夢があります 

March 15 [Thu], 2007, 22:48
夢ができました

それは 彼女の夢が叶うこと
そのために私ができることはなんだろう
彼女に会えてよかった
私はいつも誰かに救われてる
ほんの些細な気遣いが
今の私にはぐっとくる

彼女が思うほど
私はイイヒトでもない

やはり対人関係は鏡のようだと思う
お互いを映し出す

分かってくれるヒトもいれば
分かってくれないヒトもいる
どちらも私を映し出しているのだと思う


人生に試されている
そんな感覚

私のヒトとしての
何かが試されている
そんな感覚


進んでいるこの道は
いつも二手に分かれていて
一方の道は実は後戻り
戻るのは一瞬の勇気
進むのも一時の勇気
毎朝毎日 しぶしぶ決断しながらも進んでいる

それは 結構凄いことなのかもしれない

最近は覚悟が付いてきた
しばらくは 辞めない
少なくともCMの1月生が修了するまでは
私には 見守る責任があると
そう感じている

もちろん 営業として
求められてるものは多いけれど
全然達成できてないけど

どんなに叱られようと
彼女たちを見送るまでは
私は この仕事を放棄できない
そう思っています

今日 彼女と話をして
余計に強く感じたこと

でも今日は
そんな彼女の心遣いに喜びながらも
またもやミスをして・・・

おまけに 生理痛でダブルパンチ〜

早々切り上げて帰ってきました

今日はどうがんばってもアポ切れそうになかった
心意気も負けてた

そっちは明後日挽回するとして
今日は休むことにしよう
明日も勉強のため朝9時に出勤だけど。。

<気分を明るくするためにやること>
  ・髪を染める
  ・ゲルマニウムに行く
  ・ジムに行く
  ・音楽機器を買う
  ・休みの日の楽しみをつくる
  ・歯医者へ行く・・・

今 とにかく歯痛がひどい
明日はCMの勉強会
お休みなのに〜

でも そんな機会滅多にないので
張り切って行ってこようと思う

なにより 修了生に有益な情報あげられるかもしれないしね!


25年目の私 始動です!!!!!


 

March 01 [Thu], 2007, 0:07
ボロボロになってるあなたを
そっと はげましたい

でも わたしはむりょくだ

あなたがいなくなるとこまる

なぜだか すごくこまる きがする


ボロボロになってるあなたが
わたしを こころづかう

あべこべだ

あなたは よわい
だけど とてもつよい

それがわかるから
その つよさをかんじていたい

あなたには 光をかんじる

きっと じきに羽ばたくだろう

そのときは 笑顔でおくりだしたい

がんばれ
がんばれ

そっと 心のなかで唱えた

ありがとう

ときどき 鏡のなかのじぶんをみているような
そんな錯覚に おそわれる

ありがとう

あなたがいてくれて
ほんとによかった


ゆっくり眠れますように

癒しと憧れの君 

February 26 [Mon], 2007, 0:13
今日は待ちに待った同期会の日でした。

なのに

なのに・・


イベントがあり
またもやお叱りを受け
定時であがれず。

結局流れてしまいました。


その代わり、と言うにはあまりにも贅沢だけど
大好きなKさんと少し飲んできました。

今日は二人して同じ上司にお叱りを受けました。

落ちている彼を
なんとか元気付けたいと思ったけれど
結局私が癒されただけなような気もします。

私って無力だなあ。。

ただ、ひとつ言えることは
私はこの人と同じ職場で働けるのが嬉しいってこと。

不器用だけど誠実。
悶々としてるけど目標がある。
自分もツライのに、私の心配をしてくれる。

そんな彼がとっても好きです。



ただ、今日は・・
Yマネージャーに迷惑をかけてしまって
それが一番つらかった。

出来れば叱りたくないだろうに
叱らせてしまった。

それが一番悔しい。

憧れの あの人だからこそ
悔しくて仕方ない。

同じ失敗は二度としない。

責任の持てない発言はしない。

そう心に決めました。

そうそう、Kさんは今彼女いないっぽい。
やったね☆ とか言ったら不謹慎かな??
でも、そんな気はしてたけど。

やっぱり夢がある人ってステキだ。

例え、今どんなにボロボロであろうとも。

進みたい道 行きたい先が分かっている人だから
私は違うと感じる。
だからこそ憧れを感じる。

あー、もう。。

Yマネージャーの前で泣いちまった。
情けない。

合わせる顔がない。

恥ずかしい。

なにより悔しい。

彼に“デキナイ女”だなんて思われたくない。
今はその一心です。

明日こそ髪を切る。

1ヶ月ほど経ちました。 

January 30 [Tue], 2007, 2:41
今日は凡ミスだらけでした。
そこまで厳しくではないにしろ
何度も怒られ、注意され、呆れられました。

自分の至らなさに涙が出そうになった。
必死で堪えたけど。

無力感に襲われました。

明日こそは今日よりうまくやろう。
そう思ってはいるものの
実際そう行動できていない自分がいて・・

至極、歯痒い。

入社して1ヶ月ほど経ったけど
当初思い描いていたほど
仕事が出来るようになったわけでもなく
勉強がはかどっているわけでもなく
小さな成長が嬉しかった1ヶ月前に比べると
出来ないことばかり目につく。

