非訴訟派被害者も救済へ=裁判と並行、5月までに−政府(時事通信)

March 31 [Wed], 2010, 13:21
 水俣病不知火患者会(熊本県水俣市)が国などに損害賠償を求めた訴訟で29日、事実上の和解が成立したことを受け政府は、裁判によらず水俣病救済特別措置法に基づく救済を求めている被害者に対しても、和解所見(和解案)と同様の条件で救済する方針だ。裁判、特措法のそれぞれによる救済対象判定手続きを、犠牲者慰霊式がある5月1日までにスタート。対象者を早期に確定させ、全面的な解決を目指す。 

【関連ニュース】
水俣病訴訟で初の和解成立=公式確認から半世紀余り
水俣病訴訟、和解へ=原告団が受け入れ決議
チッソも和解受け入れ表明=被告3者そろう
水俣病慰霊式、出席に前向き=鳩山首相
参院選へ試練はこれから=予算成立に達成感なし

立松和平さん 生と死「丁寧に」新人絵本作家の長女(毎日新聞)
<首都高>渋谷−新宿を直結…中央環状線が区間開通(毎日新聞)
足利事件の影響 裁判所の証拠検討より慎重に(産経新聞)
<蘭越母子殺傷>被告に無期懲役の判決 札幌地裁(毎日新聞)
沖縄の民間ドクターヘリに寄付金 群馬県の菓子メーカー(産経新聞)
  • URL:http://yaplog.jp/dckmmeyn33/archive/114
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。