エルの絵本 [魔女とラフレンツェ] 

September 10 [Sun], 2006, 14:58
如何にして楽園の扉は開かれたのか…

鬱蒼と茂る暗緑の樹々 不気味な鳥の鳴き声
ある人里離れた森に その赤ん坊は捨てられていた

幸か…不幸か…人目を憚るように捨てられていたその子を拾ったのは
王国を追われた隻眼の魔女 《深紅の魔女と謳われた》(Crimsonの)オルドローズ

銀色の髪に 緋色の瞳 雪のように白い肌
拾われた赤ん坊は いつしか背筋が凍る程美しい娘へと育った…

流転こそ万物の基本 流れる以上時もまた然り
二つの楽園を巡る物語は 人知れず幕を開ける…
(くやしい…出してくれ…助けてくれ…)

「ラフレンツェや…忘れてはいけないよ…」

銀色の髪を風になびかせて 祈るラフレンツェ 死者の為に…
小さな唇が奏でる鎮魂歌(Requiem) 歌えラフレンツェ 永遠(とわ)に響け…

時を喰らう大蛇(Serpens) 灼けた鎖の追走曲(Canon)
狂い咲いた曼珠沙華(Lycoris) 還れない楽園(Elysion)

蝋燭が消えれば 渡れない川がある
始まりも忘れて 終わらない虚空(そら)を抱く……

亡者どもの声(Creature's voice)
「──オノレラフレンツェ」…悲痛な叫びの不響和音(Harmony)
尽きせぬ渇望(Un satisfied)
「──ニクキラフレンツェ」…呪怨の焔は燃ゆる

儚い幻想と知りながら 生者は彼岸に楽園を求め
死者もまた 還れざる彼岸に楽園を求める
彼らを別つ流れ 深く冷たい冥府の川
乙女の流す涙は 永遠に尽きることなく
唯…嘆きの川の水嵩を増すばかり…

──少女を悪夢から呼び醒ます 美しき竪琴の調べ
哀しい瞳をした弾き手 麗しきその青年の名は……

「ラフレンツェや…忘れてはいけないよ…
お前は冥府に巣喰う、亡者どもの手から、
この世界を守る為の、最後の黄泉の番人、
純潔の結界を、破らせてはいけないよ…」

祖母が居なくなって 唇を閉ざした
吹き抜ける風 寂しさ孤独と知った
彼が訪れて 唇を開いた
嬉しくなって 誓いも忘れていった…

──それは
手と手が触れ合った 瞬間の魔法
高鳴る鼓動 小さな銀鈴(Bell)を鳴らす
瞳と瞳見つめ合った 瞬間の魔法
禁断の焔 少女は恋を知った…

一つ奪えば十が欲しくなり 十を奪えば百が欲しくなる
その焔は彼の全てを 灼き尽くすまで消えはしない…

「ラフレンツェや…忘れてはいけないよ…」

愛欲に咽ぶラフレンツェ 純潔の花を散らして
愛憎も知らぬラフレンツェ 漆黒の焔を抱いて
彼は手探りで闇に繋がれた 獣の檻を外して
少女の胎内(なか)に繋がれた 冥府の底へ堕りてゆく……

──近づいて来る足音
やがて彼(Orpheus)が乙女(Eurydice)の手を引いて 暗闇の階段を駆け上って来る
けれど少女は裏切りの代償として 残酷な呪いを歌った
嗚呼…もう直ぐ彼は…彼は振り返ってしまうだろう──

魔女がラフレンツェを生んだのか…ラフレンツェが魔女を生んだのか…
物語はページの外側に…

斯くして…楽園の扉は開かれた

何故だろうか 

September 06 [Wed], 2006, 23:59
ネタ帳にどれだけ送っても更新されない・・・;
ヤプースのほうに問い合わせてみたけれど反応なし。
うーん・・・
ちょうどいい機会だし
新たな闇の吐き出し場を借りてくるかな。
アレは、日常の闇を放り出せてよかったのに。
ごちゃごちゃ邪魔な広告もないし。
じぶんでCSSとかいじって作ってみるのも手だけど
流石に其の辺りはまだ知識が及ばない。
うーん
うーん
めんどくさいから寝るか(やる気ゼロ

母国情緒/東京事変 

September 03 [Sun], 2006, 21:36
猫の眼(まなこ)と犬のお耳であなたに御挨拶
何一つ逃したくは無いの
仮令誰かに妬まれたとて私は構わない
此処でちゃんと向き合えている

