グローバル時代に武器になるのはやはり知恵 広い視野を持って投資したい / 2010年03月31日(水)
■グローバルな知恵の時代

 あのマイクロソフトの創業者、ビル・ゲイツ氏が今度は東芝と組んで原子力発電に挑戦するらしい。いよいよ本格的なグローバルな時代の始まりである。

 これまではグローバル化とは言っても、外国で工場を作って外国で売るとか、日本から外国株や投信を買うとか、主としてモノ、カネ、技術の国際的な移動が主だったが、いよいよ「知恵」と「技術」そして個人の「資金」が本格的に組むというグローバル本番の動きになってきたようだ。

「知恵」とは本来最も価値があるはずなのだが、なかなか計量化するのが難しい。そのためとかく日本では知恵は評価されがたく、「手で触れ、目で見ることができる」といったものには対価を喜んで払うのに、ヒトの知恵やプロのサービスなどに対する評価が、他の国に比べて低く評価されがちとなっている。

 もともと日本も戦後しばらくの間は「もの真似」からスタートし、そのため日本の輸出品も「安かろう、悪かろう」というのが世界の評判だった。しかしその後、ものまねで得た知識を知恵にかえることで、いつの間にか日本の工業製品は世界でいちばん品質が高いという評判を得ていったのである。

 ところがものまねからスタートしたためか「知恵」に対するガードが甘くなっていたり、いまやコピー商品を作らせたら本物よりすごいと言われている中国が、いかに知恵にたけているかを忘れていた。

 金型をはじめ日本の誇る技術や知恵が、グローバル化の波のなかで次々と中国に移転されていった結果、あろうことか「もの作り」ではこれまで世界一を誇っていた工作機械の生産が、ついに中国に抜かれドイツにも後塵を拝して3位になってしまった。

「いつまでもあると思うな親とカネ」ではないが、油断しているとトップの座も同様に必ず抜かれてしまうのである。

■自分に投資してみては

 その日本の落ち目を象徴するかのように、このところ外国の株に投資する動きが加速しているようだ。

 いよいよ日本の市場も投資家に見放されはじめたかと思うとさびしい気にもなるが、いまやグローバルな時代なのだから「知恵」の働かせ場所はいくらでもある。

 法人税をいつまでも世界で最も高いままにして放ったらかしている知恵のない国だから、せめてカネだけは「知恵」を働かせる国へと投資するのも投資家の「知恵」だろう。

 残念ながらまだ国内の政争しか眼中にない日本の政府には「知恵」が足りないし、いまの民主党ではないものねだりかも知れない。

 一方で「まだ日本は大丈夫」と、根拠のない楽観にすがっている知恵の足りない国民が多いのも事実だ。しかしグローバル化は日本の国民の意識などとは関係なく進む。日産がダイムラーベンツと組んだり、東芝がビル・ゲイツ氏と組んだりと、それなりに「知恵」を出して頑張っている企業も多い。

 いまは日本にこだわっているよりも、もっと視野を広くして「知恵」を働かす時だし、また「知恵」のある日本の企業を応援する時だ。それには経営者の資質を見ることだろう。

 日本電産の永守さん、東芝の西田さん、それにユニクロの柳井さん、信越化学の金川さんなど優れた経営者がいることを考えると、まだまだ日本も捨てたものではない。

■英語ぐらいは身につけよ

 ところでこれまでハーバード大学を卒業した日本人は何人いるか、ご存知だろうか。明治以来約3000人だそうだ。ところが今年の新入生はたった一人とか。

 目先でちょろちょろ小遣い稼ぎをするのも結構だが、若いヒトには時間という何よりの味方がある。この際自分に投資して自分の値段を高くすることを考えてみてはどうだろう。いまの日本には外向きの人間が少ないだけに、逆張りのチャンスと思えるのだが、グローバルな時代にはやはり英語ぐらいは身につけておかなければ、大きな知恵は出てこないだろう。

【3月28日17時0分配信 MONEYzine
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100328-00000002-sh_mon-bus_all
 
   
Posted at 02:31/ この記事のURL
JICA、新生ネパールの国づくり支援:「成長と開発セミナー」 / 2010年03月31日(水)
 2008年に240年近く続いた王制を廃し、連邦制への移行を宣言したネパールの制憲議会(国会)議員と政府職員24人から成る一行が1日、国際協力機構(JICA)が実施する「成長と開発セミナー」に参加するため、訪日した。

