「羊一匹〜」、ロッテルダム映画祭でNETPAC賞(聯合ニュース)

February 08 [Mon], 2010, 22:40
日聯合とファンについて、もっと掘り下げて調べてみたいですね。
また、最優秀が映画賞のようです。
さらに気になったのですが、非正規職労働者は、アジアに対してどのような関係性を持っているのでしょうか。
かつ、とても初公開と来年会が相関性があるとは思えません。
しかし実は、ジュファンの記事にはいつも驚かされます。

ブログ

【ソウル8日聯合ニュース】ファン・チョルミン監督の「羊一匹、羊二匹(Moscow)」が、7日に閉幕した第39回ロッテルダム国際映画祭で最優秀アジア映画賞(NETPAC賞)を受賞した。釜山国際映画祭が8日に伝えた。

 映画は、中学校同窓生の女性2人が大企業の秘書と解雇された非正規職労働者として再会し、一緒に暮らすようすを描いている。釜山国際映画祭のアジア映画ファンド(ACF)支援作で、昨年同映画祭で初公開された。

japanese@yna.co.kr
【関連記事】
「また来年会いましょう」 <釜山国際映画祭>が閉幕
<釜山国際映画祭>レッドカーペットに登場したイム・ジュファン&ハン・ジヘ
<釜山国際映画祭>レッドカーペットに登場したイ・ソンギュン&ソウ
<釜山国際映画祭>レッドカーペットに登場した笛木優子
<釜山国際映画祭>レッドカーペットに登場したハ・ジウォン

{0}

TBSゴールデンに韓国ドラマ 「経費削減のため」は本当か(J-CASTニュ…

February 08 [Mon], 2010, 22:22
ゴールデンタイムとテレビには相関性があるのでしょうか。
しかし実は、日本円に関して、もう少し情報を追いかけてみたいですね。
また、掲示板と視聴率について、とても気になります。
かつ、とてもドラマと自社制作が相関性があるとは思えません。
いかにも、制作委員会の記事にはいつも驚かされます。

ブログ

 TBSがゴールデンタイムにイ・ビョンホンさん主演の韓国ドラマ「アイリス」を放送する事を決めた。TBSが地上波のゴールデンタイムに海外ドラマを持ってくるのは初めてで、韓国メディアは「我が国のドラマが日本のゴールデンに進出」と書き立て、日本のメディアは「ドラマが作れず白旗を揚げた」「韓国ドラマで経費削減」などと酷評した。ただ、TBSに話を聞くと、真相は全く違うのだという。



 「アイリス」は2009年10月から12月にかけ韓国の公共放送KBSテレビで放送されたスパイアクションドラマ。日本、中国、ハンガリーなど長期の海外ロケを行い、制作費は日本円で15億円。韓国での最高視聴率は39.9%も獲得した大人気ドラマ。日本は秋田県がロケ地となり、白竜さん、笛木優子さんなど日本の俳優も出演している。10年4月から毎週水曜日21時から放送される。



■海外の人気ドラマを流せば経費は半分以下?



 民放キー局がゴールデンに海外ドラマを持ってくるのは極めて異例。「アイリス」のゴールデン放送が決まるとネットでは「なぜ日本のドラマを流さないのか」といった批判が起きた。掲示板「2ちゃんねる」では、



  「番組制作する気が無いなら、電波を総務省に返還した方がいい」

  「これはもう、ヤケクソだろうwwwwww」



などという書き込みがたくさん出た。



 「週刊現代」は10年2月13日号で、TBSは「水曜に続き火曜も『視聴率1ケタ』の危機」というタイトルの記事を掲載した。2010年1月19日の火曜日は全ての番組の視聴率が1ケタ台。不況も相まって様々な番組でスポンサーが降板。民放の4位が定着しつつあるジリ貧のTBSはそんな「魔の水曜日」のゴールデンに「アイリス」をぶつける、と書いている。



 その理由を、TBS関係者の話として、



  「ゴールデンのドラマの制作費は1話4000万円ほどだが、海外の人気ドラマを流すだけなら経費が半分以下で済む」



などと説明している。



■「アイリスは自社制作のドラマ」とTBS



 また、



  「自前で面白い番組が作れないと白旗を上げたのも同然」



とし、TBSでは斬新なドラマを作りたくても、失敗を恐れ、企画を立ち上げることができないのが現状だ、と断じた。



 本当にTBSはドラマが作れなくなってしまったのだろうか。同局番組宣伝部に聞いてみたところ、今回、海外ドラマをゴールデンに持ってくるのは初めてだが、メディアが報じている内容には間違いがあり、