内緒の地図は交差点を描いて鮮やかに広がっていく
快活な空街路樹が切抜合成(コラージュ)
不確かな明日を慶んでいる

誰かが勝てば誰かが負ける
浮世は忙しい何一つ容易い事無いの
だけど思わず笑みが零れる私は仕合わせ
現在(いま)はもっとよく分かっている

たったの一人昼食を摂ろうと神楽坂彷徨った午後
入れぬ道も費やした歩数を裏切らず
繋がっていると知った

春夏秋冬雲の色まであなたとお揃いで
何一つ欲しいものが無いの
もしも望みが叶うとしたら言葉を交わしたい
母国だって同じだもの
母国情緒此処にありらむ

静寂はヘッドフォンの中/See-Saw 

August 08 [Tue], 2006, 1:36
大事な事から だんだん薄れてく
自然な事だよと 誰かにそう言われた
静寂が一人のヘッドフォンを包んで
君の声探すよ

まっすぐ投げてくる君の素直な言葉に
僕はよくある事だと一言で片付けた
君の抱えてるものを半分下さいと
なぜ言えなかったんだろう

あの頃 僕の足下はいつもぬかるんだ土にたっているようで
優しさを口にするには多分まだ早すぎたんだよ

気持ちを裸にすればするほど
安らぎに会えたのかもしれない
何が怖くて綺麗な景色を
壊したのかわからない

君はどうしているだろう


この曲は歌詞・曲共に最高。
しんみりしてて、ちょっと泣けてくる。

ツェザール 

August 07 [Mon], 2006, 1:31
心に太陽を持て
嵐が吹こうと、吹雪が来ようと
天には黒雲、
地には争いが絶えなかろうと!
心に太陽を持て
そうすりゃ、何が来ようと平気じゃないか!
どんな暗い日だって
それが明るくしてくれる!
くちびるに歌を持て
軽く、ほがらかに
毎日の暮らしに
たとえ苦労が絶えなかろうと!
くちびるに歌を持て
そうすりゃ、何が来ようと平気じゃないか!
どんな寂しい日だって
それが元気にしてくれる!

他人のためにも、言葉を持て
悩み、苦しんでいる他人のためにも
そうして、なんでこんなにほがらかでいられるのか、
それをこう話してやるのだ!
「勇気を失うな。
くちびるに歌を持て。
心に太陽を持て。
そうすりゃ、なんだってふっとんじまう」

byツェザール・フライシュレン

あ゙ー 

August 06 [Sun], 2006, 2:02
明後日学校行きたくネェーorz
ってか、もう、吐き気するわ
意味わかんねぇし、内臓掻き出すぞコラ
まぁ、N村先生の漢文を受けるためだけに
いくようなモンですけどね
ってか、それ以外楽しみがネェよ。
叶うことなら友人連中集めて
カラオケにでも繰り出したいけど
早くても18時30分にしか学校終わんないから
遊ぶ事も出来ねぇしorz
あー畜生!つまらねぇ!
ってか、暇だ。
寝るのもなんか嫌だし
かといってすることねぇし
クソ暇い。
あーつまらねぇ!
あ、取り合えず今日貰ったプリクラの処理をするかw
ペンとのり持ってこよ。

これ以上 

August 04 [Fri], 2006, 23:43
これ以上何を失って生きていこう
もう本当に、誰にも頼ってはならないんだと
そうはっきり理解させられた
自由に悩みを打ち明けられる人は羨ましい
悩みを聞いてくれる人が居る人は本当に幸せだ
どうして僕の横には誰も居ない?
どうして僕の横には誰も居られない?
わがままで傲慢だから
自分勝手で依存的だから
無理もないよね
ささやかな幸せは
私に未来の展望を予想させた
明るい未来が在るんじゃないかなんて
そんな馬鹿げた事を考えさせた
そんなものは在りはしないのだと、どうして現実を見ようとしなかった
一時の幻想に、心重ねて
僕はあまりにも多くのものを失いすぎた
例えあからさまな態度に気付いても
例え全身から嫌悪感を漂わされても
君があの時言った言葉を信じた
それが全て嘘であったのに僕は気付くのが遅すぎた
いや、どことなく気付いてはいた
でも、認めたくなかった
あの暖かな生ぬるさの中に
僕はいつまでも浸って居たかったんだ
結果僕は無残にも心を引き裂かれるのだけれど
僕はどこに行っても
どこまで行っても永遠に
変わる事無く嫌われ者で
その自分の身分や立場を忘れて
幸せになろうだなんて、そんなおこがましい事を考えたものだから
結果として、そういうことになったんだろうね
ウザがるのも当然
生まれてこの方人に必要とされたことも
愛された事もございません
当方現在悲しい一人身
どうせ死んでいく身だどうだっていいさ
でもその言葉できれば直接貴方から聞きたかったなぁ
私も言ってやりたいこと、沢山あったから
でもそれが君の最後の優しさだと
そう、取っておくから
ずいぶんお人よしだねって、言われても
すぐに嫌いになんてなれない
基本的に私は人を嫌いになれない
呪いかな?

