オリジナルなうまさを求めて

April 01 [Sun], 2012, 12:04
オリジナルなうまさを求めて、いろいろな海山の幸を鮫子の皮に包んでみたそうだが、しそとくるみ餃子(400円)とが生き残った。
店名は「世界に通じる日本の味」をめざしたからという。
脱サラ後の若き日、米国放浪でつちかった英会話と人脈が生き、外国人のお得意さんも多い。
壁いっぱいを埋めたマンガの本棚の一角には外書コーナーもあり、店内が国際餃子パーティーの会場になることもしばしば。
味に関する雄弁にひきかえ、自身の経歴を語る口は少々重い。
実はこの人、早稲田の文科を出て大手スーパーに入社、新規開店のプラニングを手掛けるエリートサラリーマンだったそうだ。
「前身?味とは関係ないですよ」と笑った。
肉のうまみがズシッ。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ぎょうこ
読者になる
2012年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/ddgvssd/index1_0.rdf