プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:dcjqwlmnsizpph
読者になる
2010年07月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Yapme!一覧
読者になる
クラシックカーラリー初のJAF公認 スプレンドーレ伊香保2010 / 2010年07月13日(火)
群馬テレビ主催の『スプレンドーレ伊香保2010』が7月9日から11日にかけて、群馬県渋川市伊香保町を拠点に開催された。

[写真12点]

2回目となる今年は、2日間のタイムラリーとその翌日の表彰式と、比較的長い日程での開催であったが、JAF公認ラリー規定台数上限の60台の参加があり、大いに盛り上がりを見せた。参加車両は1965年までに生産された外国車および75年までに生産された国産車で、そのうち戦前車は14台であった。

今回の大きなトピックは、国内クラシックカーラリーとしては初と思われる、JAF公認ラリーとなったことであろう。これは、ドライバー、ナビゲーターとも国内B級ライセンス以上が義務付けられ、また、参加車両においても、 「JAF公認ラリー競技会之証」が当日行われる車検合格時に発行されることが必要となる。これにより曖昧になりがちであった参加基準が明確になり、さらにはイベント自体のレベルの向上につながる結果となった。

また、地域に密着し、かつ歓迎されたイベントであることも特徴である。2日間で500km弱の走行区間のほとんどでその地域の人々が参加者に向けて手を振ったり、旗を振ったりと応援していたことでも裏付けられている。また、参加者も応援してくれた人々に手を振って感謝の意を表していたのが印象的であった。「あの応援が何よりも一番嬉しかった」という声が参加者から聞かれたのもうなずける話である。

近年国内でのクラシックカーイベントが増えている中、JAF公認ラリー競技ということで、他との差別化が図られ、より魅力的なものへと成長したようである。

《レスポンス 内田俊一》

【7月12日21時33分配信 レスポンス
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100712-00000030-rps-moto
 
   
Posted at 18:29/ この記事のURL
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
 
 
Powered by yaplog!