データサイエンティストが来た

October 01 [Tue], 2013, 20:09
データサイエンティストは、ビッグデータが注目されるようになって出てきた職業です。
データサイエンティストと名乗りを挙げるのは簡単だけど、実態はまだまだこれから着手するという企業が多いのが現実である。

特に大企業は、組織を立ち上げるだけでも数年かかるので、これからデータサイエンティストを養成しようという感覚だと思います。

ビッグデータの場合、技術力があり、ニーズを把握して良いものを提供してくれるところが生き残るといわれています。

いや、生き残ってほしい。という願望でもありますが。

つい最近襲来したクラウドコンピューティングの現象に似ているのがビッグデータでしょう。

5年後には騒がれなくなり、社会に浸透しますが、IT業界の言葉からの広がりはありません。

クラウドコンピュータをビジネスで成功させたのは先進企業の一部ではないでしょうか。
Google、Amazonが真っ先に思い浮かびます。

もちろん浸透せずに廃れてなくなる言葉もたくさんあります。

クラウドは消費者、ユーザ視点から普及していった。

ビッグデータはどちらかというと企業側、しかも経営者側視点です。

個人でもビッグデータの影響は受けるだろうが、やはり経営サイドでの盛り上がりが大きいと思います。

経営、ビジネスに直結するのがビッグデータではないかと考えます。

ここ2,3年前から欧米では真剣に検討がスタートしたらしいです。

間違いなく2,3年先に日本に襲来するのは確かです。

P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ニーバー
読者になる
2013年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる