暮らしてるはずなのに〜
ただでさえボリトリィとかディローザとかもあの世で待ってるのに〜
これ以上ぐう畜を送り込まないでぇぇ〜

・・・これ、カミイズミを先に倒してたら発生しないイベントらしいです。
小心者だから一旦宿に戻ろうとしたのが功を奏しましたw

というわけで最上階に待ってるカミイズミさまとイベント。
なんかみんなに様付けされてるから様呼び。

剣聖カミイズミの*はソードマスター。
何だろう色々とFFTと逆?というか
BDFF聖騎士→FFTホーリーナイト
BDFF暗黒騎士→FFTダークナイト
BDFFソードマスター→FFT剣聖

的な。
まぁアビリティ内容はまるっと違うけどね。
愛弟子イデア一行に敗れる剣聖…
なんかなー、もっと強大な大人の戦士たちが破れていく理由付けが欲しかったというか
なんでこんな若人4人に屠られるのか

納得のいく理由が欲しい!相手が死ぬまでやってるからには理由が欲しいぜ!

特に6章あたりのベアリングとホーリーがティルに負かされた理由とか・・・

ノルエンデ村って実は呪われた戦士の生み出される村だったのかな。
強すぎ。
リングアベルはまぁ正体考えたらそこそこの戦闘力あってもいいけどさ。
アニエスとかはねぇ。オヴェリア様がアグリアス殴り殺せるくらいの衝撃だぞ。

剣聖もめでたくやっつけて



あれ、なんかまだイベント残ってたっけ。
なんか「!」あるのでグッドマンさんの家に向かう。
このサブイベはねー、正直こいつが居ること全然忘れてたから、何をやらされてるのかわからなくてわくわくしたw
名探偵コナン的なw
なんか巫女さまがパーティを開くから集まったとか言って楯派の幹部がそろってた。
良男指令と、奥さんと、寂しいのが嫌な女幹部と更に出世したい男幹部。
名前がそう主張している。
まぁ巫女さまはそんなパーティの誘いなんて出した覚えがなくて。
首をかしげながら雁首揃えてるといきなり使用人が死亡。
密室なので「犯人はこの中にいる」
男参謀は「女参謀が怪しい、あいつ司令を狙ってる」
女参謀は「男参謀が怪しい、司令夫人も怪しい」
などと供述しており・・・
そんなこんなでちょっと目を離したすきに男参謀死亡。
外に出ようとして女参謀死亡・・・
み、ミステリィ…
司令はこうなっては妻を疑う他ないと泣く泣く妻を地下牢に連れて行こうとする。

正直その後なにがどうなってここに至ったか忘れてしまったが

実は使用人の死体は変装した忍者だった。

忍者!!確かにいた、綺麗な人だった。
でも影が薄いから濃いメンの第一師団にそんな奴がいたことを忘れていたわ
これが忍者の*イベントだって気付いてたらまた話は変わってきたのかもしれないが。
ちなみに死体になりきってるキキョウさんを調べたら、2人の幹部は暗殺されることなく終わるらしい。
私はばっちりやられましたけどね☆
まぁいいや
キキョウさん美人だし。

相変わらず力推しパーティだった私には回避カウンター戦法の忍者はなかなか手ごわかった。
結構強かった。
剣聖?だってうちの主力ヴァルキリーでしたし・・・(ジャンプは反撃されない)

キキョウを倒すと、男参謀や女参謀に変装して楯派内部を不穏な空気にして崩壊を誘おうとしたり、
火の巫女を暗殺しようとして巫女に自殺されたりといった失態を話してくれる。

いやー、忍者恐ろしいよ。そんな陰湿な手段でこられたら叶わんよ。
敵キャラクターは等身が高いのもかっこよく見えるポイントなんだろうねプロポーション良くてたまらんかった。


これにてサブイベ終了。

グランシップとかいうでかい船の国に行ったらなんかこの国すごい勢いで沈んでるんだと。
まぁ船だしな・・・。

あらかたの国民は退避。
動力室にいくと、ここにオリハルコンを投げ込めば空飛べる的なこと書いてる。
あの少年に「朝食にたまごがつく石」を貰って投げ込んだら飛空艇完成!
国だから、道具屋宿屋武器屋に酒場ぜんぶ引き連れて旅立てます!
しかもすごくいい飛空艇だから、かの国の山も越えられるのやったね☆