 ネパールでは、1990年代後半から約10年間にわたるマオイスト(ネパール共産党毛沢東主義派)と政府の間の国内紛争(人民戦争)で、約1万3千人の命が失われた。しかし06年11月、国王の専制政治に反発する新政権とマオイストの間で包括的和平合意が成立し、紛争は終結した。08年4月に制憲議会選挙が実施され、同議会議員によって現在、新しい憲法の制定作業が進められている。

 JICAはこうしたネパールの歴史的転換期に対応して、制憲議会議員を主な対象とした「成長と開発セミナー」を実施している。09年8月の第1回セミナーに続き、今回は第2回セミナーを実施した。このセミナーは、必ずしも政治家としての経験が豊富とはいえない制憲議会議員に対して、ネパールの「成長と開発」のため、「国のリーダーたちが持つべき視点とは何か」を考える素材を提供し、議員たちの「気づき」を促すことを目的としている。「成長と開発」は、いかなる政党が政権を担おうとも、ないがしろにはできない重要課題であるが、さまざまな政治問題を巡る対立から、ネパールでこの課題についてじっくりと議論することが難しいという背景があった。そこで、多様な政党の議員を一堂に集め、共に集中して議論を行う場をJICAが提供することも、このセミナーのポイントである。

 制憲議会議員19人と財務省、国家計画委員会、制憲議会事務局職員4人の計23人が参加したセミナーは、日本、ベトナム、ネパールの3カ所で開催される3部構成になっている。第1部となる日本では、日本や中華人民共和国、インドなど他国の事例や貿易政策、産業政策など「成長と開発」の鍵となる政策について講義を行った。国会議員としての経験が浅い参加者も、できるだけ具体的なイメージを持って国の発展にかかわる教訓を理解してもらえるよう、他国の事例を多く紹介した。

 第2部となる7日からのベトナムでのセミナーは、参加者に国の発展プロセスをより身近に感じてもらう機会となった。今日のベトナムの経済発展の原動力となった「ドイモイ政策」を推進したベトナム・アジア大洋州経済センターのヴォ・ダイ・ルーク所長の講義は、「政策の大転換の必要性を周囲に説くにあたっては、最初に保守的なリーダーたちの理解を得ることに注力した。保守的な人が納得して改革を進めれば、官民も付いてくる」、「他の国がどのような政策をとっているかをリーダーたちに客観的に紹介するため、関係する文献のベトナム語化を積極的に進めた」など、自らの体験を基にした説得力のあるもので、参加者も真剣に聞き入っていた。また、ハイズン省の農業灌漑プロジェクトを視察した際、参加者は農民の組織化や水利権など、プロジェクトについて細かく質問し、ネパールの現状と比較して参考にできる点があるかを熱心に検討していた。

 ネパールに帰国後のセミナー第3部では、12日に帰国報告や総括セッションを行い、修了証授与をもって2週間にわたるセミナーは幕を閉じた。今回の体験が、彼らが「成長と開発」について具体的な戦略を策定する際のヒントとなり、今後のネパールに大きな変化をもたらすことが期待される。

 なお、ネパールに対するJICAの民主化・平和構築支援としては、選挙管理委員会の人材育成やコミュニティ内における調停能力強化、民法案起草に対する支援を実施中。また、ラジオ局の体制強化を中心としたメディア支援も計画中である。(10年3月26日、JICAトピックスから)

03/29/2010 3月30日8時0分配信 インド新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100330-00000006-indonews-int
 
   
Posted at 02:30/ この記事のURL
鳩山内閣は「学級崩壊」 自民党やTBSに笑われる / 2010年03月31日(水)
 米軍普天間基地の移設問題や郵政改革法案をめぐり、閣内のバラバラと不一致が拡大している。「3月末」としていた政府案をまとめる期限を鳩山首相が覆したほか、郵政事業の見直し法案についても、亀井郵政・金融担当相と他の閣僚との溝は深まる一方だ。野党やメディアからは、「学級崩壊」という、ありがたくない命名すら出始めている。

 郵政問題をめぐっては、2010年3月28日朝放送のテレビ朝日系「サンデー・プロジェクト」最終回で披露された亀井静香郵政・金融担当相と菅直人財務相とのやり取りが、2人の溝の深さを象徴している。

