『小さな種』 

February 21 [Thu], 2008, 0:09
小さな小さな種が、ふかふかの温かい大地に蒔かれました。


種は、少しずつ少しずつ成長していって、やがて大地から芽を出そうとします。



種を応援している仲良しの夫婦は、一生懸命大地に水をあげ声援をおくります。


「頑張れ〜、頑張れ〜。あと、もう少しで芽が出るぞ〜。」



お日様も、一生懸命応援しています。


「ほぉら、光をいっぱい浴びて元気な芽を出すんだぞ〜。」



村人たちも、一生懸命応援します。


「頑張れ〜、頑張れ〜。ここにいる全員が、おまえのことを応援しているぞ〜。」



たくさんの応援を受けた種は、たくさんのパワーをもらいました。


そして、一生懸命大地から芽を出そうとします。


「よいしょっ! うんしょっ! よいしょっ!! うんしょっ!!」



夫婦もお日様も村人たちも、種の掛け声に合わせて一生懸命応援します。


「よいしょっ!!!  うんしょっ!!!  よいしょっ!!!  うんしょっ!!!」





すると・・


とうとう種は、大地から芽を出しました・・・!!



「すごいぞ〜!! よく頑張った!!  ようこそ、新しい世界へ・・!!」



みんなみんなとても嬉しくて、感動の涙を流しています。



小さな小さな種は、自分のパワー・そしてみんなからもらったたくさんのパワーをつかって

大地から芽を出すことができました。




これからは、ますますたくさんの愛情をもらって、すくすくと育っていくのでしょう、ね。









お.し.ま.い♪

ここが、山場だ。 

February 15 [Fri], 2008, 17:48
三日坊主とは私のことだ。
お正月から決めた日記は、3ページと書いたことがない。
書き始めで溜まっているノートが何冊あることか.....今も。

現在、51.7kg。
一生かけてやっていくことなので、あせって結果を求めない。
やった結果なのだから、やることに意味があり、
やらなければ仕方がない。

この当たり前の道理が、私に実行できないのか!
道理として頭で知っていても、
実行できなければ、理解したということにはならない。

私は、ちゃんと理解した。
その証を求めるのだ。

まるばつさんかく 

February 08 [Fri], 2008, 16:01
■とんがりコーンを指にはめたことがある。
 【○】

 ついこの前にやっちゃった ワラ
なんかやっちゃうし


■バームクーヘンをはがす。
 【○】


 あれ、けっこうたのしいよー


■扇風機の前であーーーって言う。
 【○】
 夏ぼきまり




■ポッキーのチョコの部分だけを舐めとる。
 【×】



 今度やってみよーっと ワラ


■全校生徒の前でバンド演奏という妄想。
 【×】


 むりで 涙


■自分の写メを何度も撮って、自分が一番カッコ良く、可愛いく写る角度を研究する。
 【×】


 何度もー??


■歩いてるとき余計なこと考えて足がグキッてなる。
 【○】


 そりゃもぉまいにち




■カップ焼きそばを作ろうとして、お湯を入れる前にソースを入れた。
 【×】

 粉なら・・・・



■自転車に乗ってる時ペダルを踏み外して空転したペダルが膝にヒットしたことがある。
 【×】

ないと思う★






■部屋の電気の紐を使ってボクシング。
 【×】



テニスならー



■鏡をみて、「自分はカッコぃぃ、カワィィ」とか思う。
 【×】


なるしぃかよ


■自分の声を録音して聞いて、死にたくなる。
 【×】



死にたくはならないかなぁ



■深夜にやっている映画を勝手にエッチな映画だと勘違いして夜更かしして後悔したことがある。
 【×】



いや〓


■街中で考え事してたら他の人に聞かれてんじゃと思い 「聞いてんだろ?」と、意味不明なテレパシーを送る。
 【×】


???はい???



■向かってくる歩行者をかわし損ねて、フェイントのかけ合いみたいになる。
 【○】



でかけると毎回

■全部でいくつ当てはまりましたか?



ぇ??ちょいとおまちッ
えーと〓つかなぁ


■当てはまった数の人数にバトンを渡してね。



らじゃぁでござる

我が友<加山雄三>の「歌声と人間力」 

January 19 [Sat], 2008, 2:17
「日経」夕刊の<交友抄>に歌手・守口博子さんの記事が出た。「60代にして果てしなく伸びる歌声に、底知れぬ力を感じた。2004年6月、NHKの歌番組で、加山雄三さんが歌う洋楽を初めて隣で聞いた時のことだ」と始まる。
「米国ポピュラー界の大物、故ペリー・コモのような、心の痛みも包み込む深い声に心が震えた。加山さんのように年を重ねるごとに進化するボーカリストになりたい。ずっと、憧れている」―――。題して「歌声と人間力」(5月20日)。

