米の現行案以外の受け入れ、首相が期待感(読売新聞)

March 25 [Thu], 2010, 10:00
 鳩山首相は21日、沖縄県の米軍普天間飛行場移設問題について、「米側は頑固に現行案がベストだと思っていると思うが、それだけにはとらわれない幅広い考え方も持ち合わせていると思う」と述べ、米側が現行案以外を受け入れることに期待感を示した。

 都内で記者団の質問に答えた。首相はその上で、「これから我々の考え方をまとめ、米国の理解を得られるよう努力する」と強調した。

 一方、社民党党首の福島消費者相は21日、横浜市内で記者団に「社民党は国外、グアムが一番と提案している。もっと主張していきたい」と述べ、新たな県内移設案での政府案取りまとめをけん制した。

<同意人事>原子力安全委員は原案通り決定へ(毎日新聞)
放火指示の組幹部に無罪=共謀成立を否定−奈良地裁(時事通信)
沖縄ひき逃げ、女性米兵が県警に出頭へ(読売新聞)
<生方氏解任>閣内「収拾」の思惑 批判を抑制(毎日新聞)
民主・生方副幹事長解任、閣僚からも批判(読売新聞)
  • URL:http://yaplog.jp/dckmmeyn33/archive/100
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。