■「数字は聞いてませんって」

 預け入れ限度額を2000万円に引き上げるという「数字」を聞いていないと主張する菅氏に対して、亀井氏は「電話で言ったでしょ」と反発。菅氏は「数字は聞いてませんって」と言い返し、スタジオには険悪な雰囲気がただよった。

 週明けも状況は大きくは変わらず、3月29日の参院決算委員会の場で、菅氏は

  「亀井大臣と原口大臣が、発表される前の日の夕方に、確かに電話をいただきましたけど、消費税に関することとか、数字に関することは特にありませんで…」
  「当然、そういう(数字を含めた)中身の了解ということであれば少なくとも、文書を事務方を通していただかなければ、というのが多分常識的なことなのではないでしょうか」

と亀井氏を間接的に批判した。

 仙谷由人国家戦略相も、3月30日、「経済運営の基本的方針を預かる立場だが、まったく議論なしに法案が作られるのは想像できないから申し上げている」と、反発を続けている。

■TBS系「朝ズバッ!」で「学級崩壊」特集

 閣内がバラバラなのは郵政問題だけではない。鳩山由紀夫首相は、普天間基地の移設問題について、3月26日の記者会見で、

  「交渉させていただくときに、当然ながら政府案としてひとつにまとまっていないといけない3月いっぱいをめどにしながら、政府案をまとめる努力をしている」

と、政府案をまとめる期限を3月末と明言。ところが3日後の3月29日には、

  「今月(3月)中でなければならないということは、別に法律で決まっているわけではない」

と、あっさり撤回してしまった。

 これには、カナダ中の岡田克也外相の意向が反映されているとの見方もある。実際、3月29日に行われたクリントン国務長官との会談では、岡田外相は

  「鳩山首相も、5月末までに決着させたい決意を示している。日米間でさらに議論したい」

などと伝えたとされている。

 一連のトラブルをめぐっては、野党やメディアからの批判の声も急速に高まっている。

 自民党の大島理森幹事長は、3月30日の役員会で、鳩山首相については「日替わりメニューみたいに話をしている」、内閣については「学級崩壊的な議論がされている」と酷評。

 同日朝のTBS系「朝ズバッ!」でも、菅氏と亀井氏の一連のやりとりなどを「学級崩壊」として特集した。

 一連の問題をめぐっては、3月30日の閣僚懇談会で議論が行われているが、これで事態が収束するかどうかは不透明だ。


■3月30日19時32分配信 J-CASTニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100330-00000001-jct-soci
 
   
Posted at 02:28/ この記事のURL
ゲーム開発者の“がんばるストーリー”を! CEDEC 2010の公募締め切り迫る / 2010年03月31日(水)
 「ゲーム業界は最悪の状態にあります。それでも絶対、良いゲームを作ってやるぞって思います。こんな時だからこそ、僕がんばりたい。そんな開発者の“がんばるストーリー”をCEDEC 2010でぜひ聞かせてください」──。

【詳細画像または表】

 国内外のゲーム開発者たちに熱いメッセージを送るのは、カプコン常務執行役員の稲船敬二氏だ。

 「CEDEC 2010(CESAデベロッパーズカンファレンス2010)」は、コンピュータエンターテインメント協会(CESA)が主催する日本最大のゲーム開発者向けカンファレンス。ゲーム開発に関する最新技術やビジネス情報を発表する場として2000年からスタートし、2009年は152セッション、約2600人が参加するなど、年々規模を拡大している。2010年は8月31日から9月2日まで、パシフィコ横浜で開催する予定で、前年を上回る規模での開催が見込まれている。

 そのCEDEC 2010で発表する講演者の公募締め切りが目前に迫り、ゲーム開発における新しい原動力を募る声が、業界のキーマンたちからも発せられている。

 サイバーコネクトツー代表取締役社長の松山洋氏は「(CEDECで)『話すことなんて特にないです』とか『語れるほどの技術はないです』とか思ってたら何も始まらない。ウチも毎回、無理して語ってます。自分たちを追いこんででも、きっと、伝えなきゃいけないことがそれぞれにあるんだと思っています」と、CEDECをきっかけとしたゲーム開発技術の進化に期待をかける。

 世界的な経済不況の波は、ゲーム業界にも大きな影響を与えている。「こんな時だからこそ前向きに進もうという姿勢が、次の成長の原動力になる」という意見に異論はないはずだ。公募までに残された時間はわずかだが、日本を元気にするゲーム開発者たちの登壇に期待したい。