「我が友<加山雄三>」とタイトルにつけた。実は小学校の同級生だ。茅ヶ崎の小学校。東海岸という高級別荘地に彼の家があった。父親は有名な俳優<上原健>というのでクラスの人気者だった。ハンサムで頭がよく、男らしくてしかも優しい。皆に好かれて当然だ。

どういうわけか火山と非常に気があった。席が火山の後ろ。休み時間になるとよく雑談を繰り返した。ある日、「遊びにおいでよ」と誘われた。一人で遊びに行った。
昭和21年(1946年)、彼も火山も小学校2年生。8歳だ。戦後で物資が不足。というより食料難。食うや食わずの毎日だった。疎開先の長野県飯山市から茅ヶ崎へ引っ越したばかり。火山の家は父がまだ出征先のラバウルから帰還していない。貧乏のドン底だった。

彼の家は豪邸。応接間にはグランド・ピアノがあった。女中さんが出してくれたのが食パンに砂糖をまぶしたもの。ケーキなどない時代。食パンさえも見たことがない。砂糖だって貴重品だった。それも真っ白なパンと砂糖。上等なものだ。感激した。

彼は当時からピアノが上手だった。何を弾いてくれたのかは覚えていない。しかし、遊びに行く都度、おいしい食パンと素晴らしいピアノを聞かせてもらった。モーツアルトの「トルコ行進曲」だったような気がするがはっきりはしない。でも二人でよく遊んだ。

その後、火山の父が復員、横浜に就職したので火山の家族は横浜に移り住んだ。茅ヶ崎にいたのは1年に満たない短い期間だった。友人らしいのは彼1人。クラスに担任教師の娘がいた。美人で気立てのよい子だった。覚えているのは彼女と彼だけだ。

高校へ進学した時、驚くべき偶然が起った。なんと高校の同級生に、茅ヶ崎小学校の同級生がいたのだ。何かの偶然で茅ヶ崎時代の話をしたのだろう。同級生に「上原健の息子がいた」ということから<同級生>と判明したのだ。嬉しかったのは担任教師の娘が火山のことをよく覚えていて「勉強もよくできたし、好きだった」と言っていたというのだ。
もっと驚いたのは上原健の息子も同じ高校に来ているという。<再会>のチャンスだった。

だが火山たちの高校、クラス数が<18>もあった。同期生といったら800人。200人程度だったら<親近感>も湧くだろうが、<800分の1>では<友人>になろうという気持ちは起きない。しかも火山たちは第二外国語がドイツ語。上原健の息子はフランス語だという。別世界の住人という感じだ。それでも同級生の彼は上原健の息子が「火山のことをよく覚えているから会おう」と誘ってくれたが、引っ込み思案だった火山、勇気が出なかった。

エスカレータ式に大学に進学した。大学ももちろん同じだった。だが学部も違うし、学年の人数も倍増する。大き過ぎて高校の時より距離が広がった。火山は「ドイツ文化研究会」とか「資本論研究会」「平和の会」。どう考えても上原健の世界ではない。

だが仰天。ある日、大スター<加山雄三>が誕生した。映画界にも<若大将>が彗星のように登場した。爆発的な人気だ。そして加山雄三とは上原健の息子だというではないか。げっ。だったらもっと<仲良く>しておけばよかった。そう思ったが<手遅れ>だ。

電機メーカーに就職した火山。入社後、ずっと人事畑だった。37歳で研修課長になった。49歳で人事部長代理。新入社員研修で「会社の歴史」を語る講座を担当した。
戦後の厳しい時代をいき伸び、<家庭電化>ブームに乗って<3種の神器>テレビ・冷蔵庫・洗濯機が飛ぶように売れた。会社は<急成長>を遂げる。東京オリンピックではカラーテレビが登場、再び<テレビ>ブームが起る。そんな中で当社はどんなマーケティング戦略をとってきたか。業界での地位はどう変化したか。そんなことを語る。

何気なく「加山雄三は小学校の時の同級生だ」と話した。<万年青年>―――。「私も若い」と言いたかった。<生涯青春>―――。だが…!
「あら、加山雄三って<年>なのね」と短大出の美人が素っ頓狂な声を上げた。途端に全員が笑い出した。げっ! 誰よりも驚いたのは火山だ。まだ50歳にもなっていない。

「共演から少したった頃、加山さんに誘われて西伊豆近海であった船上パーティに参加した。カラオケ大会で歌う私にライトを当てて盛り上げてくれたり、手料理のイタリアンをご馳走してくれたり、何をやるにも気張っていない。さり気ない優しさなのに、深くそして温かい。『遊びにおいでよ』といわれてライブにも度々参加し、歌わせてもらっている」と森口博子さん。<歌声も人間力>も素晴らしいと文章は続く。

『遊びにおいでよ』―――。恐らくその昔、火山も言ってもらったに違いない。懐かしい思い出だ。そして昔と少しも変わっていない<人柄>にホレボレする。
(平成18年6月3日)

