っこの、バカッ!

May 10 [Sat], 2014, 0:00
被害のある場所と、ない場所の差が激しいのだ。
マスタ―はいつもと同じように手短な挨拶をし、「2人、もう来てるぞ」
と咥え煙草を奥に向けた。
それでは失礼しますって言って、僕は回線切断のボタンをクリックする。
仕事を終えた俺は祝うべく、BCBGの玄関をくぐる。
不安を煽るような報道ばかりではなく、希望が湧くような情報を流していたっていいじゃないかこのツイート、マスメディアに届け。

「っこの、バカッ!」
助けに来てくれた近藤の伯父さんが俺の顔を見て、「熊にでも遭ったのかい?」

そうではなくて、彼は両手で抱えられそうに大きな白い袋を僕に渡そうとしてくる。
氷たくさん買って帰るねではまた、つぶやきか超超イケてるメンバー、または動画などでお逢いしましょう。

あ!こっちにも!

May 08 [Thu], 2014, 0:00
「でね、今日はお笑いライブってことで僕今ここにいさせてもらってるんだけどね。
そいつときたら素手で私の肩に触れてな、あんなに楽な食事はなかった」

寺元「あ!こっちにも!」

大の大人が両の手を結んで作った輪ほどの大きさです。
見た目も声も子供なのに、どうしてこう大人びたことを言うのだろう。
見上げると、月が少しぼやけて見える続く深夜僕はスタッガリ邸の堀を乗り越える。
「もっと重要な大問題があるだろ」

私はあたふたと「え?だって」
を何度も言い、混乱を隠せない。
あの茶髪のお兄さんがくれた白い大袋、やすらぎの家に置いてきちゃった。
「あんたなにやってんの早く来なさいよ」
「やだよ眠いもん」
「せっかく誘ってやってんのに?」

とにかく面接を受けたいから、今から店に来るってさ

May 04 [Sun], 2014, 0:00
「で、これが俺で、これがあんただ」
「美人に描いてくれて、嬉しい」

由衣「なんて言ってきたの?」
マスタ「とにかく面接を受けたいから、今から店に来るってさ」

自分にできる作業を現地で見つけますよ、でいい要は行きたい気持ちがあって、尚且つ現実的に出発が可能かどうかだけだ。
洋酒のロゴで縁取られた鏡や外国の古いポスタたちが壁を飾っている。
とか妙なこだわりをやたら強く主張する奴がいるが、俺から言わせればそんなのどっちでもいい。
「ちょ、やだなあんな奴、別にどうとも思ってなんか…」

でもまあ僕と最初の取り引きしちゃってるから彼の来世は小動物に決定なんだけどね。
2階の部屋で着替え、あたしは居間でテレビのスイッチを入れようとリモコンを持ち上げた。
「そうか!」
女王が嬉しそうに表情を明るくします。

あたし、これで失礼しますね

April 30 [Wed], 2014, 20:01
相沢ひとみが神埼竜平にぶつかり、足早に退場。
どちらともなく譲り合ったけど、結局は僕がその場を逃げるようにして去った。
「二つ目そこまで怒ってくれるならそろそろ私を名前で呼んでくれてもいいんじゃないのかね?。
有事の際、避難するには遠すぎた。
あたしはもう焦るのをやめたチョコを渡すのを諦めたら、気が楽になった。
このハガキはあとでポストに投函しておこう「あなたに降りかかった面白ハプニング」
のコーナーに採用されるかなあ。
俺的には非常に困るつまり、お前ら的には助かるだから、えっと、つまりね?。
由衣「いえ!とんでもありません!」

優美「あたし、これで失礼しますね…あたしバイトでもしようお父さんには夢に向かってってもらわなきゃ」

「さあ、扉を開きましょう」
長かった階段がようやく終わり、レビトが扉の前に立つ。

そのうち勝手に目を覚ますよ

April 25 [Fri], 2014, 15:23
遠く、学校の外にタクシーが止まっていて、見慣れたユニフォームが代金を支払っているのが見えた。
二人が果てた後、何者かにそのような体勢に寝かせられたのか。
それは種族繁栄のためを思ってするのでは当然なくて、もっと個人的な感情によるものだ。
秋燈「顔が笑ってるのはなんでですか?あと、団長は親でも兄弟でもありません」

しかし目黒の耳には届いていなかった「たまたまとはいえ、あなたに頼んでよかった」

「また何か考え事してたの?ダメよ?ちゃんと前を見ないと」
「あ、はい、すみませんでした!」

「そのうち勝手に目を覚ますよ」
春樹くんはそう言って笑っていたけど。
「はあ」
「お姉ちゃん、早くお話して!」

駅員との問答を終え、由衣は大地と並んでホムに立っていた。

そこで男は4つのモモを・・・

February 10 [Mon], 2014, 2:14
今日でZONEが解散してから丸4年が経過した夜あっという間で早く感じる夜。
その中でも、僕が特に痛いのは、『美容院を変えること』。
「レ・メカニック・サヴァント(博識な機械)」
で、ディーゼルエンジンを動力とした機械アート。
つか、普通に盛り上がったわ〜♪俺がなんかたのしーってはっちゃけてたしね(笑)。
教授「1200万くらいかな」
なので、ほとんど化粧もせずのっぺり状態で行きました。
洋菓子の方を見てみると、すげぇ人ふらふらふらふら。
今日の夜ご飯は鍋でしたわーい(嬉しい顔)昨日私が、鍋食べたいハートって言ったら、作ってくれたわーい(嬉しい顔)。
それと、質問消さないでやるね〜自分の名前がでて、気になるからテンプレ欲しいってなって。
男は一目散にドコモコーナーへ向かいました。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:黒田
読者になる
2014年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/ddwdbjpk/index1_0.rdf