(文/渡辺 一正)

【3月28日22時38分配信 nikkei TRENDYnet
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100328-00000000-nkbp_tren-sci
 
   
Posted at 02:26/ この記事のURL
KVMエンジニア1000人計画、レッドハットが来年度の事業戦略 / 2010年03月31日(水)
 レッドハットは3月30日、来年度に向けた事業計画の説明会を開催した。同社代表取締役社長の廣川裕司氏は「『日本中をレッドで染める』をキャッチフレーズに、クラウドや仮想化ソリューションの拡充を進める」と述べ、KVMを軸に、仮想化技術導入支援サービスなどを展開していく計画を明らかにした。

 同社は2009年9月に、Linuxカーネルに統合されている仮想化技術、KVM(Kernel-Based Virtual Machine)を搭載した「Red Hat Enterprise Linux 5.4」を出荷。続けて独立型のハイパーバイザー「Red Hat Enterprise Hypervisor」や仮想化環境管理ソフトウェア「Red Hat Enterprise Virtualization Manager for Servers」を発表し、仮想化関連製品を強化してきた。

 米国時間の3月29日には、仮想デスクトップ(VDI)をサポートした「Red Hat Enterprise Virtualization」のβ提供を開始した。これは、2008年9月に1億700万ドルで買収したベンチャー企業、Qumranet(クムラネット)の技術をベースにした製品。SPICEというリモート接続用のプロトコルによって、サーバの仮想化だけでなくデスクトップ仮想化も同一プラットフォームで行えるようにしている。また、Open Virtualization Format(OVF)のサポートにより、VMwareやXenといったほかのハイパーバイザー用の仮想マシンイメージをコンバートし、取り込むことが可能になった。

 廣川氏は、こうした仮想化/クラウドソリューションのさらなる拡充に向け、4月1日付で「クラウド・仮想化事業本部」を発足させることを明らかにした。この新事業部は営業やマーケティング、コンサルタント、サポートなど約20人で構成し、プリセールス/ポストセールス技術支援やパートナー開拓/支援、大口案件開拓などに取り組む。

 合わせて、仮想化技術導入を支援するサービスを展開。KVMの導入/管理に関するトレーニングを行う「KVMスタートアップサービス」や「仮想化技術ワークショップ」を提供するほか、KVM/Red Hat Enterprise Linuxの導入を支援する「仮想化技術導入支援サービス」、運用や移行に関するコンサルティングサービスを展開する「仮想化技術コンサルティングサービス」といったメニューを用意し、顧客支援を強化する。

 一連の施策により、「KVMでシステム構築やプロジェクトを実施できるエンジニアを1000人増やす。また、クラウドや仮想化関連の売り上げを10倍にしたい」と廣川氏は述べた。

 また、高い成長率を示しているというJBoss事業についても、クラウド戦略の中に位置付けていく方針だ。ミドルウェアも含めてクラウド構築を支援することにより、例えば「SOAを介してパブリッククラウドどうし、あるいはパブリッククラウドとプライベートクラウドとの間でビジネス連携させることが可能になると思う。こういったアプローチは、仮想化技術だけではおそらく実現できない」(同社マーケティング本部部長 中井雅也氏)。 3月30日21時2分配信 @IT
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100330-00000001-zdn_ait-sci
 
   
Posted at 02:25/ この記事のURL
ドコモ、携帯から申し込める「ワンタイム保険」 東京海上日動と提携 / 2010年03月31日(水)
 NTTドコモは3月30日、携帯電話からいつでもどこでも申し込める損保サービス「ワンタイム保険」を4月下旬に始めると発表した。スポーツや旅行など、「必要な時に必要な保険を必要な期間だけ」携帯から簡単に申し込めるとしている。

 東京海上日動火災保険と包括業務提携を結んで提供する。開始時は「スポーツ・レジャー」「ゴルファー」「国内旅行」「海外旅行」の4損保商品をそろえ、1泊2日300円から(海外旅行保険は1日980円から)契約が可能。期間も1日単位で設定できる。

 iモードの専用サイトで必要項目に入力することで申し込みが完了する。保険料は携帯電話料金と合算して請求するため、クレジットカード情報などを入力する必要もない。オートGPS機能対応端末のユーザーは、空港やゴルフ場など、ユーザーが保険ニーズのある場所を訪れるとメールで保険商品を勧めるメールを送信する機能を利用できる。

