関口式!出会いノウハウベスト盤〜出会いに困らなくなる50の方法〜の効果とSpeed Makeup With Sprinkle of Glitter!

March 12 [Tue], 2013, 21:04
まいど!こんにちは


今日も関口式!出会いノウハウベスト盤〜出会いに困らなくなる50の方法〜レビュー特集中です(^^)
関口式!出会いノウハウベスト盤〜出会いに困らなくなる50の方法〜は全く効果無し?という噂を聴き、半信半疑でしたが…
↓↓

関口式!出会いノウハウベスト盤〜出会いに困らなくなる50の方法〜検証レビューはこちら
この教材は本物です!


花井 秀文 さんが世に放つ情報教材関口式!出会いノウハウベスト盤〜出会いに困らなくなる50の方法〜を
オリジナル特典付きでお届けしています。


※ステップは3段階。必ずリンク先をチェックして下さいね(^^)


詳細はこのページのリンクからご確認下さい。
↓↓

関口式!出会いノウハウベスト盤〜出会いに困らなくなる50の方法〜検証レビューはこちら


て事で、あとはぐうたら日記です。
読み飛ばして下さい^^;


きょうのあさごはんは筍ご飯と、ハムエッグと味噌汁

テンションが上がりますよね。



10分で完食、9時13分にマンションを出発です。



自宅そばのローソンに道草して、冷たいコーヒーをかいました。



普段通りのルーチンですから(^^)。



店舗に出勤したら、ルーチンのヤフートップラインを見てみると

恐らくこれ、TVでもやる?

↓↓

富士通研究所は、仮想環境の性能に問題がある際、その原因を特定する性能分析技術を、世界で初めて(同社による)開発した。

これまで、仮想環境で問題が発生した際、仮想環境全体の挙動を分析できるツールがなく、アプリケーション(プログラム)レベルで「なぜ」遅くなったのか、根本原因を特定するのは困難だった。

今回、仮想基盤のハイパーバイザー上で各仮想マシン(VM:Virtual Machine)のユーザープログラムの動作情報を採取することで、一元的にプログラムの挙動を分析できるようになった。

この技術により、ハイパーバイザー内の処理から VM 上の OS やユーザープログラム(業務アプリケーション)の処理までの性能を迅速・正確に分析し、挙動を把握できるようになった。

情報採取から分析までの手順は、以下の通り。

測定フェーズ:各 VM 上のユーザープログラム動作情報を、格 VM 上ではなく、VM の切替え処理を活用してハイパーバイザー上で一元採取する。

マップ情報生成フェーズ:測定フェーズで採取したデータを、アプリケーション名や処理関数名などのシンボル名に変換するマップ情報を各 VM 上で作成する。

分析フェーズ:測定フェーズで採取した各 VM 上のユーザープログラムの動作情報と、マップ情報生成フェーズで生成したマップ情報とを照合し、各 VM 上の動作プログラムの実行内訳を、ハイパーバイザーの時間軸で一元分析する。

ハイパーバイザーにこの機能を組み込み、一元的にデータを採取して分析するだけで、各 VM 上の OS やアプリケーションを変更せずに、ブラックボックス化している仮想環境の性能分析を行い、可視化できるようになる。複雑化した仮想環境でも正確な実体を把握できる。

この技術は、4月から、富士通 Linux 技術支援サービスで利用される予定。
(この記事はjapan.internet.comから引用させて頂きました)



・・・どうりで。

興味ないな(笑)



では本題、本日の作業予約。

目標はステップメールアフィリエイトに13時間と、ヤフオクに1時間。



社員が居るから予定通り進むでしょう。



稼がねば、母ちゃんに叱られる・・・



稼ぐのであれば、これかも

↓↓





あちゃちゃ全く関係無い?

ドンマイ!



さーて今日の晩御飯は何しよ?


ハンバーグか海老炒飯が今日こそ食べたいぜ(^^ゞ



では今度の記事更新は今日の夜でしょう。

ということで、一旦さようなら。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:deainouhau
読者になる
2013年03月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる