DIABOLOS 

December 16 [Fri], 2011, 0:11
怖い夢の続き涙を拭い
振り返る斑な灰 時に消え
誰かの生き方を歩き 鵜呑みに飲み込んだ幻想
見せられないまま風化を辿る狭い扉
Blue Velvet綺麗なまま
忘れたい君は死の海を渡り
Blue Velvet綺麗だから
触れれば触れるほど
傷は微笑みさえ奪う
絶景に群がる不可抗力に終わる
知っていただろ?
「この世界は残酷だ」
死に物狂い奪い合う日々我が物顔馴れ合い差し出したのは何?
夢が覚めない迷う
鸚鵡を抱いて乾涸びる風に佇む眠い愛に殺されそう
さあ行こう猿が踊る裸体の塔誘惑の舌手招く本能に飼われるままに腐乱心襲う
時雨後々灰これ見よがしに下を見下ろす
ここまで降ろせ
悪趣味な真っ赤な血ほら野原の風
心に水を差し芽生える蕾が…また踏みにじられ

「変わったのはお前じゃなかった、傷付けた俺が笑いながら死んでいただけ…。日々淡々と腐にふけながら、その眼もこの血さえも。さあ人間を辞めろ。」

DiscloseSacrifice
産み落とせ嗚呼
神々しい彼方は闇に独り…独り叫ぶ Charisma焼き付く浜辺へと打ち上げられる
異臭を放つ生きた証は太陽に喰われ朽ちる道
Blue Velvet綺麗なまま忘れたい君は死の海を渡り
Blue Velvet綺麗だから触れれば触れるほどこの胸を壊し
Blue Velvet愚かな嘘でも良い ただ少し愛したい
虚ろな眼を空に向けて
明日を見つけて笑う昨日の手首が…離さない
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:RED SOIL
  • アイコン画像 誕生日:1990年
  • アイコン画像 血液型:AB型
読者になる
心で触れて様々に感じれる音
それが俺らの出してる全てだ。
わからない奴はわからない
一生目の前の世界をみながら
死ぬ事の方が自然だ。
此処は深い
何処までも深い感覚だ。
俺らを信じた人間に是非触れさせてやりたい
それが今の俺に出来る最高の愛情だと思ってる。
 
だから…
 
俺は…
 
叫び続ける。
2007 2.13 京 
参戦済み
DIR EN GREY TOUR09 FEAST OF V SENSES 3/2 米子ベリエ
2011年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Yapme!一覧
読者になる