ハイジニーナ脱毛のデメリット

February 12 [Tue], 2013, 13:29
ハイジニーナ脱毛のデメリットとして、生えていて欲しくない部分のムダ毛をなくす分には、最適な方法ではあるのですが、後から増やすことはできないので、そこがデメリットとなります。

そのため受けるには最初にしっかりと計画を立てる必要があるでしょう。

その次は、費用ですね。

ハイジニーナ脱毛における金額は数万円単位で必要になってくるので自宅で行うシェーバーによるムダ毛処理とは大きく経済的な負担が異なります。

ただし、最初に出費が必要なだけで、それさえクリアすれば日々の処理に手間も掛からないですし、何より以後、下半身のムダ毛で悩むことが無くなるのですから、これはメリットの方が大きいと言えます。


料金

Vライン(上部・サイド)を脱毛するなら
6回で12,750円(15%オフ)、脱毛し放題で25,500円のコース。今なら選べる9部位・1年3回脱毛 ファーストチャレンジコースが【2,000円】で施術可能です。

ハイジニーナ脱毛とは「清潔」という英単語が語源で、デリケートゾーンの脱毛を指しています。V・I・Oラインすべての脱毛をセットで行う商品を指すこともありますし、単にデリケートゾーンのお手入れに対して「ハイジニーナ」という言葉を使っていることもあります。

海外では多くの有名人がハイジニーナ脱毛していて、
日本でもあなたのようにハイジニーナ脱毛しようと考える女性が増えているようです。

しかしデリケートな部位の脱毛は痛みを感じやすいので、
できるだけ痛みの少ない脱毛サロンを選ぶようにするといいですよ!

どこの脱毛サロンでもハイジニーナ脱毛の料金はだいたい5万円前後です

ハイジニーナとヒップ全体の脱毛を組み合わせると、大胆な水着の着こなしにも抵抗がなくなります。お尻の毛もなくなりますので、触った時の「じょりじょり」する感じもなくなり、赤ちゃんのお尻のようなふんわりとした手触りが再び蘇ることでしょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ハイジニーナ脱毛
読者になる
2013年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/datumohaijinin/index1_0.rdf