 KDDIも携帯から申し込める損保サービスに向け、あいおい損保と共同で損保会社を設立する準備を進めている。 3月31日1時28分配信 ITmedia News
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100331-00000009-zdn_n-sci
 
   
Posted at 02:23/ この記事のURL
【シュートボクシング】4・11スーバーバンタム級トーナメントに日下部竜也が参戦 / 2010年03月31日(水)
 4月11日(日)東京・後楽園ホールで開催されるシュートボクシング(SB)協会『SHOOT BOXING 25TH ANNIVERSARY SERIES開幕戦 維新-ISHIN-其の弐』にて、現在最も選手層が充実しているスーパーバンタム級(55kg)の王座挑戦者決定トーナメントが開幕、出場全8選手が発表となった。

 先日、ポー.プラムックジム期待の新ボーロン・ポー.プラムックを圧巻のKOに下した日本スーパーバンタム級3位の藤本昌大(龍生塾)、同4位・伏見和之(シーザー力道場)、“元ホームレス中学生ファイター”高島龍弘(シーザー力道場)らSBの新鋭たちに加え、『K-1甲子園』などで活躍する“天才空手兄妹”日下部竜也(大石道場=写真)の出場が決定!

 日下部は、一昨年2008年シリーズ『火魂〜Road to S-cup〜其の参』に出場し、伏見和之と延長にもつれ込む大激戦を展開し、勝利を収めている。これがSB2戦目となるが、大舞台での経験値は頭一つ抜け出た存在だ。

 そしてもう一枠には、先日K-1MAXで佐藤嘉洋と対戦したダニロ・ザノリニが所属する志村道場の軽量級エースストライカーにして、『HEAT』New age cup 01〜60Kgトーナメント王者メリー酒井が出場。ボクシングA級ライセンスを持つ酒井の最大の武器はやはり切れ味鋭いパンチだが、総合格闘家として投げや極めは得意な分野。このSB55Kgトーナメントの台風の目となる可能性は大きい。

 まず今大会でこの8名による1回戦を行い、準決勝・決勝戦を6月6日(日)東京・後楽園ホール『維新-ISHIN-其の参』で実施。そしてトーナメント優勝者は9月18日(土)東京・後楽園ホール『維新-ISHIN-其の四』にて王者・ファントム進也とのタイトルマッチに挑むこととなる。


シュートボクシング協会
「SHOOT BOXING 25TH ANNIVERSARY SERIES開幕戦
維新-ISHIN-其の弐」
2010年4月11日(日)東京・後楽園ホール
開場16:30 開始17:30
※スターティングファイトは17:00〜

<決定対戦カード>

梅野孝明(シーザー/SB日本スーパーウェルター級王者)
VS
ボーウィー・ソーウドムソン(タイ/ワンソンチャイ・ボクシング・プロモーション/WPKL世界ウェルター級&元ラジャダムナンスタジアム認定フライ級&元WMC世界スーパーバンタム級王者)

宍戸大樹(シーザー/SB東洋太平洋ウェルター級王者)
VS
鈴木 悟(バンゲリングベイ・スピリット/unit-K/元プロボクシング日本ミドル級王者)

及川知浩(及川道場/SB日本スーパーフェザー級王者)
VS
パジョンスック・ポー.プラムック(タイ)

RENA(及川道場/Girls S-cup2009王者)
VS
渡辺久江(池袋BLUE DOG GYM/初代DEEP女子ライト級王者)

▼スーパーバンタム級(55kg)の王座挑戦者決定トーナメント 1回戦
※出場選手
藤本昌大(龍生塾/SB日本スーパーバンタム級3位
伏見和之(シーザー力道場/SB日本スーパーバンタム級4位)
高島龍弘(シーザー力道場/SB日本フェザー級3位)
元貴(立志会館/SB日本フェザー級4位)
尹戸雅教(立志會館/SB日本スーパーバンタム級6位)
村田大輔(ストライキングジムAres/SB日本スーパーバンタム級5位)
日下部竜也(大石道場/K-1甲子園2008第3位)
メリー酒井(志村道場/HEAT 〜New age cup〜60kgトーナメント王者)

