521:謎のミサイル・・・?

December 04 [Sat], 2010, 21:56
全くアメ公は、とか陰謀とかミステリーとか好きだよなぁ日本だと地震雲、って言われそうだけど。今回のは明らかに航空便の飛行機雲だったらしい。てか、その尻馬にの教授が乗るってのはイタダケナイ。口語はツラいの打ち上げてないカリフォルニア湾に打ち上げられた謎のミサイルは航空便の飛行機の可能性、とは語るニュース放送用のヘリコプターが追跡した空に浮かんだ謎の光線は、便のルートを辿っていたテレビのクルーが搭乗したヘリコプターが、カリフォルニア湾の南側で夕焼けの空にグングン伸びる光の筋を発見した。これに驚いた専門家やアマチュア連中は、謎のミサイルと名付けた。何者かのテロ行為に狼狽しただけで、その飛行物体は単なる通常の旅客機である、とや一部の専門家達は語る。明らかに航空便の飛行機雲だヴァージニア州にあるの会長は語る。視覚情報を基には、この光の線はロケットのものというよりは旅客便の飛行機雲に近い形状をしていると語る。湾岸域にはいかなる攻撃の痕跡も見からなかったどこにも飛行機がないところならば、驚きの発見だったんだが。宇宙人が青いクジラでも見せたたんじゃねは皮肉混じりに語る。もしくは、神様の指先がの上空に現れたとか。この旅客機という説明は飛行機雲の科学飛行機が観察者と水平に飛行した場合に観察できるに基づいた考え方で、ロケットが垂直に飛行した場合にも似たようなものが見られる。ウェブサイトやその他の文献などでは、その正体がうすうす感じ取れるのではないだろうか発行き便がそれだ。ニュースのヘリコプターが発見したのは偶然そのフライトを見たもので、空に水平飛行する際の目に見える飛行機雲が現れたに過ぎない。通常の飛行便は到着地に向けて一直線に飛行するものであり、また通常は日暮れ時などには直接目視できる状態では飛行していないは語る。確かに普通の状態ではないが、そんなにおかしな事でもない数多くの写真撮影もあり、飛行機雲に関する科学的説明無しでもそういったことが言える、と彼は付け加える。単純な説明はまた軍への問い合わせでも認められる。もしミサイル計画的なものや事故、国外国内を問わずが発射された場合、その内容問い合わせを行うことは出来る。で、合衆国国防省広報部長はの公式見解として、に月曜日夕刻に発生したカリフォルニア湾南部地域における一条の雲は、旅客機による飛行機雲以外の何者であるという証拠は一切ないことが示されたと説明している。しかし、マサチューセッツ工科大学で国際防衛技術科学の教授は、これに同意していない。彼がで記したところに夜と、は飛行機であるという主張の根拠となった詳細情報を公開していないと指摘する。彼らの活動の一として国内上空の監視というものがあり、また彼らは自身の結論に納得のいくようなデータ解析をしている必要があるは謎の光線雲の写真が、固形燃料ミサイルの打ち上げ写真が非常に良くている点にいて指摘する。私は、この点を考察にどうも納得がいかない彼は語る、とはいえ考え方によってはその通りで、は今回の観察された事件にいて嘘偽りをいているわけでもなさそうだ。より引用
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ddlxbgjxoz
読者になる
2010年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ddlxbgjxoz/index1_0.rdf