5月 

2006年05月01日(月) 1時30分
もう5月になった。
早いもので今年も、もう半年経とうとしてる。

どんどん年をとる。

もう6ヶ月もすれば24歳になってしまう。

そうそう、中2のころに、24時間テレビに参加したくて
貯め始めた小銭たちも、10年という月日で
2リットルペットボトルにいよいよ満タンになった。
今年こそは栄に持って行こう。

ただ、この2リットル募金、えれ〜こと重量があって、リュックに背負って
歩くだけでも、メげたり、ヘコんでくることは請け合いだろう。
しかも、この重みは日福大学で満足させるには非常に惜しい、ときてる。
なんせ十年一昔?ペットボトルはずっと僕の部屋に置いてあるため、
もはや何の不自然もなく部屋に溶け込んでしまってる。
変な言い方をすれば、家族になってしまってる。
家族をないがしろにして送り出すわけにはいかんでしょう。
でも、栄まで行くのはめんどくさい・・・。

はあ、これだから六月は嫌だ。

会えないあいつ 

2006年04月28日(金) 22時53分
最近何故か、よくどこかにいってしまう。

あいつはいったい、どこへいってしまうんだろう。
あいつがいなくては始末に困ってしまう。

まあ心当たりはある。母親か
はたまた父親が連れて行ったのか。
妹はいなくていいって言ってる。

あんまり探してもいないから
今日新しいあいつを探した。

いない。別なやつはいるのに。
別コーナーにいるのか?

やはりいない。

肩を落とし、
はじめに別なやつを見つけたところに戻る。
!!
何てことだ。やつは、その別なやつの隣で
しっかりぶら下がっていた。
100円を片手にレジへ行く。
新しいあいつは背中にシールを貼られた。

これでもう始末に困ることはない。
これからは連れ去られないように
もう離さないようにしないと。

しかし、いなくなったあいつらは
一体どこへいったんだ

大事にされていてくれたら

俺の、鼻毛切りバサミ

めいきん生協 

2006年04月26日(水) 19時31分
の、説明会に行ってくる・・・。
なんか就活のことばっか書いてるなあ。
おんなじ話題を繰り返すのは自分の中じゃ軽蔑に値するんだけど。

でも今日はそれくらいしか

説明会場に着くと、フェイス何たらって紙を貰う。
自己紹介のようなことを書き込む。

そのなかで、どうして生協で働きたいのですか?
なんて質問をされた。
こういう質問が一番困る。

僕は楽しく仕事ができればいい。
それでお客さんがよろこんでくれたら言うことはない。
だからお客さんと身近に接する仕事がしたい。
できれば会社側の損得勘定を気にしないで。

ペーパーには、まあ答えられたと思う。
ほんと、気持ちよさげなアピールを賢しくもするのは
反吐が出る思いなのだが、書かんことにはいかんでしょう。

ちゃんと書きましたよ。なんとかね。

時間も2時くらいになり、説明が始まる。
業務内容しか知らなかった生協についてが
だんだんと明らかになってくる。

いい団体だな。と思った。

もちろん自分の会社のことは聞こえの言いように
プレゼンするのは当然のことだけど、お客さんの考えを反映させて
それが「儲け」という形で戻ってくる。
その、もっとお客さん側に近いところで商売ができるところは魅力的だった。

ただの先入観かもしれないが、売れるかもしれないものを
店頭に並べてその思惑通りに物が売れていく。
なんていうのが大体の販売店のやり方だと思う。
でもそれの底辺に最優先的に流れているのは、「利益を得ること」。

思い。を大切にしたいと思う。
こうすれば自分にいいようにことが運ぶだろう。ではなく、
思いが行動を起こさせ、それが結果的にいいように動く。
そうでなくてもその方が気持ちがいいじゃないか。
なんて甘い考えなんだ、なんて不器用なんだと鼻で笑われるかもしれないが、
でも、それは僕の中では、とっても大切なことだ。

生協が今の第1志望になった。願わくば、試験がうまくいって入協出来ますように。

今期初の入社試験 

2006年04月23日(日) 16時50分
といっても、簡単な適性検査をしただけ
100問近くある問いかけに「はい」か「いいえ」で答えた。
どうにでも受け取れるような質問が何問もあって、たまに
ボールペンを持つ手が止まる。