長かった…3章は疲れました。




ブレイブリーデフォルト(BDFF) 完全ネタバレあらすじ感想(四) 

February 16 [Sat], 2013, 12:06

4章 白と黒

ideachanの大好きな白黒はっきりしようぜ!なタイトル。
やっと、やっと敵の本拠地突入・・・

プレイ時間というかプレイヤー的には長かったけど、実際あの世界的には破竹の勢いで迫ってくる巫女一行は脅威でしかないだろな。

厳高地にぽっかり空いた着陸地点
そしてなんかでかい雪像の的シンボル・・・
こいつが街の入り口を守ってるらしい。触ったら戦闘。
街は雪にまみれてキレイなBGMが流れてた。
医療が発達してる街らしく、街の最深部には中央医療等なる病院がある。
ここに引かれてるでっかい鉄パイプみたいなのが白魔導ケーブルとかいう奴なんだろうな。
膨大な白魔法エネルギーで最先端医療を支えてる。
そこに入院してるのがイデアの母。
父と娘の対立を知りながら見守ってくれる母。ぐう聖やで…
決意新たに出発することを誓います。確かそんなんだったはず。
エインフェリアにも、カミイズミにも、みんなに「よく父親と話し合ってみろ」と言われるイデア。
しかし話し合いなどしそうにないイデア。応じてくれるかわからん父。
親子やのう・・・。

3章辺りからだるくて。ラクリーカあたりでは村人全員に話しかけてたものだが、エイゼンベルグはどうだったか。グランシップは適当に済ませた気がするわ。
エタルニアまで来ると早くシナリオ進めたくて、話を聞く作業はもどかしかった。
でも中央医療等だけはちょっと変わった建物だから、そこらへんの人にも話しかけてみた。
4章。かすかに覚えてる…
「この子のために、差出人不明でお金を送ってくる人がいる」
みたいな話、あった気がする。
入院してた。確かに。小さな女の子が。


その時は全く気にも留めないエタルニアの情勢情報の一つだと思ってたけど
あれが魔法剣士の娘だったんだな・・・・・・・

正直あの時はなんもピンとこなくて。
明確に教わるのは5章以降だからね。

今後どこかで会うんだろうな、仕送りしてる人。
そんで「あー、こいつが・・・」って思うんだろう
と思ってたんだけど。
まさか済んでることだとは思ってなくて。もう一度見たいのに、セーブデータは一つだけ・・・
正直ゲームシステム上、4章までのイベントをつじつま合わせにもう一度見たい人とか普通にいると思うのになんでこうしたんだよー、って思う
ループ一周削ってでも入れるべきだろ・・・SDカードセーブでもいいからさぁ
がっかりしました。


まぁやってる当時は対してガッカリを味わうことなく敵の本拠地に乗り込みます。
近いけど強い敵が待ってる中央道、強敵はいないけどかなり長い道のりらしい右の迂回路、そこそこの敵が居てそこそこの距離の左の道


左の道にしました。優柔不断だから。
待っていたのはドラゴンゾンビだったかな?
HPはそう高くないけど確率で復活。まさに優柔不断。
何度か復活されて「こんなん詐欺やんか…」って気持ちになりました。激しく後悔。
というのもこの大陸結構敵が強くて。正念場ってやつやな。
なので少しレベリングしてくことにしたわ、うん。

公国軍司令本部。この建物にイデア父がいて、この先に土のクリスタルがある土の神殿がある。
避けては通れぬこの場所に

司令本部を突いてくるとはさすがじゃのう


・・・ヴィクター、ヴィクトリア

水クリのときあんなにもにくにくしかったけど


3 章 忙 し く て 忘 れ て た \(^o^)/

そういやいたなぁお前らっ

なんか発作起こしてる。ああああって。
本当に声がどうしても受け入れられないごめんちょ

追いかけていくと
変な心臓型の培養液に漬かってるヴィクトリア(幼女)

幼女って言うかなんなのあれは、ケモノなの?
ヴィクターの髪もケモノなの?
あいつらケモノなの?

