プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:dcvcreffsadgmu
読者になる
2010年06月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
Yapme!一覧
読者になる
ITコンシューマー化にNAS構築ソフトで応える シマンテック / 2010年06月24日(木)
 シマンテックは6月23日に記者会見を開き、拡張性を特徴としたNAS(ネットワーク接続ストレージ)構築用のソフトウェア「Symantec FileStore」を発表した。2月にシマンテックと業務提携を強化した富士通が、同ソフトウェアを組み込んだサーバおよびストレージを7月に発売することも明らかにした。

 Symantec FileStoreは、サーバ(ノード)にインストールし、SCSI、SAS、iSCSIやファイバチャネルで接続して使う。NFSやCIFS、FTPを介してクライアントからストレージに接続できる。

 拡張性に特徴を持ち、インストールしたノードやストレージをオンラインで増減できる。最大16ノードまで拡張でき、1クラスタ構成で最大2ペタバイトまでの容量に対応する。アンチウイルス、バックアップ/リカバリ、スナップショットなどの機能も搭載しており、階層化されたデータの管理や保護に適している。

 Symantec FileStoreの拡販には、協業関係にある富士通の力を借りる。シマンテックは記者会見において、Symantec FileStoreを搭載した富士通製ハードウェアの出荷を7月26日に開始することを明らかにした。

 具体的には、IA(インテルアーキテクチャ)サーバ「PRIMERGY RX300 S6」、ストレージ「ETERNUS DX60/80/90」「ETERNUS DX400 シリーズ」にSymantec FileStoreを搭載した製品を提供する。最小構成価格は126万7800円。音楽や動画配信を手掛けるインターネットサービスプロバイダー、医療関連の画像処理を手掛ける企業など、大容量のデータを扱う企業向け製品としている。

 ちなみに、海外では既にSymantec FileStoreを販売しており、導入事例も出ている。例えば、中国のインターネット通信販売大手のタオバオは同ソフトウェアを活用し、1.5ペタバイトに上る商品画像データを管理しているという。

 記者会見に臨んだシマンテックの河村浩明社長は、企業のIT環境の変化を指摘。「ITのコンシューマー化」「クラウドコンピューティング」という2つの潮流があると述べる。

 この指摘は、iPhoneなどのスマートフォンやTwitterをはじめとするソーシャルメディア、そしてクラウドコンピューティングの活用で発生する大量のデータやトランザクションを企業が最適化し、ビジネスに活用していく必要があることを示唆している。米Gartnerは、コンシューマー分野のIT技術の進化が企業ITに波及する動きを「Consumerlization IT」と呼んでいる。

 Symantec FileStoreおよび同ソフトウェア搭載製品の投入には、「急増する非構造化データを低コストかつ効率的に管理する技術」(河村社長)によって、ITのコンシューマー化やクラウドに対するストレージ分野の企業ニーズに応えるという狙いがある。【藤村能光】 6月24日17時44分配信 ITmedia エンタープライズ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100624-00000060-zdn_ep-sci
 
   
Posted at 17:50/ この記事のURL
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
 
 
Powered by yaplog!