感心 

2007年03月13日(火) 17時10分
そんなに悲しいなら、そこに立ち止まったまま前に進まなければいい                 ずっとそうやって、目を背けたまま生きていけばいい            自分を救ってあげられるのは自分だけなのに、それに気付けないきみは、一生そのままだよ。                  可哀そうだね。     そうやって逃げ続けても、何も変わりはしないのに。            君は気付いてた?    いつも隣に僕がいることを。

無情 

2007年03月13日(火) 5時21分
どうすることもできない私は
ただひたすらあなたの名前を呼び続けてる
そうすることで、救われる気がして。
きっとあなたは救ってくれるから。

陽だまりのように優しいあなたは、信じられないくらい哀しい歌を歌う。

ここには、絶望しかない。

無常 

2007年03月11日(日) 18時44分
一等賞だなんて笑っちゃう。鐘の音がどうも頭に響いてかなわない。

すぴーって寝息たてて眠ってる君が愛しい。

何もかも、この世の全てがどうでもよくなったら来年の目標は、この世から消えることやな。

感情 

2007年03月11日(日) 1時36分
毎日、いろいろな人がいろいろな感情を胸に抱き、いろいろな思いをしている。どんな評価も、個人個人の心には無意味だ。

僕は、ただ孤独と不安だけに飲み込まれていくきみが愛しくて堪らない。
救いを求めて伸ばすきみの手を、いつ掴もうか。
このぞくぞくとする感覚が心地よくて、僕はまだ手を差し伸べられないでいる。

このままただ深く深く堕ちていくきみを見ているのも、悪くないかもしれない。狂おしいほど愛しいきみは、僕を許してくれるだろうか。

誰かにわかってもらおうなんて思わない。無様だと笑えばいい。

僕たちは今、至上の幸福に包まれている。
2007年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:dark-sunday
読者になる
Yapme!一覧
読者になる