<チケット料金>
RRS席15,000円(最前〜2列目:パンフレット付き)
RS席8,000円 SS席7,000円 S席6,000円 A席5,000円 B席3,000円
※当日券各500円増し 3月30日20時12分配信 格闘技ウェブマガジンGBR
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100330-00000007-gbr-fight
 
   
Posted at 02:22/ この記事のURL
TOKYO DRIFT IN ODAIBA…盛りだくさんのお好み対決 / 2010年03月31日(水)
D1グランプリは27・28日に、「TOKYO DRIFT IN ODAIBA」と題して、お台場の青海臨時駐車場の特設コースでイベントを開催した。

[関連写真]

初日は2010年シーズンのシリーズ第1戦が開催され、02年および09年王者の今村陽一が優勝。2日目は「D1GP ALL STAR SHOW」として、海外のD1選手4名を含むトップドリフター27名+αによる競技ならびに各種イベントなどが行われた。

まず行われたのは、単走チャンピオン決定戦。シリーズ戦での単走は2次予選の位置付けだが今回は一発勝負。さすがにシード選手およびそのすぐ下のゼッケン10番台の選手たちが勝ち残る。SUPER GTの09年GT300王者でもある織戸学が99.96点で1位となり、以下、07年王者・川畑真人、野村、09年2位の手塚強、今村の順となった。

決勝戦は3番手出走の野村がパーフェクトな走りを見せ、審査員全員が100点満点をマーク。しかし直後の川畑も100点。決勝戦で同点の場合は後から出した方が上位となる。最後の織戸も100点を狙って超ハイスピードで1コーナーに飛び込むが、2コーナーへのアプローチ時に体勢が乱れてしまい、これにより世界一の座は川畑に決定した。

トロフィーは故・黒井氏の奥さんから手渡され、「とーちゃん(故・黒井氏のこと)も喜んでいてくれていると思います」とコメントして、ファンを喜ばせた。

その後は、アニメ「銀魂」とのコラボレーションイベントやタイヤメーカー別ドリフト車庫入れ勝負、今シーズンからスタートするレディースリーグ「ヴィーナスチャレンジ」の参加選手7名の紹介とデモランなどを経て、「ドリームマッチ追走バトル」へ。

今回はファン投票による「見たい対戦」を惜しみなく盛り込んだ。織戸、今村、斎藤、手塚、日比野哲也らはブロックが極力分けられているが、トーナメント内に2回もエントリーしている、お祭りイベント。

スーパースターはどっちだ対決として織戸vs野村、現在のD1で最も因縁のある両者が対決する今村vs斉藤太吾、成績は弟が上だけど兄としては譲れない末永直登(兄)vs末長正雄(弟)の兄弟対決などがラインナップされた。

トーナメントは今村が左ブロック決勝進出。今村は右ブロックでも勝ち進み、日比野と準決勝。日比野は愛車のハチロクが不調を来たし、チームの松川和也のレクサス「SC430」(これも前日バリアに突っ込んでフロント部がない)を拝借して乗っている状態で、今村が勝利。2回エントリーの今村がどちらも準決勝で勝利したため、この時点で優勝が決定した。昨年の勢いを持続していることを改めて周囲に見せつけた。

D1GPのこの後のスケジュールは、4月24・25日に大分県オートポリスに移して第2戦が開催。ストリートリーガルのインターシリーズおよびレディースリーグは、4月17・17日に岡山県備北ハイランドで第1戦を開催だ。

《レスポンス デイビー日高》

【3月30日22時14分配信 レスポンス
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100330-00000047-rps-moto
 
   
Posted at 02:20/ この記事のURL
kumi×桃の共作がレコチョクで初登場7位記録 / 2010年03月31日(水)
 人気テレビ番組「あいのり」(フジテレビ系・09年3月まで)の元メンバーで人気ブロガーの桃さんが参加したことでも話題を集めた、シンガーソングライターkumiさんの新曲「ずっといつも2人でfeat.桃」が、レコチョクデイリーランキングで初登場7位を記録した。31日にからスタートする着うたフル配信にも着たいが掛かる。

 同曲は、女子高生を中心に人気を集めるkumiさんと、「あいのり」元メンバーで、現在はブロガーとして月間1億3000万PVを誇る、桃さんのコラボ作。作詞は桃さんが手掛け、二人のガールズトークの中から、女性の恋愛感を表現した。同曲には既に、日本テレビ系新番組「“いい歌探し”系音楽番組ハッピーMusic」、全国音楽情報テレビ「MUSIC B.B.」でのパワープレイが決まっており、人気に火がつきそうだ。