これも成長段階のひとつなのかな?
でも正直しんどい。

同僚のKさんと少し話したら
彼もかなり参ってる様子だった。
でも、ちょっとしたグチを言い合える人がいて
少し救われた。
この人なら大丈夫だって分かったから。

仕事帰りに電話した同期も毎日叱られてばかりだとか。
怒られない日はないと言ってました。
お互い大変だー。

3月まではこんな日が続きそうな気がします。。(涙)

テンション上げようってがんばってみたけどダメでした。
明日は休みなので、十分休養とって翌日に備えたいと思います。

早くこのダメループを抜け出したいです。
気持ち切り替えないと。
今すんごい“くらーい”オーラを放ってる、気がする。
油断するとすぐドヨーンとなってしまうので
そこだけはホントに気をつけないと。
周りにも悪い影響与えちゃうしね。
うん。それだけは意識して注意しよう。

2月の予定を励みにしつつ
元気出します。

社会人デビュー 

December 13 [Wed], 2006, 1:29
来週から 社会人になります

このところ
ずっと その準備に追われていました

でも この2日間は
久々にだらだらしました
夜更かしもしました
睡眠チャージしました

身体は 喜んでるかもしれないけど
気持ちは そうでもないことが分かった

なにかしよう!って
がんばってるほうが
がんばれるほうが 心地良い

もちろん 適度に休みはとりたいけど

精神的に充実した社会人ライフを送りたいです

常にクリアすべき課題を見つけて
その課題を解決しつつ 成長しつつ
私生活も充実させられたら
きっと 今より輝ける気がする

何年続くか分からない

営業って仕事が 自分に向くかも分からない

だけど 精一杯やっていきたい
悔いのないように
一日一日を大切に
これから関わっていく人の人生を
より 素敵にしていくために
私になにか できればいいな

とにかく 明日からまた始動!!

飲みよりも 付き合いよりも
恋よりも ダイエットよりも
今は仕事に向けて
最高のコンディションでいきたいです

明日は横浜でオフィスルックのお買い物するか
雨っぽいけど

ジムや日払いのバイトは辞める

いろいろ身辺整理しておかないとね

年末にかけて忙しくなりそうです
でも めげずにがんばる

まずは職場に慣れないと

あ 美容院にも行っとこう

そんなわけで しばらくバタバタです
がんばるぞーーー

学習性無気力と母娘間の葛藤と自立 

November 23 [Thu], 2006, 13:08
学習性無気力というものを
今朝 私は身をもって体感した

一連のやりとりは こんな感じだった

起き出した母が台所で
昨夜 私が作ったおかずを見て
まず第一声

母:「まずそうねー!!」
私:「・・じゃあ食べなければいいじゃん」
母:「量が多いわよ」
私:「なら私が食べるから」
母:「だから 太るのよ」
私:「別に肉も入ってないから・・」
母:「あんた 暇なら料理学校通いなさいよ」
私:「いいよそんなの別に」
母:「美味しい料理作らないとダンナに逃げられるわよ」
私:「今いないダンナにどう逃げられるのよ」
母:「早く結婚しなさいよ」
私:「今働こうとしてるんだけど」
母:「日払いとかのバイトでもしたらいいのに」
私:「今は社員の探してるの」
母:「夜早く寝ないのに朝起きれるわけないでしょ それ食べたら寝るんでしょ?」
私:「寝ないよ」
母:「早く嫁に行かないと 子ども遅いと大変よ 私みたいに」
私:「ああそうですか」
母:「30過ぎて子ども生むなんて・・・・(以下略)」