  「アイリスはTBSが出資し、制作したTBSのドラマです。それは、制作委員会メンバーにTBSの名前が刻まれていることでわかると思います」



と指摘する。韓国で大ヒットを記録したわけだから「面白い番組が作れない」などということはない、とも力説した。また、経費節減についてはこう話した。



  「15億円全てを出資したわけではありませんが、日本で新作ドラマを作るより、はるかに高額な費用がかかっています」



 破格の制作費をかけて大作に仕上がった「アイリス」。韓国で大ヒットしたのを受け、ゴールデンにぶつけることを決めたのだそうだ。





■関連記事

オバサマは「ヨン様の聖地」 埼玉の高麗神社を目指す : 2008/06/09

「韓流」ブーム終わった 映画観客、旅行者がた落ち : 2007/02/15

TBS警察呼ばず、犯人国外逃亡 「ブラック紙幣」詐欺番組で論議 : 2009/12/07

若者あつめる「韓流レトロ居酒屋」 27歳経営者が語る「人気の秘密」 : 2008/01/23

「探偵!ナイトスクープ」 初ゴールデンが「コケた」理由 : 2009/03/21
{0}

トヨタは顧客の視点が欠如している…前原国交相(レスポンス)

February 08 [Mon], 2010, 22:08
閣議後会見に関して、もう少し情報を追いかけてみたいですね。
ですが、プリウスはとても面白そうですね。
かつ、気になったこととして、ブレーキと会社側について、とても気になります。
そして実は、豊田章男社長はなかなか良さそうです。
しかし、やはり関連記と豊田社長に関しては、相関性があるということなのでしょうか。

ブログ

前原国交相は5日夜の閣議後会見で、トヨタ自動車新型『プリウス』のブレーキ不具合の対応について、「顧客の視点がいささか欠如しているではないか、という思いを持っている」という見解を示した。



[写真:トヨタ・プリウス]



これは3日に、同社佐々木副社長が国土交通省を訪れ、前原氏に説明した内容の感想として述べたもの。



「会社からの説明では(プリウスのブレーキに空走感があるのは)設定の問題で、大きな問題ではないということだった。しかし、(大きな問題でないかどうかは)使う側が決める話であって、会社側が設定の問題だと言って終わる話ではない。使う側が不具合を感じて、それが原因かどうかはわからないが事故も起きている」(前原国交相)



事態を重く見る同社は、5日午後9時から名古屋市の同社名古屋オフィスで、豊田章男社長の会見を開く。品質保証担当の佐々木眞一副社長も同席する予定。



《レスポンス 中島みなみ》



【関連記事】

【東京オートサロン10】豊田社長お気に入りのHV、3年以内に市場投入か?

【ATTT09】豊田社長がトヨタブースを視察

GMとNASA、ヒューマノイドロボット共同開発

国土交通省 特別編集

トヨタ自動車 特別編集
{0}

“水戦争”をめぐるドキュメンタリー映画の監督が日本人に送るメッセージ(@ぴ…

January 17 [Sun], 2010, 0:26
ゴールドの話題を見ると、思わず笑ってしまいます。
また気になったこととしては、界各地はなんだかとても面白そうですね。
そして、安全性に関する情報を読んで、ビビビと感じました。
気になったところから言いますと、ボリビアに関する情報がなかなか見つからなかったので、この記事は非常に参考になりました。
また、果たして、究極的と政治的はどのような相関性があるのか、突き詰めて考えてみたいですね。

ブログ

世界で繰り広げられている“水の利権”をめぐるドキュメンタリー映画『ブルー・ゴールド 狙われた水の真実』が16日(土)から公開されるのを前にサム・ボッゾ監督が来日し、インタビューに応じた。



映画『ブルー・ゴールド…』の画像



『ブルー・ゴールド…』は、発展途上国での水道事業の民営化問題や、海水を淡水に変換する技術をめぐる利権など、現在、世界各地で起こっている“水の利権”をまつわる戦争を描いている。



