PMS(生理・月経前症候群)・PMDDの治療方法

December 07 [Mon], 2015, 19:26
PMS(生理・月経前症候群)・PMDDの治療方法
生理の私はになれば来るトライ症状 … PMS(月頃前症候群)や PMDD(月頃前不愉快気持ち障害)を直そうとすれば 、どんな治療法があるか? そんなあなたのゴミンヘに答えます。 一般的な婦人科で行われている治療法や、シムリョネグァでの治療法、そして漢方薬や栄養療法等の治療法に対して伝えます。
PMS(月頃前症候群)や PMDD(月頃前不愉快気持ち障害)の治療方法はいろいろありますが、それぞれ特徴が違います。 一般的な婦人科やシムリョネグァで行われる現代西洋医学の治療は、低用量ピールや精神薬等の薬物療法が中心です。 そして漢方薬を使った治療も古くから行われていますが、最近には PMSや PMDDの原因から治療する栄養療法だと言う治療法もあります。 できるだけ薬を飲みたくない! とか、PMSから根本的に元気になりたい! などでは、漢方薬での治療や、栄養療法がおすすめです。 それぞれの治療法の特徴に対して、具体的に紹介します。
■ 婦人科やシムリョネグァ(現代西洋医学)の PMS・PMDD 治療方法
現代西洋医学の治療法は薬物療法が中心であり、婦人科では低用量ピール、シムリョネグァや精神科では抗打つ薬、精神安定剤等の精神薬が処方されます。 低用量ピールは、排卵を一時的にストップさせて、卵巣から分泌する女性ホルモンの、分泌量を低下させる機能を利用した治療法です。
詳しいことは PMS(生理・月頃前症候群)・PMDDの治療法(2) 薬治療の面倒を見てください。
● 西洋医学による、投薬治療の問題点
低用量ピールの処方に加勢して、PMSや PMDDの精神的症状の強い場合は精神安定剤や抗憂鬱制等の精神薬が処方されます。 薬を飲めば速効性があって簡便ですが、トライ症状を根本的に解決してくれることはないから、心配であると感じる方も少なくはないです。 蟹に、低用量ピールや精神薬については副作用が強く現われる場合も実際では多くて、できるだけなら薬を飲まないで安全に PMSや PMDD 症状の治療したいと言う女性が多いです。
■ PMSや PMDDを一体医療で直す治療方法
PMSや PMDDを、漢方薬や栄養療法を、利用して治療をするクリニックがあります。 薬を使わないから副作用の心配がなくて、PMSや PMDD 症状の原因から治療をしてくれることが大きい特徴です。
● 漢方薬を使った治療
東洋医学に対しては、「期・血・数(来て、決定、吸いこんで)」のバランスが崩れていれば心や身に不振が現われると言う考えです。 特に PMSや PMDDの症状は、被疑アンバランス状態であるとなります。 ひとりひとりの体質にぴったりな漢方薬が処方されれば、症状がよくなって行くことを実感することができますね。 自分にあった漢方薬の先生を捜し出す一刀、重要です。 ただ、PMS 症状が強いとか PMDD 症状の場合では、漢方薬だけでは十分な改善には早くないケースもあります。
詳しいことは PMS(生理・月頃前症候群)・PMDDの治療法(1) 漢方治療の面倒を見てください。
● ビタミン、ミネラル等のサプリメントで治療する栄養療法を実施するクリニック
PMSや PMDD 症状を起こす原因の大部分が、隠れて貧血(=潜在性物心欠乏性貧血または貧血)と機能性低血糖証が関係していることが分かっています。
食べ物に含まれる鉄分の減少や、加工食品の増加等によって、昭和 50年以後から食事からの鉄分の摂取量が急激に減少していることが指摘されていて現代の日本人女性の二人に一人は貧血だと言います。 そのため月頃がある女性では、意識して物心不足にならないような食生活をしていない限り、普通食生活では物心不足に抜けてしまいます。 PMSや PMDD 症状に悩む女性が増加していることも、当たり前ですね。
そのため PMSや PMDD 治療には、物心等のミネラルやビタミンを処方する栄養療法が、非常に有効です。 治療用のサプリメントを、使うので副作用の、心配がないことが特徴です。 一般的な婦人科では調査しない血液検査を行って 「隠れて貧血(=潜在性物心欠乏性貧血)」の有無を調査してヘモチォルドングのサプリメントの処方をしてくれます。 隠れて貧血が強ければ将来不妊症にかかる可能性があります。
また、炭水化物など血糖値を急上昇させるそのGI歯式を日常的にたくさん取る食生活を続くとかストレスを増えなかった生活が続けば、機能性低血糖証を起こしてしまうため、食事療法を取り入れる治療法も、有効です。
ヘモチォルの普及を中心にした栄養療法や食事療法によって、長年の歳月つらがっていたつらい症状が最初の生理からきれいにするとか数ヶ月に解放された例が多数報告されていることから、PMSや PMDDの原因が隠れて貧血や機能性低血糖証であることが分かります。 重要な女性の身は、薬に頼るのではなく、根本的な解決が必要です。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:nami
読者になる
2015年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/dc38b5etxy/index1_0.rdf