女の子 

February 14 [Thu], 2008, 3:06
明日はバレンタインデー。
素敵な誕生日のお祝いをいただいたおかえしにと、
すごく気合いが入る。

今日は買い出しに渋谷まで行ったけれど、
どこへいっても女性、女性、女性。。。

私のバレンタインの計画はというと、
アメリを見ながらディナーを食べて、
そのあとに、デザートにルクルーゼのココットに入れたクリームブリュレと、
それからチョコレートシフォンケーキをプレゼントすること。

ふた品も作らなきゃ行けないから
明日は大忙しだ♡

塵も積もれば。 

February 01 [Fri], 2008, 1:30
今日、卒論を提出してきた。
終わった後の安堵感・・・
それよりは虚無感。

その後ゼミの追いコンに参加したが、
あまり思うところもなく、ただただ虚無感。

楽しいけれど、長続きすることないってわかってるから、
どうしようもないむなしさが付きまとってしまう。

夢を見ているときに、夢だとわかっているのにおきれない状態と少し似ていると思う。


塵も積もれば山となる。

そういうことわざがあるが、
私たちのゼミには、ほんとにいろいろな塵がつもったものだ。
どうしても好きになれなかったこともあったし、
まだわだかまりもあるけれど、
そんなことも含めていいゼミだったなと今は思える。

少し横目でこっちを気にしてるあの子とか、
よっぱらってしなだれるその子とか、
少ししこりを残しながら、でもにぎやかに終わった追いコンパだった。

今日から一歩。 

January 29 [Tue], 2008, 21:27

毎日ひときじずつでも書き溜めてみようか、私の日記。
同じ会社の先輩 (to be)の日記を拝見したことが大きい。
そして、自分の心の不安定な部分、人に依存してしまう部分を
緩和していくツールになるかと思ったからだ。

今日から書き始める上で、ルールを決めて生きたいと思う。
@できるだけ毎日書く
→習慣化する
A自己満足な文は書かない
B文章の精度をあげる

そんなこんなで少しずつ書き溜めていこうか、私の日記。

here we are marble 

November 08 [Thu], 2007, 10:52
きのう、here we are marbleという名の、カフェにいってきました♡
高円寺にあるカフェで、前回いったときに、そのあまりの雰囲気のよさと
ご飯&スウィーツの美味しさにときめいてしまったところ♪

久しぶりに夜カフェしました。
代々木上原に住んでたときは夜カフェしてたけど、
今は住宅街だし、近くにいいと思えるカフェないし。
夜カフェは好きです。その次にすきなのが朝カフェ
カフェの朝メニューって美味しいww

marbleカフェは高円寺の駅から歩こうとすると結構距離があるので、
今回はらくちん。路駐でドアトゥードア(笑)

夜の10時だというのに、席の8割は地元の高円寺ピープルで埋まってて、
眠気を少し覚えながらも、ゆったりぬくぬく話すのに最適ですた。
アーモンドキャラメルチャイを頼んで、ほっと一息。

いろいろ話せてよかったなぁ。
自分の悪いところ、いいところ、わかったし。
少しずつなおしてきたいです。

週末はママがきます。
一緒に銀ぶらする予定です☆

Be optimistic.
Be appreciative.
Be lieve.

ひさしぶりに。 

June 27 [Tue], 2006, 0:12
ブログ更新してみる。

まだみてるひと、いるのかな?いないだろうなぁw

とりあえず、こちらにはもっとずっと感情的なことをかいてこーと。

ウェットな部分?

眠れない夜の処理しきれない感情の余剰を、ここで消費して。




最近、恋と愛の違いとはなんぞやと考えてみた。

ある美術館で目にしたフレーズ

「愛とはお互いの瞳の中に見入ることではなく、

隣に立って、同じ方向を見据えることだ」



恋しているとき、私たちはあまりにも甘い魔法にかかっていて、

二人はひとつだと、

もしくは、いつかはひとつになれると信じてる。

世界は自分たちを軸にまわってて、

二人はお互いのすべてを知ったきになる。

だけど、そうではない、ということにふとしたきっかけできづいて、

少しの誤解とか、

ほんのちょっとのすれ違い。

そこで、二人は全く違うバックグラウンドをもった、

全くの他人だっていう残酷な真実に気づいてしまう。

いくら言葉を交わしても、体を重ねても、時をつむいでも、

二人は二人のままなのだ。



それは相手に対する想いが磨耗したわけでもなく、

魔法がとけたというわけではなく、

ただもともとの大前提としてそこに存在してた事実そのまま。




愛というのは、その大前提を踏まえたうえで、

お互いがまぎれもない他人だということを受け入れた上で

それでも好きだと思える、ということで、

それが隣にたって、同じ方向を見据える、って言う部分の大意

なんじゃないかと思った。




恋がさめて、愛にかわる瞬間、

人は絶望感を感じるわけで。

でもそれでも相手を必要とすること

その感情にまだあたしはいたったことがない。



恋はしていたいけれど、

愛はよくわからない。

恋する気持ちは大好きだけれど、

愛というのはぴんとこない。



なによりも、言葉なんてなければいいのに。

そしたら誤解なんてないのに。




そう思ってみた。

代官山。 

March 28 [Tue], 2006, 21:26
スウェーデン人をつれて、代官山までいってきた。
フィッシュ&デリというところにいってみたくて、
そして実は密かに知り合いの先輩の経営してるお店なことがわかった☆
実は今のパートナーがお魚しか食べられないベジタリアンだから、
雑誌でみていつかつれてったげたいなと思ってたところ。
かわいかった(*v∀v)

なんか、ちいさいころの喘息がぶり返してきたかんじ。
それともただの風邪?

花粉症でのどっていがいがしないよね?(/□≦、)

なんかね、振り向いてって思っても王子様はいっちゃうし
どんなにみつめてもその視線はからむことはない。
メールがほしくっても自分から何をすることもできなくて息詰まってる
こんな季節なのに、別れは近くて、
いかないでっていってみても
タイミングがよくないことを誰も否定できなくて。

だからってなんだろ。
行動をおこすのがこわくてばかみたいに一人でぐるぐるしてる。
甘い余韻にひたっても
時間はたってしまう
カーテンはおりてしまう

でもそれじゃいやで
あたしはどっちにむいたらいいのかわかんないよ。

さんかくけい 

December 17 [Sat], 2005, 9:57
一番バランスがとれる形が
さんかくけいだと
小学生のときに聞いたけれど

人との関係においては、
ほんとにそうなのかなと
最近自問自答

わたしはバランス要因で
終わりたくないから、
ここからぬけだそうとおもう

だって意思の無いあたしなんて
あたしらしくないじゃない

もっともらしい言い訳をくわえられて
だまされるているふりをしている
私の優柔不断さを
私はのろっている

きっと明日を見据えたら
もっといい人が現れるって
そんな希望もまんざらじゃないけど

あたしは今この一瞬を生きてて、
この一瞬を感じ取っているだけの
生き物だから
どうしようもなく不安になってしまう

恋の罠☆ 

December 16 [Fri], 2005, 0:00
「ほんとは、全部しってるんだから」

「はっきりさせてよ」

どのせりふもメロドラマで見聞きしたものばかり。

女の子の恋に対する気持ちをつづった歌を歌う
Dorlisという人の曲は、歌詞がすごく好き。
貪欲で、狡猾で、でもきらきら輝いている感情は女の子なら誰しもが抱くもの。
小悪魔なんていうけど、小悪魔なんていないんじゃない?
女の子には天使と悪魔が共存しているのだ。

女の子はどうして恋に落ちるとかわいくなるのか。
タケモト野薔薇はそれは、女の子に内なる鏡があるかららしい。
それは普段はくもりがちなんだけど、恋愛中はぴかぴかに磨きがかかる。
「あたしってこんなひどい顔してたの?!」
「こんなに太ってたっけ?」と鏡をみて実感することから始まる。
恋をするとやじるしは外に、そして自分にも向くのが女の子なのだ。

男の子はこの鏡がないらしい。
だから他人からの助言でかっこよくなることはあっても、
恋愛をしてかっこよくなることはないそうです。

話はずれたけど、女の子は天使と悪魔を共存させられるのです。
世の男性諸君、ご注意あれ☆

それにしても、自分がこんな状況におちいると思わなかった。

きみじゃなきゃ 

December 09 [Fri], 2005, 13:46
君じゃなきゃいけないわけじゃない。
すべてをここに残して
振り切って走りだせると思ったときにかぎって
メールが来たりする。

やっぱり君じゃなきゃ。

ごめん、 

December 08 [Thu], 2005, 0:19
昨日ゆってたこと、取り消し。

マインドゲーム復活。
P R
2008年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29
MyClip
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ddekuma
読者になる
Yapme!一覧
読者になる