「今動かしたら、彼女は死んでしまいます」

いややりにきたんだよふざけんな

しかしおとなしく話を聞く4人組
どうせやるならさっさとしばけよ。

この時は何て言ってたかな。不治の病で発作があって、これに漬かってなきゃ死ぬんだとかなんだとか。
もう少し詳しい生い立ちはまた持ち越しだった気がする。
そんな与太話に付き合ってる間に幼女復活

全力で行く

幼女から●るとヴィクター発狂
しかしヴィクター一人など相手じゃないぜ。
二人仲良くあの世に送って*を頂いて終了
本当こいつらなんのために話を聞いたんだろうか。

ちょっとあまりにもオイタが過ぎるのでいきなり現れたヴァンパイア卿にいきなり気絶させられて捕えられる。
初めからこいつに頼み込んでおけよ・・・

みんなは牢屋に。
イデアは私室に監禁。
イデアの部屋お嬢様すぎワロタwwwwww

しかし抜け道があるお約束。
ずーっと昔からある、抜け道なんだそうよ。まったく困った親子ね。

なぜか牢屋のカギもご丁寧においてある。
みんなを回収していざ出ようとしたら最後の扉があかない。


詰めが甘いのう・・・

なんていって登場してきたのはあの爺さん
ユルヤナちゃんね
ユルヤナちゃんが魔法でちょちょいのちょいって助けてくれる。
ついでにエタルニア六人会議
元帥、あんこくw、ヴィクター、幼女
残る二席はヴァンパイア卿と自分だって言うんだからもうびっくりよね

隠居した身だけど、公国発足メンバーなんじゃよわしらわ
キリッ

ええええ

この国は成り立ちからして秘密があるようです。
古くからあるというわけじゃなく、この元帥になってから発足した国らしい。
あんこく達はともかく、イデア父の聖騎士元帥と、ユルヤナの老人と、ヴァンパイア卿は深くかかわってるらしい。
なんなんだよあの吸血鬼



それからなんだっけ、イデアのお母さんとか会いに行った気もするけど

そのまま司令本部でお父様と頂上決戦。
あれだけ話し合えって言われてたのに、やっぱ戦うんかい

お父様は私の戦法的にはラクな相手だった。
スーパースター育ててたし、ヴァルキリーも育ててたからな。
サレナホリナとセレクションでお父様がデフォルトするだけの木偶の坊に!
ノーデフォルトフルブレイブでフィニッシュです!

結局色々真相は聞けないまま・・・
ここまで突っ走ってきたのに・・・。
しかしお父様は死んでない。もう二度と剣を取ることは出来ないだろうが、ヴァンパイアが応急処置(すっぴん技か)したおかげで命に別状はありませんと。
…なんだよ、他の*所持者もそうしてやれよ…


ここでヴァンパイアの*が発生してるが、ネタバレを聞かされるらしいので無視。
風は風が吹く
水は水を浄化する
火は火山が止まる
しかし土クリは解放したらどうなるんだろう
というかクリスタルが呪われててつらいなんて話、エタルニアでは無かったぞ。



土の神殿には、エタルニア発足時の資料が山ほどおちていた。
クリスタルの研究。
土クリから溢れ出る力をケーブルを介して流して医療に利用する
まぁこれがエタルニアのスーパー医療。
巫女様にとってはクリスタルの冒涜だが、イデアにとっては生まれた時からの当たり前の行いだった。
今ではなんか複雑な気持ちなのだとか。
クリスタルの研究資料はヴィクターが書いてたな。
ヴィクターの父っぽい人が、人造生命術とかいうエグそうな研究報告をしてた。
あれはアカン、扱えるもんやないで、と・・・。

つまるところヴィクトリアはこれを施されてしまった哀れな被検体

あいつ改造人間だったのか。

ケモノじゃなかったのか。


信徒の日記
というものもあった。
その昔、世界的に疫病が流行ったらしい。
土のクリスタルの力を利用すれば治療と除染が可能だと青年司祭が上奏するも、そんなこと出来るかと教団幹部は一蹴。
上層部は教団本部への感染を防ぐため間道を封鎖。
間道を超えてくる避難民は『処分』
表向きは全て殉教。青年幹部の故郷の村は壊滅。上層部は事なきを得た。
そして今から15年前、この神殿を襲いエタルニア公国を樹立したもの。
それがイデア父、偉大なる聖騎士、エタルニア公国元帥ブレイブ・リーなのだと。

ブレイブ・リー・・・・

おい!!

確かにずっと元帥って名前だったけど。
確かにイデアりーって名前だったけど。
想像してなかったwお父様がメインタイトルの一部だったなんて…。

つまるとろこお父様は自身の保身と権力にすがる腐った教団に嫌気がさして世界を放浪、仲間を拾い集めて決起した
みたいな感じかな
もっと深い話あったような気もするけど
この手記ではこんな感じ。

もうひとつの手記が具体的なエタルニア奪還史。

エタルニアというのは昔そういう国だったものをクリスタル教が乗っ取り総本山にした。
それをさらにブレイブリーが奪還して、今の公国を作り上げた
だから奪還史
なのだったと思う。

決起の首魁は聖騎士ブレイブ。
あえて首魁と名乗ったらしい。

土の神殿の襲撃隊長はカミイズミ。
副官はバルバロッサ。
後の第一師団だな。
ヴィクター父とヴィクター(10歳ショタ)もついていったらしい。
こういう過去話大好き。どんどん読みます。

正教の総本山を強襲するのは
隊長:キシドー ハインケル
副官:赤魔導士のオジサンディローザ
監査役としてボリトリィとカダ・・・

この部隊やばすぎるwwwwwwとてもハインケルでどうにか出来る部隊じゃないwwww黒wwww真っ黒wwwww

そしてエタルニア市街の占領部隊。
街の占領と住人の慰撫、治安維持をする部隊の隊長が
剣士 イクマ・ナジット。
見習いとしてエインフェリア(10歳)ホーリー(11歳)が同行


想像もつかんぞwwww
最初に読んだ時は疲れててね、へー、そんな過去がねぇ
くらいだったけど
今考えたらすごいぞこれは
あのナジットと、エンフェリアとホーリー(幼いころ)
この組み合わせヤバすぎるwww見たいww見たいぞwww
多分この時は魔法剣会得してないんだよね。それでも隊長任されるってのはなかなかの腕前と人望だったんじゃないかな。
隊長に任命されてるやつはそこそこ筋の通ってるやつだけだしね。

その後にそれぞれの舞台の報告書がある。
ハインケルの部隊は部下がやらかしまくりだけど、尻尾をつかめずにいるようだ。

エタルニア市街の占拠についても報告書がある、ナジットが書いたものだ。
占領部隊にエタルニア人を多く配したのは聖騎士の配慮。

エタルニア無血占拠をして1ヶ月・・・
エインフェリア(10)は気丈に頑張ってる。
見習い衛生兵ホーリー(11)は無邪気に白魔導ケーブルの工事を眺めては、ヴィクター君にどやされている…

ヴィクター

ヴィクター君!!

ナジットからしたらヴィクターはヴィクター君なのかそうかそうか

『聖騎士の配下はエタルニアの街を掠奪したりせずによく治めていたようだ。』

って記述がある。

つまり総合すると
エタルニア市街占領担当だったナジットに、ディローザが掠奪を提案するもこれを拒否。
しかたなくディローザとボリトリィとカダは市街の掠奪は諦め教団の宝物殿は予定通りに荒らした。
この時掠奪を断った恨みで、ボリトリィに騙される人生になる魔法剣士。

すべての始まりはここ。

とにかく良い奴だったんだよあいつは。
しかし娘が病気になったというのは必然なのだろうか偶然なのだろうか仕込まれてるのだろうか。
よくわからないが、4章にはそれっぽいのが居た。
しかし5章以降、ボリトリィがナジットの目的をあざ笑うように死んでからはその娘らしきものは見当たらない。
金自体は届いてるみたいなんだけど。
これがよくわからない。
私の解釈としては、魔法剣士の娘はもう死んでいて、それを知らずに送金を続けてた。
娘は普通に死んだのか、ボリトリィが手を下したのかは知らん。
アイツ経由で送金してたとしたら、送らないで懐に入れてただろうから、送金自体は魔法剣士本人がなんらかの方法でしてたんだろうけど

「それもこれも、うちらの掠奪に協力せぇへんかった」
「15年前の、あんたが悪いんや・・・」
「娘の治療費なんて、真っ赤なウ・・・」

といって事切れたボリトリィから察するに、まぁ何かしら騙されてたんだろう。



正直4章ではこんな詳しい背景はわからないし、
気になる手記もいっぱいあるけど、目の前に土クリがあるから解放したくてしょうがない
なのでこの時はさらっと目を通しただけでクリスタルを解放した気がする。



ついに4つ目のクリスタル解放。


何やら海上に光の柱が立ち上ったらしい。

そこにエアリーを連れていけば、大穴がふさがるのよ!って

ああ、確かそういう目的だったね。

対応するクリスタルに祈れば自然が復活するってのはまぁなんとなくイメージ出来るけど
光の柱にこの羽虫を連れて行ったら大地の穴がふさがるってのは全然ピンとこない。

既にここに来るまでに嫌な予感しかしてないが、お手並み拝見と行きましょう。



海に立ち上る光の柱に突入すると あんこくw が襲ってきた。
そういや戦ってなかったよね!

なんだか知らんが聖騎士の勅命で貴様らを止める!!って。

いい加減教えろよ、その目的!
正直ここまでじらされるとは思わなかったぞ!

暗黒騎士の生い立ちはここで語られたか。

花の国フロウエルに生まれ、母に捨てられ、泥を啜って世を呪いながら暗黒剣を身につけて生きてきた。
そこで聖騎士様に正しい剣で打ち据えてもらい、以後拾われて家族同然に扱ってもらう。
俺はこの人に全てを捧げついていこうと誓った(アッー)

そんな敬愛する聖騎士様の娘こそがあんこくwの思い人ideachan
こいつ

なんと


戦闘中に告白してくる!!

「ゆくゆくは、俺が一人前になったら・・・」
「君を、嫁にと!!(思っていたのに)」

しかし今は光の柱!
いわば世界の命運がかかっている大決戦の真っ最中!
ideachan(15)には
「そんなこと、今言わないでよ!」

みたいなこと言われます。

あんこくw(20)
「そんなこと・・・だと・・・!」


「くっっそぉぉぉおおおおお!!」(魂の叫び)



ごめんww笑うよwww

でも結構、敵側にはそれなりに感情移入してきたし
ここでアナゼル株爆上げですよ。
ああ、こいつにとっては、巫女たちが全てを無茶苦茶にしたに違いない。
こいつの周りも、こいつの世界も、、騙されているとはいえ巫女たちが…

アナゼルは聖騎士に拾われなかったらジャッカルルートとかヴィクトリアみたいないけぬまになるとかいろんな未来あった奴だと思う。

サガク剣結構苦戦した気がする。
そしてようやく


暗黒騎士を倒す!

仮面が

割れる

割れる

割れる!!


その顔は


貴様!!一体どうやってそのリーゼントをその兜にしまっていたというんだ!!

びっくりするほどリングアベルだった!!!



いやぁ、ここに来るちょっと前くらいから本人たち自体なんかうすうす察してる感はあったけど。

アナゼル・ディー。

Dの手帳。

そのまんまだよな、そっかー。
鎧でくぐもってるけど、確かに大天使ルシフェルの声してるわ。
そんなアビリティで大丈夫か?


戦いに負けて船から投げ出される哀れなアナゼル。

明らかに双子でもなんでもない、どう考えても同一人物だが同時に存在しているリングアベル。
なんだ、ルークとアッシュみたいなものか?
しかしここまでの世界設定でそんなフォミクリーみたいな話はない。
いや人造生命術ってそいういのじゃないですし。

リングアベルはアナゼルだけど、アナゼルがアナゼルなら、リングアベルってやっぱりなんなの?

謎が解けて新たな謎が生まれた。
結局リングアベルはアナゼルってことがわかったけど
リングアベルって存在がそもそも何なのかは全然わからなくなった。


4 章 終 了 

もう散々書きつくしたけど、実際に魔法剣士贔屓になるのは、本来5章以降のことである・・・。


ブレイブリーデフォルト(BDFF) 完全ネタバレあらすじ感想(五) 

February 16 [Sat], 2013, 12:05

5章 昨日見た景色

ここからはメインシナリオほぼ横ばいなんで、前ほど長く無い・・と思う
ストーリー進行度的には5割だけど、実質ここまでで8割くらい、6章でほぼ100だと思う。(8章まであります)


気が付いたら最初の宿屋。
あ・・・れ・・・?

海は腐ってる
風は病んでる
火山は相変わらず
白魔導ケーブルも絶賛稼働中??

なんだこれは

タイムリープか?そうか、そうなんだな?

しかし仲間は、村に揃っている。
あの羽虫は「ごめんなさいわからないのよう〜〜」の一点張り。

肝心の大穴は開きっぱなし。村はもちろん壊滅。
でもタイムリープしたなら、既にイデアまでいるのはおかしすぎる。
オミノスやリングアウト、ホーリーも健在なのに。

なぜかグランシップとその一味は無事。まぁ一緒に光の柱を抜けてきたメンツは揃ってるってことですね。

おかしい。

でも迷ってても仕方ない。
風も止んでるし海も腐ってるから、もう一度クリスタル解放の旅に出よう
\(^o^)/
マジでwwwあの長い道のりをまたwww
って思ったけど

飛空艇あるから楽勝?

そんな風に思って外に出たらワールドマップ中に広がるエクスクラメーションマークの嵐ぃぃぃぃぃ><


・・・とりまリングアベル=アナゼルとわかって、
アナゼルが持ってた日記とリングアベルの日記が合体リンクしたらしいんで読んでみることにした。
これは日記帳みたいなもの、というか正しくアナゼルの日記で、リングアベルの持ってたやつは大幅にページが欠けてたんだけど、アナゼルの日記がそれを補完してる。
ほぼ日記完成。

ベアリングとホーリーたちと過ごした日々とか
イデアへの想いとか
イデア好きすぎるだろうとか。
よくよく読んでると、ティズとアニエスに会っている。
リングアベルとは入れ違いで。
つまり二人は本物(?)のアナゼルに一度会ってるということに。
最も、二人はあの時会ったやつと目の前に現れた記憶喪失男がまさか別人だとは思わなかっただろうが(いや別人だけど同一人物なんだけど・・・え)
エシャロット号のテストとか自分でやったから、動かし方とかわかったのねとか
この健気で哀れな暗黒騎士の日記読んだら俄然リングアベル派になりました。
5章からはリングアベルとアナゼルの行方のために開始します。


しかし開始早々心が折れる
もちろんサブイベを全部つぶしていくつもりの私。
サブイベントは*所持者との再戦。世界の焼き直しなのだから、この戦いも焼き直し。
自分たちも強くなってるが敵も格段に強くなってるwww
でもよう、あんな日記読んだ後じゃ・・・

公国の人間と戦いたくないっ!!!
やる理由がない!
いややるしかない奴もたくさんいるけど。

この章以降ちょくちょくと雑記が追加される人物とそうでもない人物がいたり。
クリスタルの解放を全部すると次の章に進むのか・・・なるほど

とにかく、「!」の数と場所から見てこれはアスタリスク所持者との再戦闘であることは明白。
クリスタルは1つ残して解放を済ませておきます。
クリスタルまでの道のりが長い火と土、解放しないと海を渡れない水を解放して、いつでも解放出来るし解放しなくても困らない風を残す。
ごめんねラクリーカ。奉仕労働頑張ってくれ。

ホーリーやベアリングと戦うと何やら面識がある様子。
オミノスはお化けでもみたかのような口ぶりで出迎えてくれる。
伊勢守(イデアが出陣の際に師匠にもらった愛刀)をドロップする
ハインケルはティズやアニエスを見ても何も言わない

以上のことから、どうやらこの場所におけるティズたちは、ホーリーベアリングと戦った後にイデアを加えてオミノスとやりあうものの、そこで殺されて・・・る?

時間の巻き戻しなのか、並列の世界なのか。

この段階では半信半疑。

クリスタルは2個くらい壊したところで祈祷衣がほつれて修繕イベント。
ユルヤナが少しお話をしてくれるんだけど、何話したか忘れた。
1800年くらいまえに空から天使が降ってきたことかなぁ。
その天使が、大地に大穴があき、大いなる災いが訪れる
みたいな預言をしたと教えてくれた

ような気がする。

他のメンツは

ジャッカルの生い立ち。
ジャッカルは奪われるだけの両親の元に育ち、ついに何もかも奪いつくされジャッカルを育てられなくなっただろう両親に捨てられてしまった。
堅気の連中に拾われるも、使えないとわかるとポイ捨て。
最終的に拾ってくれたのは盗賊のボスだったそうだ。
盗賊の親玉への恩義と、自分は奪われる側なんて御免だ、奪う側になってやる!
というようなことで盗賊をやっている。
正直救われないやつである。生まれた時点で詰んでるタイプ。
ナジットのことはセンセーと呼び慕ってるけど・・・金の切れ目が縁の切れ目で捨てられる程度の仲。
やっぱり本当に救われないやつである。
親分ってのはどんな人だったんだろうね。利用してただけなのか、ジャッカルが大人になったバージョンみたいな救われない奴だったのか。
後味の悪い戦闘。