このあたりで
私は気付いた

このヒトと いくら話し合ってもムダだ

私が怒れば怒るほど
火に油を注ぐようなもので
解決には至らない
むしろ 口論が激しくなるだけ

そう このヒトの価値観は凝り固まってるのだ
50数年 生きてきたんだ それも当然だろう

そして私は
「話す」「喋る」「怒鳴る」「声を荒げる」ことを諦め
目の前の朝食を 早く片付けることに集中した

幸い NHKで朝の連ドラが始まったため
私は朝食とテレビに集中した

彼女の声を
これ以上 私の感情を逆撫でさせないように

彼女のほうも
しばらく ブツブツと呟いていたが
私がさっさと朝食を片付けて二階へ上がったため
もう一眠りを始めたようだった

二階で 私は日記を書き始めた
次に 今日送るための履歴書を書いた
その頃になると 少し落ち着きを取り戻した

そして 冒頭のことに気が付いた

そうか・・これが学習性無気力だ
逃げ場のないネズミが電流を流され続け
ついには 逃げ出すことを諦める
アレだ

彼女のお小言は 電流なのだ
私は 必死に抵抗しようとした
彼女に 私の気持ちを分かってもらいたくて
そして彼女に きっと 励ましてもらいたくて

「話す」「喋る」「怒鳴る」「声を荒げる」

この すべての行為は
どこまでも 彼女と分かり合いたい一心から
起こした行動だったと思うのだ

いつもなら その後私は決まって泣いてしまうのだった
その悔しさは どこからくるのかと思っていたけど
きっと 彼女に分かってもらえないのだという悔しさ
そして 悲しさだったのだろう

「お母さん なんで 分かってくれないの?」

きっと 私は いつもそうだったのだ

小学校の不登校の時も
中学高校の不登校の時も
そして 今も
変わらず 願い続けてきたのだ

彼女に 優しくしてもらうことを

でも 私はもう24のオトナだ
実質的にはそうでなくても
社会的には立派なオトナとしてみなされる

だから いつまでもこのままじゃいられない

結局私は 「母親」という幻想を夢見ていたのかもしれない
幼い頃に体験したはずの「母親」を
今も 心の中で欲しているのかもしれない

私を慰め 癒し 慈しむ存在である「母」

でもそれは もはや現実には存在しない

だから 次は私が「母」になる番なのだろう
かつて母であった彼女から離れ
自らを「母」となりうる存在に成長させる
それが 今の私の課題なのかもしれない

母と娘の葛藤は 思ってる以上に根深いのだ

そんなことを 今思った


私が 母から切り離されるために
今すべきこと
それが 就職
仕事をもち 彼女に一人前として扱ってもらう
それが彼女に出来ないようであれば
私が 彼女を切り離すまでだ
自立への第一歩
それが 職をもつことだ
そして 実家を離れること
これが必要となってくる日も近いかもしれない

ちゃんとした一日 

November 16 [Thu], 2006, 3:42
今日は ちゃんと 就職活動をした
飲みにも ちゃんと 顔を出して
ちゃんと 飲んで
ちゃんと 明るくふるまって
ちゃんと 終電で家に帰った

なのに
それなのに

この切なさはなんだろう


あなたじゃなきゃ
あなたがいなきゃ

私は ちゃんと 楽しめない

it must be you.

it は 側にいてほしい人 であり
今一番好きな人 であり
あの子 であり
あなた である

そんな it

あなたじゃなきゃ
あなたじゃなきゃ

今 あなたに会いたいのに

会えない

鬱陶しがられてるかもしれない
それでも しつこく連絡してしまう自分がイヤで

今日は ちゃんと 耐えた

やっぱり 私はあなたが好きなんだと思う

理由なんて分からないけど
この感覚は 恋なのだと思う

ひどく幼稚で 独りよがりの恋
自己中心的に 誰かを求めてる恋

酔っているからかもしれない

今日は ちゃんと 帰ってきたのに
ちゃんと 帰れたのに

ひどく 切ない夜なんだ

あなたの好きな曲を聴いたって
あなたを近くに感じられるわけじゃない

分かっているのに

今日も あの曲を聴いている


好きだけじゃ どうにもならないことがある
私とあなたは きっと付き合えない
これは 予感
当たるかもしれないし
当たらないかもしれない
そんな 曖昧な予感
予感なんだから 曖昧で当然なんだけど

