プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:dbunvanzkszidk
読者になる
2010年06月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
Yapme!一覧
読者になる
銘柄パトロール(3):パピレス、みずほFG、トヨタ、ツガミなど / 2010年06月23日(水)
 パピレス <3641> 6210カ 
 ジャスダック市場に新規上場。朝方から買い気配を切り上げたが、寄り付かなかった。公募価格2700円で買い気配スタートし、結局、公募価格の2.3倍の6310円まで買い気配を切り上げてこの日の取引を終えた。同値での売り注文約10.7万株に対し買い注文は約21万株。市場からの資金吸収額が42億円と小さい一方で、高成長が期待できる電子書籍関連ということから前人気が高く、初値は公募価格の2倍以上の5600〜6000円が予想されていたが、予想の上限を300円以上上回る人気ぶり。

 みずほFG <8411> 157 +1
 1円ながらも、逆行高。22日に株主総会を開催、総会終了後に増資に踏み切るとの見方が事前に浮上していたが、塚本隆史社長が「市場の状況を見て判断する」「具体的な金額や実施時期は未定」としたことで目先の増資リスクが後退した格好に。一部では「ヘッジファンドの買い戻し」説も浮上。ただ、目先はともかくとしても、今期中の増資が視野に入っており、依然、売り圧力も強い。

 トヨタ <7203> 3220 −55
 続落。中国・広州市の完成車工場の操業を停止したことを嫌気。デンソー <6902> の現地工場で発生したストライキの影響で、電子制御部品などの供給が止まった。トヨタは、18日にも天津市の工場が操業停止に追い込まれており、中国で相次ぐストが生産計画の遅れにつながる可能性が売り圧力に。ホンダ <7267> にも中国完成車工場の操業停止が伝わっており、自動車株全般に下げ基調が強まる。

 ツガミ <6101> 723 −46
 10日ぶりに反落。前日までの9日間で49%上昇しており、利益確定売りや処分売りが相次いだ。ただ、後場に入り下げ幅が縮小。「iPad」の販売台数が300万台に達したと発表され、目先の材料出尽くしに。ただ、今後数ヵ月HDD関連メーカーや、アップル社に部品を納入しているメーカーからの需要に再び弾みがつくため、受注は高水準にとどまる見込みで押し目買い意欲は強い。

 東京電力 <9501> 2432 +1
 逆行高。引けにかけ上げ幅縮小。折からの地合い悪からディフェンシブ性を見直す動きが浮上し、“消去法”的な買いが先行。ゴールドマン・サックス証券がレーティング「買い」とコンビクションリストへの採用を再確認したことも買い材料。目標株価2600円は継続。

 東京精密 <7729> 1333 −118
 大幅続落。22日付でJPモルガン証券が投資判断を「オーバーウエート」から「ニュートラル」に、目標株価を1800円から1500円へ引き下げ嫌気売りが続出。「今年に入り約30%株価が上昇しており、いったんは需要好転を織り込みつつある」と。同証券ではまた、「足元の受注増は緩やか」として、2011年3月期の連結営業利益予想を従来の45億円から35億円に引き下げた。会社計画は30億円。

 ルック <8029> 220 +5
 買い人気が向かう。日証金が22日、ルック株に関し、貸借取引自己取引分などに係る銘柄別増担保金徴収措置を解除すると発表したことを好感。証券ディーラーへの規制が解除されたことになり、動きやすくなった買い方が買い圧力を高める。

 中国工業 <5974> 128 +9
 続伸し連日の新値追い。22日に急騰し、一気に3月31日以来の年初来高値を更新した流れが継続している。宮崎県の口蹄疫拡大から、同社が手掛ける家畜汚水処理装置の需要拡大の思惑が浮上。

 日立 <6501> 351 −9
 続落。22日、日立と三菱重工 <7011> は、海外向けの都市内鉄道システム事業に関して、グローバル市場における競争力強化とそれによる事業拡大を目的に、協業を進めることで基本合意したと発表。(編集担当:佐藤弘)

【6月23日16時24分配信 サーチナ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100623-00000079-scn-biz
 
   
Posted at 18:00/ この記事のURL
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
 
 
Powered by yaplog!