更にニコソギー・ボリトリィのところに行くと、

「盗賊の頭のジャッカルっちゅうやつおったやろ、あいつの両親騙くらかしたの私なんですわ。カカッ」

・・・もうだめだこいつは●しかない

マヌマット国王は相変わらずのクズっぷり。
しかし毎回ナジットはここで命を捨てる。
国王のために戦ってるなんてことは微塵もなさそうだが、なぜここでベストを尽くすのか。
この戦いの報酬が決め手だったのか、この戦いの前に何かあったのか。
どうせならジャッカルのところでベストを尽くせよ、意味はわからなくなるけどw

ブラッドローズ特務隊どもは変わらず。
ヴィーナス3姉妹はフロウエル堕落計画を嫌々やっていたみたいだが、それでもエタルニアの理想のために戦って戦死。
ディローザはもちろん相変わらず。

海賊バルバロッサは相変わらず召喚獣スサノオを探してるだけなのに主人公一味にボコられて戦死。
もうアスタリスクも持ってないのに・・・
プリンは死なない。死んだのはアイドル人生。
でも夜のグランシップで歌ってる。こいつの贔屓され具合半端ないでww
キキョウさんは前と同じ密室殺人事件しようとしてたけど、一度見破ってる主人公一味に完全に阻止されて終了。
カダは負傷兵の治療をしてるとみせかけて人体実験してた。
*所持者ぐう畜神3に入るな。あんこくの日記読んでも、なんか痛いだけの薬とか飲ませてたしパネェぜ。

カミイズミ様には生存ルートがあります。

が、5章では叶わぬことなので、相変わらず師匠と弟子の果たし合いは弟子の勝ちで幕。
青は藍より出でて藍より青し

ヴィクトリアとヴィクターの話は少し補足があった。
ヴィクトリアは不治の病と宣告されて教団に見捨てられ、治療にはヴィクターの父が関わったのだと。
ヴィクターの父は禁断の人造生命術を使い、一見上手くいったように見えたが、ヴィクトリアの体の成長は止まり、
言葉ではいいようのないくらい苦しい発作に見舞われる体になってしまい、正気を取り戻した時にヴィクトリアはヴィクターの父を殺した。
それを見てヴィクターは発狂した。本来父親を殺されて怨むべきところを、何故かヴィクトリアに心奪われて
全てを捧げることにしたらしい。
いつも、治療を続けることは、本当に良いことだったのかと自問しながら生きてきたし生きてくのだとか。

それでもやっぱり ああああ幼女は許せないので天誅。

ブレイブ様は15年前エタルニア決起の話を・・・してくれたのかな。
正直あんまり覚えてないですw

そしてこの章で確かヴァンパイアの*を取りに行きました。

不死の者、レスター教。

その正体は本当に死なないだけの、元ただの人間。
どうせ不死の者と呼ばれるのなら、それっぽい力を身につけようと努力してヴァンパイアのアスタリスク持ちにまでなったんだとか。

この人の居城では色々聴かせてくれる。さまざまなネタバレがあったと思う。
とりあえずユルヤナとレスターは2000年以上前から生きてて、クリスタル正教とかいうのもきな臭い成り行きの歴史があったこと。
宗教系が怪しいのはゲームではいつものことだな。
それより頑張ればキバ伸ばしたりコウモリになれたりするもんなんだなって。
散々みんなが言ってた「ブラッドソードの手帳のコメント」ってのも読んでみたけどなるほどだった。
つまりあいつは完全に見せかけヴァンパイアであって、実際は血を吸ったりして生きてるわけじゃないんだな、と。
まぁその不死の授かり方はちょっと意味不明だけど。
というかみんなのアスタリスクの授かり方はちょっとわからないけどね。


さて、この世界でも風が吹き、水は浄化され、火山は静まり、土クリは何をしてるのかわからないけど解放を終えました。


光の柱が登るので、またそこに行きます。
バカの一つ覚えです。
これで失敗してるのにとりあえず行く。
でもまぁ5章くらいの流れなら、わからなくはないかな。1度くらいは繰り返すよね。


そこにすっかり忘れていた あんこくw が待ち受けてます。

あんこくの目的は



「決まっているだろう、エアリーを殺すことだっ!キリッ」

って言われちゃいます。

え、あんこく何いってるの^^

パーティは完全にこんな感じです。
よくわからないけど聖騎士様がそうしろって言ったから

そんな説明じゃ納得できん。
さっさと暗黒騎士を屠って憂いを絶つ。


「イデア・・・お前は、俺の・・・・・・」



6章へ。