あなたはきっと 私を選ばない

ふたりで 飲みに行こうって約束も
果たされないかもしれない

そんな約束も
あなたにとっては
小さな ひとつの 付き合いに過ぎないのかもしれない

きっと そうだろう

私は その日が来るのを
今 心から待ち望んでいるのに

好きになることを
止めることはできない

だから 今だけは
少しだけ
あなたのことを
考えながら眠りに就きましょう

ちゃんと しなくちゃ

もっと もっと
ちゃんと オトナのように
オトナの厳しさをもって

自律
そして 自立

これが 残りの1ヶ月のテーマなんだから

欲望と本能と快楽の夜 

November 13 [Mon], 2006, 3:49
やっちゃった・・・

欲望渦巻く夜の街で
本能の赴くままに
快楽を求めて

でも 満たされることなんてなかったし
そんな期待もしてなかった

ただ なされるがまま

私は応えてしまった

一夜限りだけど
自分自身を裏切ったようで イタイ

相手は妻子持ちだった

あー なんてイタイ子なんだろう 私

自己嫌悪
その一言に尽きる

だから もうしない

例え 相手に求められても
拒む意志を持たなきゃいけない

初めから 嫌な予感がしてた

エレベーターで出会って
流れるように お店に入って
私を隣に座らせた時から

それでも ちゃんと帰ろうと思ってた

なのに・・・
帰ったと思っていた彼は 戻ってきた

そこで 帰ればよかったのに

私は弱い
だけど 弱さを理由にしてはいけない

それなのに 応えてしまった

ホント 今年最大級の自己嫌悪
厄払いに行きたいくらい

しかも 最後にお金もらったよ・・・・・・
別に なんの対価も求めてなかったのに
どんどん 自分が薄汚れていくような
スレていくような
嫌な感覚

私は高潔でありたい
それなのに 身体はいつも
求めていて
欲していて
欲求不満で
求められれば応じてしまう
求められなくても欲してしまう

それでも 最後までいかなかったのは
私の中の最後の砦 なんだと思う

身体と心の間のライン

それが 最後の行為

心を許さなければ
最後の行為まで及ぶことはない

そう思っている

今は

でも それさえも
揺らいでしまっていて焦る

もうこんなことのないように
しっかりと しっかりと
自分を守らなきゃ

おかげで セミナーもドタキャン

今週はがんばる
せめて 11月中はがんばる

12月には あの人とのサシ飲みがあるんだから
それを励みにして
もう少しだけ もう少しだけ
がんばってみる

ちゃんと しなさい!!!!

気合が足りないみたい
明日のライブで注入してきます では

なんとなく 

November 02 [Thu], 2006, 3:48
なんとなく やる気でない

自分が からっぽな気がしてしまう

なんとなく 切ない

自分には なにもない
そんな気がして

誰かといる時は
調子良くやれるのに

一人の時間が長くなると
すぐ こんな感じ

弱いなあ

これも やっぱり
自分の中に やるべきこと
そういうのがないからなのかもしれない

働かなくちゃ

でも 今のところ
働き先がない

私の選り好みだって 分かってるんだけど

妥協はしたくなくて
不器用で
面接が大の苦手で

そのくせ 変なプライドが捨てられない

ああ 難儀な性格だなあ

でも 直してかなきゃ
ダメだって思うんだったら
直さなきゃ

もっと 新しい自分へ

とりあえず 今日ジム行って
2ヶ月間の最後の測定してこよう

そしたら 次の日はもう名古屋ツアー

テンション最低なのが 心配だけど
なんとか がんばろう
ワガママな私を出さないように
気付かれないように

穏やかに 穏やかに
2泊3日 すごします

酒に飲まれないこと
自分をちゃんと保つこと

もう いい加減オトナになりましょう

彼を襲ったりしないこと

コレ 大事

ヘコタレナイデ 

October 31 [Tue], 2006, 1:28
決まりかけてた



・・と 思い込んでた

で 地味にすごく凹みました

でも A嬢にメールしたら
すぐに 電話がかかってきて
散々 愚痴を聞いてもらったら
だいぶ スッキリして
「さぁてと 次行くぞ!!」って感じになりました

ありがとね

相変わらず 遊びの予定ばかり増えていますが
面接もボチボチ入れようと思います

やっぱり 一社重点ってのも
ムリがあるし
なにより 時間のムダだってことに
今回 改めて気付かされたのでした

だって 1ヶ月も棒に振ったってことだもん

待ち続けて
ラブコールして
じらされて
じらされて
待ち続けて・・・

そんな 1ヶ月間だった

だけど もう受け身になるのはやめる

恋も 就活も
待ってるだけじゃ 出会いは訪れない
自分から ガンガン飛び込んでいかないと
そうじゃないと
誰も声なんてかけてくれない

だから がんばってみます

とりあえずは 就職活動のほうだけでも

参るツアーのことは
確かに 不安というかがあるのだけど

それよりも
今 私に大切なこと
それが ジョブハンティングやと思ってます

目下の最重要課題 です

社会人として働くこと
年内には 内定だけでももらうこと

どこだっていい

とりあえず 今のままじゃダメなんだ

だから やれるだけやってみて
がんばってみて
自分の納得いくまで 粘ってみよう

絶対に がんばって働くんだから!!!
2007年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:dawnfollower
読者になる
Yapme!一覧
読者になる