照射面積は?

June 06 [Thu], 2013, 11:44
照射面積というのは、光を使った脱毛器の場合です。
カメラのフラッシュのような光が、黒い色素だけに反応してムダ毛を処理していきます。
脱毛器の先端についているカートリッジから光が照射されるのですが、メーカーによってカートリッジの大きさも変わるので、照射面積も変わることになります。
照射面積が広いほど一度に広範囲の処理が可能なので、肌への負担も少なく済ますし、スピーディーな処理が可能になります。
照射範囲が狭い場合は照射回数も増えますし、カートリッジの寿命も短くなる傾向があります。
どちらがいいかは好みもありますし、機械の性能にも大きく関係してきますね。
照射範囲が狭いから悪いとは限りません。
狭くて照射回数が増えても、確実に処理できれば仕上がりもキレイですし、何度もやり直さずに済みます。
照射範囲が広いとスピーディーな処理が可能ですが、見落とす場合もあるので照射範囲に関係なく、丁寧に処理していくことも大切ですね。

脱毛器を徹底比較 家庭用脱毛器の比較ポイント:価格

March 26 [Tue], 2013, 15:08
家庭用脱毛器と言っても沢山の種類があります。
どうせならより効果の高い家庭用脱毛器をより安価な価格で選びたいものですね。
こちらのサイトでは人気の高い家庭用脱毛器が紹介されていました。
今日は、幾つか家庭用脱毛器の効果や価格を比較していきます。
まず最初にもっとも一般的で数多く出回っているのはフラッシュ方式やレーザー方式の脱毛器具です。
フラッシュ方式はレーザー方式の脱毛器と比べると痛みが少なく、またレーザー方式はフラッシュ方式と比べると火傷の恐れが無く肌に優しいのが特徴です。
原理としてはレーザー方式もフラッシュ方式も色素に反応し毛根を破壊して脱毛効果を発揮しますので大きな違いはありません。
価格としてはどちらも数千円から10万円以上と幅広く、一度に脱毛できる部位が広ければ広いほど価格が高くなる傾向にあります。
はっきり言って基本的に照射面積が広く効果が高い家庭用脱毛器ほど価格が高いのです。
近年ではサーミコン方式の脱毛器具が話題になっています。
こちらは同じ脱毛面積でもフラッシュやレーザーと比べると価格が非常に安価です。
サーミコン方式は別名熱線方式とも言われ原理は熱線に触れた部分の毛をカットし熱伝導により毛根にダメージを与え脱毛を促します。
ただし、フラッシュ方式やレーザー方式とは違い長期間の脱毛効果は多少劣るのが難点です。
家庭用脱毛器を購入する際はそれぞれの脱毛器の原理を良く確認し自分に合った物を選ぶのが大切です。
いきなり高い物に手を出さず、まずは照射面積が狭い安価な物で試してみるのもいいですね。

最近気になる家庭用脱毛器の豆知識:脱毛に必要な時間など

March 26 [Tue], 2013, 15:06
家庭用脱毛器が欲しくて脱毛器 ランキングをチェックしていました。
暖かい季節になって薄着になると、特に女性が気になるのは、脱毛のことについてです。
自己処理には、剃刀で剃ったり、脱毛剤や脱毛テープを使ったりする方法がありますが、どれも手間がかかる上に、刺激が強く肌にも良くないようです。
優良なエステサロンで脱毛するのが一番良いのかもしれませんが、やはりエステサロンとなると高額な費用が必要になります。
最近は、自宅に居ながらにして、エステサロン並みの仕上がりに脱毛できる家庭用脱毛器が発売されています。
この家庭用脱毛器には、様々な種類があります。
エステに通うのは費用も時間もかかるので、その代わりに家庭用脱毛器を購入したのに、脱毛するのに大変時間を要する場合が、少なからずあります。
それは、その家庭用脱毛器がレーザー方式であることが原因です。
この機種は、照射面積が直径1cmの範囲しかないので、広い面積を脱毛しようとすると長時間かかってしまうのです。
レーザー方式の他に、サーミコン方式や、フラッシュ方式の家庭用脱毛器があります。
サーミコン方式のものは、熱したワイヤーで毛を焼くという方式で、脱毛効果が低い場合があります。
さて、最後のフラッシュ方式というのは、現在エステサロンで使われている脱毛器と同じ方式で、照射面積も3.5cm×2.0cmと広いので、その分脱毛に要する時間の短縮が期待できます。
自宅でいつでも、空いた時間に脱毛できて、処理後の肌もきれいに仕上がるので、最初は少し高く感じるかも知れませんが、コストパフォーマンスを考慮すると、家庭用脱毛器はかなりお得です。

