日高火防祭り

January 05 [Sat], 2013, 11:48
京都の祇園祭を模した華やかな祭。豪華絢爛な囃子屋台が繰り出され、町中を練り歩く。祭は各九町組から「町印」「内囃子(トットコメー)」「囃子屋台」の三つの屋台が繰り出す(駅前三町組・城内組・吉小路組は明治以降の参加町組のため、囃子屋台のみ)。
「町印」は、町を象徴する漢字一文字と町名が書かれた標識部の回りを井戸・馬簾・火の玉・柄杓等で飾り付けた屋台で、各町組の先頭に立つ。江戸時代、水沢城主が城下六町にそれぞれ「仁」(川口町組)・「心」(立町組)・「火」(柳町組)・「防」(大町組)・「定」(横町組)・「鎮」(袋町組)の漢字一文字を与え、各町はそれをシンボルマークとして掲げたのが町印の始まりである。この文字を繋げると「仁心をもって火防を定鎮す」(順序には異説有り)と、防火の心得を謳ったものと云われている。
「内囃子」は「トットコメー」の愛称で呼ばれ、囃子屋台よりも一回り小さい。天井には権現様が祀られ、見返りには枝垂桜が飾られている。内囃子の演奏は笛師(2人)、大太鼓を叩く男子(2人)、小太鼓を叩く幼児(数名)で構成され、全町組同じ音曲。初段・二段・三段の3曲で構成され、この祭で最も古い祭囃子であり、西洋音楽のソナタ形式に酷似する音曲と云われている。
町印と内囃子がこの祭の原型と考えられている。
「囃子屋台」は唐破風の屋根や懸魚、向拝柱、欄間に朱や金、極彩色の彫刻で飾り付けられ、擬宝珠高覧に雪洞が付けられた雛壇状の屋台。見返りには牡丹と枝垂桜の造花が飾られ、屋台内には魔除けの蕎麦殻と菊の脇障子が付けられる(現在吉小路組のみ)。屋台では笛師(2人)が奏でる音曲に合わせ「お人形さん」と呼ばれる早乙女が小太鼓(15〜20人)と「お嫁さん」と呼ばれる三味線(娘5人・師匠1人)で調子をとる。かつては鼓も加えられていたが、現在ではこの笛・三味線・太鼓が主流となった(名残として屋台天井に鼓を飾っている)。内囃子・囃子屋台で奏でられる祭囃子を総称して日高囃子と言われている。
昭和40年代まで、ほとんどの屋台は担ぎ屋台であり、絢爛豪華な屋台の下で数十人の男達が「木遣り歌」を歌い屋台を担ぐ様相は、雅且つ勇壮な祭りであった。しかし、屋台の担ぎ手不足により台車のついた押し屋台へとかわっていった。現在は屋台前に飾りの担ぎ棒を付け担ぐ様子を表現したり、「ゆすり(沿道商店や観客にお囃子を披露するため屋台を左右に向ける行為)」を、台車の上に乗る屋台を回転式にしたりと、かつての祭の姿を再現する工夫がなされている。
転勤族
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:絹谷
読者になる
2013年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/dctpvodg0x/index1_0.rdf