風俗違い 

November 29 [Sun], 2009, 17:18
先日、風俗関係の記事をあさっていた際に発見した記事↓

江戸時代の装束に身を包んだ住民らが旧中山道を練り歩く恒例の「妻籠宿文化文政風俗絵巻之行列」が23日、木曽郡南木曽町の妻籠宿であった。木曽馬に乗った花嫁や愛らしい子どもも行列に加わり、集まった写真愛好家らが旧街道を埋めた。

 行列には総勢約170人が参加し、野菜を積んだ台車を引く農民や虚無僧、侍などになりきって雰囲気を盛り上げた。政権交代を「民主党革命平成維新」といった言葉で表現し、新型インフルエンザ流行についても伝える「瓦版」が配られた。

 花嫁役を務めた地元の保育士、加藤亜沙美さん(23)は取り囲んだアマチュアカメラマンに笑顔を振りまき、「すてきな衣装を着させていただいてうれしい。馬の背中からの景色が良かった」。愛知県小牧市から写真クラブの仲間10人余と来た主婦の田中瑛子さん(71)は「きれいな花嫁さんでいい写真が撮れました」と満足そうだった。

 本陣前などでは、同町と交流提携を結ぶ愛知県長久手町に伝わる同県無形民俗文化財「棒の手」が初めて披露された。南木曽町蘭(あららぎ)に伝わる踊り「さいとろさし」もあった。

 行列は、1968(昭和43)年に発足した地元住民による「妻籠を愛する会」の活動とともに続いており、今回で42回目。

(提供:信濃毎日新聞)

風俗違いでした・・・。
P R
2009年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
月別アーカイブ