気になる!部位別に選ぶ家庭用脱毛器について

March 26 [Tue], 2013, 15:06
薄着になる季節が近づくにつれムダ毛が気になる部位が増えてくるものです。
最近では家庭でも手軽に脱毛が出来る家庭用脱毛器が数多く出回っています。
しかし、種類が豊富でどれを選べばいいのか分からないという方の為に、気になる部位別に選ぶべきおすすめの家庭用脱毛器を解説していきます。
まず、ムダ毛の中でも一番気になる人が多いワキ毛。ワキは毛も太く黒いので目立ちやすく、人目につきやすい部分ですのでなるべくなら手っ取り早く効果が出るものが望ましいですね。
しかし、ワキは身体の中でも特に皮膚が薄く敏感な部位でもあるので、なるべく刺激の少ないものを選ぶことが大事です。
ポイントは、【照射パワーが強く一度に広範囲を脱毛できるタイプ】【レベルが調整でき、なるべく肌に負担の少ないもの】です。
次に、人に見せたくないからエステに行きにくい…と言う人が多いビキニラインです。ビキニラインは特に敏感で、脱毛により赤みやかゆみなど肌トラブルが起きやすい箇所です。
また、脱毛により傷ついた肌から菌が入って炎症を起こす事も。
選ぶべき家庭用脱毛器のポイントは【肌に優しいフラッシュタイプ】です。
人に見られる部位別第一位ともいえるヒザ下、ヒジ下。
とにかく広範囲ですし、一番見られやすいところですので仕上がり重視。
ポイントは【一度に広範囲の照射ができるワイドタイプ】【低コストのもの】です。
最後に、鼻下など顔の産毛。
これは特に赤みや炎症が起きやすいので、一番のポイントは【肌に優しいフラッシュタイプ】であること。
毛抜きで引っこ抜くなど以ての外です!
このように家庭用脱毛器は気になる部位別にうまく選ぶことが大切です。

家庭用脱毛器の種類はとても多いです

March 26 [Tue], 2013, 15:04
ムダ毛の処理に悩んでいるけれど、エステサロンやクリニックへ行くには時間も費用もかかります。
そんな人たちに人気なのが家庭用脱毛器です。家庭用脱毛器は様々な種類があります。
採用されている脱毛方式や使用部位、価格も幅広く用意されており、自分のニーズに合わせて選ぶことができます。
脱毛方式はレーザー方式やフラッシュ方式が人気です。
毛根の細胞を破壊することで、毛が再生を止めるのです。
使い続けると毛が生えにくくなる効果が期待できます。
エステサロンやクリニックで採用されている方式と同じですが、家庭用脱毛器の場合は安全性を考慮して出力が弱くなっています。その商品によって違いますが、出力が弱くて効果が低いものもあれば、エステやクリニックと同様の効果が得られるような高性能なものまであります。
価格は高めですが、繰り返し使用することを考えればコストパフォーマンスが高いといえるでしょう。
その他の種類には、電気カミソリやシェーバーのように、毛を剃るタイプのものがあります。
カミソリで処理するよりも安全で肌への刺激が少なく、簡単に使用することができます。
また、ローラーで毛を抜き取るタイプのものもあります。痛みが比較的強く、毛穴に負担がかかることもあるので注意が必要です。
毛を剃ったり抜いたりするタイプの商品は安価で処理時間が短く、気軽に使用できることから人気を集めています。
その他にも使用できる部位や機器の大きさなど多くの種類があります。
家庭用脱毛器を購入する際にはよく比較して、自分の毛質や肌質に合った商品を選ぶようにしましょう。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:家庭用脱毛器たん
読者になる
2013年06月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる