人の死
2006.09.09 [Sat] 16:46



大学の授業。初等教育科にいるあたしは、その時保育内容「健康」の授業を受けていた。
幼い子ども達に、「人の死」をどう教えるかという議題が出された。

「今までに身近な人の死に触れたことがありますか?」

あたしが初めて触れた「人の死」は幼稚園生の時だった。
今でもそのときの父親の顔は残っているし、あの雰囲気も覚えている。

父親の死に、祖父の死に、叔父や叔母の死に、今まで何度も触れて、7人もの人が、あたしの目の前からいなくなった。
涙が止め処なく流れて、お葬式のあの独自のひんやりとした空気はさらにそれを煽る。
ああもういないんだと思い知らされるのはその瞬間。


先生の問いに、手を上げた学生は少なかった。
10人にも満たない。
あたしはその確率の中で、多くの死を知った。
生の尊さを知った。
教えてくれたのは、もうここにはいない人たちだけれど、とても感謝している。

幼い子どもに、「人の死」を教えるためにはどうすればいいのか。
あたしは「死」を見せてあげればいいのだと思う。
「人の死」と出会う幼児は少ないけれど、生き物の死なら見せてあげられる。

例えばそれが、大切な人の死ならなお更、見せてあげるべきだ。
その壁を乗り越える力があるかどうかは分からない。
だけど信じて見せてあげてほしい。

そうすれば少なくとも、簡単に「死ね」なんて言えなくなる。

テキスト
2006.09.09 [Sat] 14:08



いつからかネットというものが生活の一部になっていた。
一日のうちのほんの一時間程度のものだけれど、あたしの中にじんわりと存在を示していた。
ネットと出会ったのは中学一年生の時で、ホームページの魅力を知ったのはそれから一年先だった。
あるテキストサイトに出会って、あたしは自分でもテキストを書いてみたいと思うようになったのがはじまり。

あれから5年。
結局書いてきたテキストは数少ないものだったけれど、「自分を表現する」という行為は続けていた。
日記を詩を、書き続けて、そうしてまたテキストを書きたいと思うようになった。

諏訪は今19。来年ハタチを迎える。
たった19年しか生きてきていないけど、感じたことは山ほどあった。
それを形にしておきたい。
大人になってしまう前に、子どもだったあたしが感じたことを、見てきたことを。

いつか大人になってしまったあたしへ。

今一番欲しいもの
2006.09.09 [Sat] 00:46



今一番、それも明日にでも欲しいもの。

ハチミツとクローバー(10) / 羽海野 チカ
真珠色のコーヒーカップ / 赤川次郎

二作品ともあたしの大好きな本(漫画)。
特に赤川次郎の本は待ちに待った本。
爽香シリーズの33歳。
15歳からスタートしてやっと33歳まできた。
あたしは爽香と明男のカプが大好きなので、毎年この時期が待ち遠しい。
ミステリー作品だけど、それよりも人間関係の動きが面白いと思う。
で、明男が好きな諏訪です。惚れてます(馬鹿)
読書が苦手な方でも読めると思いますよ。これは。