嗚呼、出来る事なら
もし許されるなら
どうしようもなく、切りたい
もし許されるなら、今すぐにでも
嗚呼、なんだかモヤモヤする
切ったら少しは晴れそうな気もするのに
でも、ダメなんだよね、誰の誓い?

誰かのために、自分が我慢するのは疲れてきた
嘘笑いも愛想笑いも
全部全部捨ててしまえたら
明日、バイクに乗ってどこかに旅立とうか
どうせなら水着も持ってプールに寄ろうか
久々に水に触れて、泳いだりしたら
少しは気分良くなるかもしれない





mixi-ss 

July 28 [Fri], 2006, 1:22
とあるコミュに書き込んだ書き込み。

私もかなりの強がり
強がりって言うより心配かけるのが申し訳なくて
それが嫌で辛くても何も言わないで強がってるのですが。
恋人と別れて、その傷心で誰にも何も言えずに
ただただ強がって笑っていたのに、
とある人に気付かれて、頼りにしていいよって言われたのに
いざ頼ろうとしたらあっけなく突き放された
結局誰一人信じる事が出来なくて
未だに一人強がり続けて笑ってます
まるで何事もなかったように。
いつか誰かに心開けるようになりたいです・・・。

人間って分からないものだよね。本当に。
裏の話も闇の話もしませんよ
こういう話とかするのは
裏日記の存在知ってる某方のみです。

ってか、旧裏日記
何故かログインできなくなったorz
メッセもログインできないし
何だコノヤローーー!!!!

DDDDD 

July 23 [Sun], 2006, 3:02
時折強く、この頭の中が
パソコンのHDDだったらいいなぁって思います。
そりゃ、頭強く打ったらデータとぶし
ヘタしたら全部消えるかもだけど
そういう条件は置いといて
HDDだったらいいなぁって思う。
パソコンは必要な情報を
打ち込んで保存できる。
それなら勉強で暗記なんていらないし
数学にしたって全部パターン化してインプットすればすむし
何だってできる。
人は忘れる生き物だと誰かが言っていた
忘れるからこそ苦しいことがあっても生きていけると
でも、HDDだったら全部消せるし
そっちの方が効率いいよね。
消したい記憶は消えなくて
忘れたら困る事ばかり忘れて
私の頭は何でこんなにも低脳
鬱は繰り返すし
感情のコントロールも上手く行かない
それなら、感情ってソフトを
頭の中からデリートすればいい
愛しいあの人との思いも全部デリートできたらいい
もっと欲を言うなら私の存在をデリートしたい
そして、私が関わる事で
人生を歪めてしまった人の記憶から私を消して
私など最初から居なかったことにして
その人が幸せになれたらいいのに
誰一人幸せにも出来ず
迷惑ばかりかけて
不快な思いをさせて
それでも生に縋り付く私の醜さ
本当に、死んでしまえばいいのに。
まぁ、でも、もう、私の名前すら忘れてくれたかな
無理かな。無理だろうね。
恨んでくれていい
憎んでくれていい
でも、お願いだから幸せになってください
私は本当に嫌な人間だ。

うるさい 

July 18 [Tue], 2006, 22:44
頭の中で
奥のほうで
ぐちゃぐちゃぐちゃぐちゃ何かが喚いてる
うるさいうるさいうるさいうるさい!!!!!!!
畜生!殺してやりたい
あああ!うるさいんだよ!人の頭の中でぐじゃぐじゃ言ってんじゃネェ!
ああああああああああ
うるさい!うるさいうるさい!!!!!!
畜生
殺してやる
絶対殺してやる
ひひひ、くふひっひひひひはははは!!!!!
ひああはひひひひっはははははは!!
あああああああああああああああああああえっれふぁえgらtんjはこlpがrがjrfkglぱじこぺわ:@がらkjぉp;@ばm!!!!!!!!
2006年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
http://yaplog.jp/darknessmind/index1_0.rdf
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:darknessmind
読者になる
Yapme!一覧
読者になる