再会は笑顔で 

2007年03月11日(日) 14時59分
今はまだ考えないようにしてる、
これからのこと
和君がいない今までの生活を振り返ること
和君への想い
和君に会う時までに整理して、嬉しいという気持ちだけで再会するんだ
久しぶりに会えて嬉しいねって
元気で良かったって
遊びにきたよって
感動しちゃうけど悲しいことじゃないもん
絶対泣かないよ

3歩進んで2歩下がる  

2007年03月09日(金) 21時00分
落ちついて考えた
「嫌な女になってた」て、和君に改めてメールした
素直に反省できた事で伝わる、本当の気持ち
更に会うのが楽しみになったってメールかえってきた(嬉)
素直になってちゃんと話し会えれば、良くない結果になんてなることないよね
自分の中だけてあきらめるのは間違ってるね

こわくなってきた 

2007年03月09日(金) 18時28分
和くんに会って我が儘になるのが怖い
和くんに甘えたいのに
甘えられる唯一の人なのに
和くんの嫌いなウザイ女になりそうで怖い
きっと冷静でいれなくなる
我が儘で嫌な女になる
それを和くんが受けとめてくれなかったら私どうなっちゃうか...目の前の幸せ掴めずに逃げちゃうかも...

my birthday 

2006年09月28日(木) 4時26分
すごく楽しみにしてた待ちに待ってた誕生日やっと和君から手紙届くからやや強制的ではあったものの和君からちゃんと贈られてきたたくさん書いてくれた手紙と・・・
私がモモに作ってあげたのと同じ、nameのネックレス
まじで、かなり、感動してます。お手紙音信不通から一気にこんなバースデープレゼントもらえて・・・期待以上で・・・どう表現していいかも分からない。早く付けたところ和君に見せたいけど、まだ痩せてないから見せれない

この日は、ママとモモと初のJAZZミニコンサートに行ってきた生音ですごく良かったの!caffe モーツアルトっていうお洒落なカフェで行われて。待ち時間はモモとその空間で、もし自分の家だったら何をどこに置いて・・・なんてこと話して、盛り上がってたコンサートが終わってから、いざ、トウヤ シヅクへ・・・
櫻井さんがカウンターに立ってた。美味しい料理にお酒に、大好きな親友とゆっくりお喋り最高だったいいって言ってたのに、ももからのサプライズもあってバラの蝋燭と、それを浮かべる入れ物・・・かわいくて特別な日じゃないと使えないよそれから手紙・・・これがかなり嬉しかった本当のこと言うと、和君の手紙では泣いてないけど、モモの手紙呼んで、嬉しくて感動して、泣いちゃったんだ。すごくすごく大切な手紙だよ。すごくすごく大切な親友だよ、モモは。あらためて感じた。
そのほかにも、会社の子から、大好きなウディ・アレンのDVD
斉藤さんから、アジアン系の首飾りと手作りの抹茶のロールケーキ&セサミクッキー
ウッチーは一週間くらい前に、ご飯ご馳走してくれて、赤い手帳くれた
ママからはi Book 2万でもらった
和君がいない代わりなのか、久々に幸せいっぱい感じた誕生日でした

地元友達 

2006年09月18日(月) 3時35分
和くん、昨日ね、飛鳥の結婚式だった。前日、飛鳥の家や 直志の家や 阿部ちゃんの家にお邪魔してきた。みんなの家には ちゃんとお父さんとお母さんが揃って出迎えてくれて、ご飯やお酒でもてなしてくれて・・・。私の家ではそんな事できないなって改めて思った。尊敬できる父親も、友達をもてなす家も無くて。自分が恥ずかしい気持ちだった。結婚式に出席して、大勢の友達に祝福される飛鳥がうらやましいと思った。同時に私もその友達の一人である事を嬉しく思った。念入りに計画した二次会は、そんな友達のおかげで盛り上がって大成功だった。色んな人に、幹事 お疲れ様って言ってもらえたんだ。一気にイベントが終わってしまって、家に帰ると やっぱ寂しくなった。

あらためて 

2006年08月15日(火) 3時30分
和くんが、うるさく言われなくていいって言ってたけど、私は和くんのこと 尊敬してる事の方が多いよ。口には出さないけど。和君に言われた事は、いつも考えさせられるし、成長できることだし、感謝してる。だから私も和君の為になりたいと思って、言ってるつもりなんだ。心配もあるけど、私が言ったことで、考えも広がるかな?とかね。でも結局和君の助言にはなってないんだよね。少し悲しいけど、和君は和君なりに もう考えててさ。自分の道、どんどん進んでいってて、増すます置いてかれていく様な気がするよ。一緒に時を過ごしていきたいのに。私はまだ、ここにいる。和君がいなくなって、マイナス1のままだ。

アイドルに恋をする 

2006年08月12日(土) 1時06分
山下君に恋する気持ち。愛おしいと想う気持ち。それがなんなのか分かってきたような気がする...。ただ単にアイドルに恋してるわけじゃなくて、あたしが惹かれたのは、「アキラのノブタに対する好きな気持ち」なんだと思う。「ノブタを自分だけのものにしたい....本当は誰かに見られるのも嫌なんだ」っていうアキラの気持ち。そのシーン思い出すと胸が苦しくなる。そんなふうに自分も誰かに想われたい。大切されたいって。愛されたいって。

新たな一歩 

2006年07月08日(土) 18時52分
先週の土曜日、溜まっていた仕事を片付ける為に休日出勤。
事務所で一人。
和君の声がたまらなく聞きたくなって電話した。いつまでたっても気持ちが聞けない事で、不安でいっぱいになった感情をぶつけたのは二度目だと思う。電話を中断して、メールでやりとりした。正直に、和くんの気持ちを知りたいと入れた。私を想う気持ちに自信がなく逃げてるんじゃないか、と...。返ってきたのは私がずっと聞きたかった言葉だったよ −今でも好き−
いつの間にか私は和君を信じてあげれなくなってたんだね 二人の中で1番大切な事だったね
もう迷わない。私は和くんに必ず会いに行くから

強さに慣れる 

2006年06月30日(金) 20時52分
自分の弱さを、和君以外の男には、見せないようにする。、信頼してるのも、必要としてるのも、私には和くんだけだし、和くんにだけ甘えられればいいんだから。他人に自分の弱さは見せるものじゃない。自分がちゃんとしてないから、勝手に騙されて、傷ついたりしてるんだ。もっと強くなろう。そして、「強さに慣れる」

ごめん 

2006年06月02日(金) 20時08分
うしようもなかったの。「アッコに誕生日プレゼント送ったんだ」って聞いたとたん、ほんとにどうしようもなく私は悲しくなって。和くんが仕事で忙しいことも、郵便局が1時間待たせることも、そんな余裕がないことも、ちゃんと理解してるつもりだし、何よりも「私に」って思う気持ちが嬉しいんだから、強制させたくはないって思ってる。でも、あまりにも私と和くんの気持ちが違いすぎてて。感情が抑えられない私と、まだ悲観的になったことないと言う和くんが。優先順位って言葉を出された時、自分でもそれは理解してきたはずなのに、ちょっと解らなくなったよ。和くんの中でそんなに低い位置にいる私って一帯何なんだろう?って。だって それって彼女って言える?大切な人って言えるの?あぁ、わかんないし悲しくなってくる。...
それでも私は和くんが好きだから。好きで好きでしょうがないから。だからまた待つしかないね。そうするしかないだよね。
2007年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:dear-kazuya
読者になる
Yapme!一覧
読者になる