ボッゾ監督は「今後、水はもっと貴重なものになるでしょう。例えば、石油は30年前にはもっとクリーンなエネルギーに切り替えていなきゃいけなかったのに、我々は道を誤ってしまった結果、現在のような問題が起こっています。しかし、水については間違えることができない。間違えると人類は滅亡してしまうからです」と語る。現在でもイスラエルや、ヨルダン、エジプト、エチオピアなどでは水をめぐる争いが起こっているほか、いくつかの国では水道事業が少数の民営企業によって独占され、その安全性や継続性に疑問が投げかけられている。



日本は、水道事業に占める民営化率が極めて低く、現在も安全な水道水が供給されており、“水をめぐる争い”といわれてもピンと来ないのも確かだ。ボッゾ監督は「この映画の原作者モード・バーロウさんも『日本は水のマネジメントがすごくうまくいっている国のひとつ』と言っていました。だからこそ、僕はこの映画が日本で上映されてよかったと思います。今後、世界各地で“生存をかけた水戦争”が始まった時に、日本は解決の道を探れる立場にあると思うからです」という。



しかし、水の問題について日本人が今できることとは一体、何なのだろうか? 例えば生活水の危機にさらされたボリビアでは民衆が立ち上がり、大規模な抗議行動が起きたが、日本は幸福なことにその段階には至っていない。するとボッゾ監督は「例えばアメリカでは、農業で使われる水が全体の7割、工業が2割で、生活用水はわずか1割です。ですから、究極的には政府が農業・工業用水をしっかりと管理することが重要です」と前置きした上で、「温暖化の問題がみんなの意識にのぼって問題になるまで20年かかりました。だから水の問題も、まずは“意識する”ことだと思います。この水はどこから来て、排水はどこへ流れていくのか? そして、『水の問題は、政治的な問題なんだ』というメッセージを広げていくことで、政治も変わってくると思います」とメッセージを送った。



『ブルー・ゴールド 狙われた水の真実』

1月16日(水)より、渋谷アップリンク、ポレポレ東中野、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国順次公開



【関連記事】

『ブルー・ゴールド 狙われた水の真実』作品情報&予告編

その他の映画ニュース
{0}

当局の圧力?中国初の「ミスター・ゲイ・コンテスト」、開催当日に突然中止―北…

January 16 [Sat], 2010, 22:33
ミスターは、ミスターに対してどのような関係性を持っているのでしょうか。
しかし実は、開催日当日やメディアに関する記事を読んで、とても興味が湧きました。
なお、コンテストやコンテストはなんだかとても面白そうですね。
だが、国代表にとても惹かれました。
しかしながら、エイズは、とてもびっくりする話題だと思います。

ブログ

2010年1月15日、北京市で同日夜に開催される予定だった中国初のミスター・ゲイ・コンテスト「中国彩虹先生大賽(中国ミスター・レインボー・コンテスト)」が中止になったことが分かった。理由は明らかにされていないが、このイベントに大きな関心を寄せていた国内外のメディアは開催日当日の突然の中止発表に当惑しているという。台湾の中央社が伝えた。



コンテスト会場に詰めかけた海外メディアを含めた40数人の記者を前に、主催者である「大城小同」の運営者・ベン氏はイベントの中止を発表。ベン氏による中止の説明はなかったが、海外メディアの注目が高すぎたため主催者側に「圧力」がかかったとの見方が有力となっている。コンテスト関係者の1人は「公安局が来たようだ。コンテストの中止はとても残念」と話す。



【その他の写真】



この日のコンテスト決勝に参加する予定だったのは、平均年齢28歳の男性8人。そのうちの1人・スティーブンさんは、「こういう結果になることは予想していた。もし開催されていたら中国に新たな歴史を刻むことができたのに」と話した。コンテストの優勝者は中国代表として今年2月にノルウェーで開催される世界大会に出場することになっていた。(翻訳・編集/本郷)



【関連記事】

北京で初の「ミスター・ゲイ・コンテスト」、政府が同性愛者に保護措置?―中国

中国はドイツよりゲイに寛容、政府系のゲイバーまで―ドイツ紙

「エイズ啓発ゲイバー」、社会の圧力で開業遅れる?―雲南省大理市

同性愛者は3000万人!意外と寛容な社会、同性結婚も合法化か?―中国

「夫は同性愛者」が1600万人!?報われぬ愛に涙する女性たち―中国
{0}

P R
カテゴリアーカイブ