あー、読みたい。

@
2006.09.09 [Sat] 00:26



□■ルール■□
観た人は絶対やること!絶対だから!嘘つきは駄目!  
経験したことあるものには○、無いものには×をつける。

入院 :: × 
手術 :: × 今後もしたくないなぁ
骨折 :: ×
献血 :: × 自分が貧血で倒れそうだ
失神 :: ×
しゃぶしゃぶ :: ○  
エスカルゴ :: × 
万引き :: ×
補導 :: ×
女を殴る :: ×
男を殴る :: ×
海外旅行 :: ○
ギター :: ×
ピアノ :: ○ 大学で授業あるしね
バイオリン :: ×
メガネ :: ○ メガネっ子。普段はコンタクトレンズ
オペラ鑑賞 :: ○ 音楽の先生のっていうのはアリ?
テレビ出演 :: ○ 地元のね
合コン :: × コンパはあるけど…
北海道 :: ○ 夏に1回冬に1回
沖縄 :: × 沖縄の海を見てみたい
四国 :: ○ 親の実家だもー
大阪 :: ○ 中学校の修学旅行先
名古屋 :: × 名古屋の結婚式は凄いらしいね
エスカレーターを逆走 :: ○ そんな時代もあった(笑)
フルマラソン :: × 最高30キロ?歩いたけど(笑)
10kg以上減量 :: × 希望
交通事故 :: × 遭いそうになったことは何度も。怖いね
電車とホームの隙間に落ちる :: ×
1万円以上拾う :: × 
1万円以上落とす :: × 
徹夜で並ぶ :: ○ 日々?(笑)
ピアス :: × できない体質なのですヨ
50万以上の物を買う :: ×
ラブレターをもらう :: ○ 今時あるんだなぁと
一目惚れ :: ○ ホームスティ先のお兄さんに(キラキラ
幽体離脱 :: ×  
先生に殴られる :: ×
徒競走で1位 :: × にゃん
妊婦に席を譲る :: × 妊婦はないねー
他人の子供を叱る :: ×
ストリート誌に載る :: ×
2m以上の高さから落ちる :: ×
学級委員長 :: ○ えへ
恋人が外国人 :: × 羨ましい〜。英語圏がいいな
刺青 :: ×
ナンパ :: ○
逆ナン :: ×
ディズニーランド :: ○ 2回ほど
スキー :: ○ へたすぎて雪合戦に切り替え
スノボ :: ×
サーフィン :: ×
異性に告白 :: ○ 一回(青春だった…笑)
同性から告白される :: ×
喫煙 :: ×
芸能人の友達 :: ×
幽霊を見る :: ×
先生を殴る :: ×
親を殴る :: ×
食中毒 :: ×
無言電話 :: ×
ピンポンダッシュ :: ○ 小さい頃はよく…

確かな日常
2006.09.08 [Fri] 23:44



朝はゆっくりめに起きて、顔を洗ってリビングへ行った。
もうすぐ幼稚園実習だから名札を作らなくてはいけなくて、ご飯を食べて着替えて準備をして出かけた。場所は近くの手芸屋。

まさかあたしが手芸屋に通うことになるとは思わなかった。
裁縫をして何かを作ることよりも、外で遊ぶことのほうが好きだから。
大抵の物は、小学校の頃に買った裁縫セットで足りていたから。
だけどこれからちょくちょくお世話になるんだろうなぁと思ったら、なんだかくすぐったい。
夢に向かって着実に動いていっているのがわかる。
高校時代までは、ただひたすら数学や歴史、古典なんていう教科ばかりを勉強してきていたから実感が湧かなかったのに。

フェルトの沢山あるコーナーの前に突っ立って、散々その場所を占領していた。
ここに来る前までは黄色いひよこを作って、それに名前を貼り付ければいいと思っていたのに、
目の前にある色んな色のフェルトの生地を見ていると、どうもひよこじゃ納得できるものができなさそうで(ひよこに失礼)、何枚も引き出しながら考えていた。
まあ、結局面倒になってりんごなんだけど(あれ、ひよこより簡単?)。

夜になって早速作業に取り掛かる。
っていっても名前をどうしようかと思って、パソコンを開いてペイントでフォントを引っ張り出して名前を印刷。
自分でレタリングでも良かったのだけど、やっぱり、ほら……(面倒)。
だけどその名前の下書きを水性のペンでしてしまったものだから滲む滲む。
あともう少し時間があるので最初からやり直そうと思いマス。
(実はもうりんごの型に名前まで縫い付けた後だったり)
今日ハモウ無理デス。疲レマシタ。
P R
2006年09月
« 前の月    |    次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリアーカイブ
最新コメント
プロフィール

 諏訪 / 1987年生まれ、女

 読書と音楽が好きな19
 (雑食)
 特技ピアノ
 ショパン、ベートーベン
 

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:dear-xx
読者になる
Yapme!一覧
読者になる