【3月30日23時24分配信 サーチナ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100330-00000100-scn-ent
 
   
Posted at 02:18/ この記事のURL
NHKキャスター与田剛 不倫がらみで金銭トラブル / 2010年03月31日(水)
 元中日投手で現在はNHKキャスターをしている与田剛さん(44)が、客室乗務員の女性と不倫関係になり、女性が妊娠・中絶していたことが分かった。不倫については家庭内で解決済みと言うが、相談に乗ったと称する占い師が与田さんと女性に高額の請求をして、トラブルになっているというのだ。

 与田剛さんと言えば、現役時代はマックス157キロの剛球投手で知られた。1989年にドラフト1位で中日に入団すると、プロ1年目で31セーブを挙げて新人王に。しかし、その後は故障続きに悩み、いくつかの球団を渡り歩いてから、2000年に引退している。

■占い師請求で妻の木場弘子さんに初告白

 その後、NHKの野球解説者を経て、09年4月からNHK「サンデースポーツ」キャスターに。不倫発覚は、その仕事が軌道に載った矢先のことだった。

 関係者によると、30代という客室乗務員女性とは、数年前に食事会で知り合った。与田さんは、1992年に当時TBSアナウンサーだった木場弘子さん(45)と結婚しており、不倫関係になる。最初はちょっとした出来心らしいが、その後密会を続け、05年末に女性が妊娠していることが分かった。与田さんは、離婚の約束をすぐに果たせないと女性に伝え、06年3月になって女性が中絶した。

 ところが、どうしても結婚したかった女性は、東京都内のある占い師男性にお金を払って相談した。この占い師は、ハワイで活動したことがあり、現在は占いサイトも運営している。

 与田さんは2年半前、占い師に会ってほしいと女性に懇願され、占い師と話し合った。そこで、占い師は、与田さんに対し、和解のための手切れ金を払えば女性と別れられると持ちかけてきた。一方、女性に対しては、与田さんが離婚の手続き中で近々結婚できると説明したという。

 与田さんは、弘子さんには不倫関係を伝えていなかった。しかし、占い師から09年9月、分かれさせるアドバイス提供やマスコミへの口止めを理由に、数百万円の請求書が届き、弘子さんに初めて事実を打ち明けた。

■弁護士「占い師にだまされている」

 木場弘子さんの事務所オフィスニックスの担当者は、取材に対し、「本人は、日刊スポーツに書いてある以上に話すことはないと言っています」と言う。同紙の2010年3月30日付記事によると、弘子さんは夫の与田剛さんに不倫を打ち明けられ、1人息子の高校受験を控えていたこともあり、「過去のことは許すから、外に漏れないように頑張ろう」と伝えたという。同紙の取材でも、離婚する意志がないと話している。

 占い師は、その後、09年10、11月にも同様の請求書を送りつけてきた。さらに、客室乗務員女性に対しても、アドバイス提供や与田さんへの結婚要望書作成を理由に、数百万円の請求をしているという。

 これに対し、与田さん側の遊佐光徳弁護士は、取材に対し、2人とも占い師にだまされているとの見方を示した。そのうえで、請求には応じず、脅迫罪で占い師の刑事告訴を検討していることを明らかにした。現在は、警察に相談しているという。

 占い師は、日刊スポーツの取材には、「請求書は与田氏と女性の相談に乗った、2年間くらいの仕事料」と主張し、刑事事件にはならないとの見方を示している。

 ネット上では、「真面目で評判もよかっただけに、ショッキング」といった声が上がっており、キャスターなどの活動に支障が出るとの見方もあるようだ。

 NHKの広報部では、不倫などについて、「個人的な問題ですので、コメントする立場にはありません」と話す。サンデースポーツなどの仕事については、「今のところ、出演の予定に変更はありません」と言っている。

 遊佐弁護士は、「本人は、家族のためにも離婚するつもりはありません。皆さんの協力を得て、仕事がきちんとできれば、立ち直れると考えています。そのことで、問題がクリアできるのでは、ということです」と話している。


■3月30日20時52分配信 J-CASTニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100330-00000006-jct-ent
 
   
Posted at 02:17/ この記事のURL
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
  | 前へ  
 
Powered by yaplog!