看護師が冬の病気を徹底解説! 

March 09 [Sun], 2014, 21:42
冬の寒さは想像以上に身体に大きなダメージを与えているもので、なるべく身体に気温差を与えないようにするこが求められるそうです。
病状としては高熱が出て白い色、灰色のような下痢とともに激しい嘔吐を繰り返す特徴があり、水分を失いやすくなります。
気管支喘息は子供の頃からのつきあいなので、今回の発作も大丈夫だろうと、楽観的に考えていたようでした。
2歳までにほぼ100%最低1度は感染し、その後年齢に関係なく生涯感染発症を繰り返します。
RSウィルス感染症は、特に寒い時期に感染者が増加するので看護師が知っておきたい冬の病気だと、友人は言っていました。
一日学校を休んで、熱も下がったので、ただの風邪だろうと思っていました。
手洗いやうがいも万全に行いましょう。
放置しておくと症状が悪化するだけではなく、糖尿病などの違う病気も併発する恐れがあります。
秋ごろまでは散歩によくでていたのですが、最近は寒いので室内でテレビばかり見てしまうと嘆いていらっしゃいました。
排尿の量が減少している、唇がカサカサと乾いている、泣き方が弱い上にぐったりとしているといった症状が見られたときには、早期に病院を受診しましょう。
インフルエンザは「知っておきたい」ではなく、常識であるそうです。
看護師が知っておきたい冬の病気口伝
看護師が知っておきたい冬の病気の隅をつつく
看護師が知っておきたい冬の病気の記録
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:dcehdiwl
読者になる
2014年03月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる