ガルバリウム鋼板って?

March 22 [Fri], 2013, 20:58
今やかなり有名になった金属屋根材料、ガルバリウム鋼板。その錆びにくい
メッキの層は、どうなっているのか? 

亜鉛メッキ鋼板(トタン)は、亜鉛イオンが、メッキ層に含まれる鉄イオン
よりもイオン化傾向が大きいため、水中、雨水の環境においては、鉄イオン
よりも先に亜鉛イオンが溶け出すことで、基盤の鋼鈑である鉄を錆から
守っている。 

ガルバリウム鋼板(ジンカリウム鋼鈑も同じ)は、メッキ成分としては
純亜鉛ではなく、アルミニウムが 55%、亜鉛;43.4%、シリコン 1.6%の合金である。

アルミはいち早く酸化して、酸化アルミとなり、その表面に強固な不活性層を
形成して、メッキ層自身を更なる酸化(錆、鉄の酸化)から守る。 

亜鉛の含有量が低下することでトタン(亜鉛メッキ鋼板)のような防蝕性能
は低下するが、酸化アルミの不活性層と亜鉛の腐食部の腐食層がメッキ
金属層自身の錆を防いでくれるので、総合的に高い防食性を発揮する。


メッキ層の各金属成分の配合割合は、亜鉛の犠牲防食性能とアルミの
不動態保護性能のバランスで決まる。

このメッキ、鋼板は、1970年にベツレヘムスチール社(アメリカ)が開発したが、
実験によると、メッキの耐用年数は、海、海岸など塩害地域で、およそ15年
その他の都市部、内陸地域でおよそ25年という結果でした。

今は、ガルバリウム鋼板の寿命は、25年と言う屋根工事施工業者もいます。
日本のガルバリウム鋼板メーカーの材料保証は、10年というのが大多数である

また、ガルバリウム鋼板やジンカリウム鋼鈑は、金属材料の中では、
最も屋根修理に使われている屋根材料である。
特にガルバリウム鋼板。 ジンカリウム鋼板は、自然石粒化粧鋼鈑とか
Stone Coarted Streel Roofingとかの名前がある。

******  我が3畳の書斎
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ddoorryy
読者になる
2013年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ddoorryy/index1_0.rdf