ああいうのって正直に答えていいんだろうか。
明らかに、(これヤベーんじゃねーか?)と答えてて思った。

まあ、しかし誠実に答えていったつもりだ。

席を一番初めに立ったのは僕のひとつ前の席の人だった。
答え終わったら帰っても良い。ってことだったので、皆答え終わり次第
帰っていく。集中していたのでわからなかった。70人くらいいた中で
いつの間にか僕だけが一人回答を続けていた。

少し焦る。

回答のスピードが2速に上がる。

ようやく答え終わった僕は、履歴書とエントリーシートを
回答用紙と重ね、「遅くまですいませんでした
と受付のお姉さんに頭を下げた。
「ありがとうございました」
と深々と頭を下げるお姉さん。その姿に少し戸惑ったが、

(こちらこそ、ありがとうです)

そんな風に思いながら、もう一度お礼を言って説明会場をあとにした。

名城線に乗ったから、金山で降りる。駅で買ったパンをいち早く食べたくて
アスナルとは反対側の出入り口に向かうと、日立のテレビWOOの展示会をしていた。

駅構内から出たところにある広場では、ダンスをする人や、あなたを見て詩を書きます。
なんて人たちもいた。

日曜の金山ってこんな感じなんだ。

雑多でなかなか面白い。しかしなんで金山なんだろうね。

ツボ 

2006年04月22日(土) 0時09分
今日久しぶりに笑いのツボにハマる。

以前ハマった笑いのツボは、もう4年も前のことになる。
登校電車の中で友達と話していて、「この人は〜に似てる」なんて
笑いあっていたのだが、どこの駅だったか他の乗客によって二人が別たれた後、
「あんたの目の前にいる人、文珍師匠じゃねえ?」
なんて、よりによってその友達からメールで送られてきた。
めちゃめちゃ似てた。あの髪型こそ似るのはままならなかったが、
その人のメガネ、そして、神妙な顔つきで目をつむっているその顔は
まさしく、桂文珍師匠だった。
乗客を一人挟んで、僕と友達は必死で声を抑えながら、15分は笑い続けた。

ハマりすぎだな。でも相当に面白かった。

そして今日のツボ話、哲学概論という興味本位で履修した
小難しそうな授業でのことだ。
先生はガリレオ=ガリレイを引用の一部として紹介しようとした。
先生の手がぴたりと止まる。そしてポ−カーフェイス。
ホワイトボードには
「ガレイ」
と書いてあった。
反則だった。思わず下を向き、吹き出す。
僕の頭には魚の「カレイ」が「ガリレオ」とぐるぐる回っていた。
しかも先生何事もなかったように授業を進める。そして、ポ−カーフェイス!
舌べらを思い切り噛むのが笑いをこらえる僕のコツだ。
いつもならこれで我慢できる。でも今日は無理だった。
授業中のいたるところで「カレイ」がひょっこり頭を見せる。
そのたびに僕はうつむき肩を小刻みに揺らした。

久しぶりにツボった。愉しい授業だった。

就職活動 

2006年04月18日(火) 20時31分
今日は就職活動がんばった。
・・・なんだこの書き出し、日記みたいだなあw。

これ誰かが読むんだよね。

皆さんよろしくねー。

まあ、就職活動をしたわけですよ。話を戻しましてね。

3日程前に別の企業展で行った、某アパート仲介業のブースに再び行くと、
前と同じお姉さんが一息ついておりました。

(もうはい蚊がおる・・・。)

覚えててくれてるかなあ、なんて思いながらパンフレット貰いに行ったら、
(前のときは、パンフが無くなってたから。蚊が手を狙っとる)
ちゃんと覚えててくれた。

きっと僕が好感のもてる青年だったからに違いない

うれしかった。

しかし就職活動、疲れる。
社会人の皆さんは、みんな通貨してきてるんだよね。
尊敬します。

2006年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像happy
» ツボ (2006年04月23日)
アイコン画像dei
» ツボ (2006年04月23日)
アイコン画像happy
» ツボ (2006年04月23日)
アイコン画像dei
» 就職活動 (2006年04月18日)
アイコン画像happy
» 就職活動 (2006年04月18日)
月別アーカイブ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:day_of_dei
読者になる
Yapme!一覧
読者になる