働く女性の方へ 

January 10 [Thu], 2008, 14:04
毎日忙しく働いていた
上司に怒られる毎日
この仕事向いてないのかな・・・



仕事でストレスを感じるようになってから、あごにニキビができるようになってきた
ニキビができる歳でもないのに・・・
20〜30代の女性でニキビが気になる場所の一位はあごだって書かれているのをネットで見つけた。
ストレスや環境の変化から来る、ホルモンバランスの崩れ、内臓疾患が原因みたい。
あごのニキビに悩んでいる人は自分以外にもたくさんいることを知って、ちょっと気持ちが楽になった。



ストレスをなくせたらそれが一番いいかもしれない。
でも、上司は選べないし、今仕事をやめるわけにもいかないし、現実的にはなかなかストレスはなくならない。
職場のストレスに加えて、荒れた肌やニキビのできた自分の顔を見るたび、さらに落ち込むようになってしまった。
イライラする、人と顔をあわせるのが億劫。
せめてこのニキビだけでもきれいになくなってくれたら・・・



外の環境が変えられないなら、自分の身体からストレスの元をなくそうと思った。
いくつかクリニックに相談してみたら、ニキビの治療法として、ケミカルピーリングっていうのがすごく効果があるみたい。
一回の治療時間も20~30分で、大体2週間おきに行けばいいらしいから、これなら仕事しながら治療ができそう。



川崎クリニックのスタッフの方は実際にケミカルピーリングを受けられて、ニキビもなくなりとても肌がきれいになったという話を聞いたので、川崎クリニックで治療を受けようかと今は思っている。
早くニキビがなくなってきれいな肌になったらいいな。




ケミカルピーリング 大阪 川崎クリニック オフィシャルサイト
美肌 ケミカルピーリング スキンケア専門サイト「美肌119番」
二重まぶた専門サイト「二重119番」
豊胸専門サイト「バスト119番」
アンチエイジング 若返り専門サイト「若返り119番」
痩身 脂肪吸引専門サイト「脂肪吸引119番」
ワキガ 多汗症専門サイト「ワキガ119番」
美容外科 大阪川崎クリニック院長による美容支援サイト「美容外科119番」
川崎クリニック院長、カリスマDr.「高牟禮彰」の美容整形ブログ
美容ブログ川崎クリニック院長、院長夫人「高牟禮由美子」のビューティーブログ
川崎メンズクリニックメンズ 美容整形

少し、お待ち下さい!! 

December 23 [Sun], 2007, 4:39
仕事が忙しく、更新・訪問が なかなか

出来ません!! m(__)m

もう少し、お待ち下さい!!


よろしく、お願い致します!!

沖縄の海は青じゃなく蒼 

December 14 [Fri], 2007, 21:04
10月は、沖縄旅行に最適だそうです。嫁さんが撮ってきた写真に写る海が、



あまりにきれいなので、来年10月、3人で沖縄に乗り込むことにしました。



こわいわ、飛行機(爆)(けんパパのまね)



でも、乗り越えなくちゃいけない壁が人生にはある!北海道に行けたじゃないか!



網走刑務所の扉に触ってきただろう?トド肉も食べてきたじゃないか!なせばなる!



と、いうことで、



美ら海水族館。いいよね〜^0^

嫁さんも、久しぶりにスカートはいて幸せそうに笑ってる。ウフフ^0^

おみやげは、紅いもタルト(これはうまい!)

シークワーサーポン酢

沖縄限定チューハイ

オリオンビールTシャツ(ユニクロみたい)

あと、ゆうたの黄色いシーサーTシャツと、ハイチュー。



あとで、着てるところを載せますね。

マドリッドからスパンエアーでウィーンへ 

December 09 [Sun], 2007, 2:47
結局自分が搭乗して10分たたないうちに飛行機のドアが閉められました。
やっぱりギリギリだったようです。

機材は往路と少しちがってMD-83でした。
乗るまでが大変でしたが、シートについてからは比較的良かったです。

キャビンアテンダントは、サンドラ・ブロック(笑)、斜め前では、ペネロペ・クルス(笑)が立ち上がって後方の客としきりにおしゃべりをしています。お茶を頼んだら自分でティーパックから入れるものでした。このお茶の名前どこかで聞いた気がしますが思い出せません(笑)。

てなことで、出発が一時間ちょっと遅れたせいもあり、ウィーン到着は定刻の一時間半遅れ。
疲れたせいもあって、到着後にバスを待つ間にOttakringerもう一杯です(笑)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:dansja1256
読者になる
2008年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29
最新コメント
アイコン画像上原ケーン
» 我が友<加山雄三>の「歌声と人間力」 (2012年10月02日)
アイコン画像KAMI
» 『小さな種』 (2008年10月22日)
アイコン画像真那斗
» 『小さな種』 (2008年10月18日)
アイコン画像ダッチ伊藤
» 『小さな種』 (2008年10月13日)
アイコン画像†*もぇちゃ*†
» 『小さな種』 (2008年10月10日)
アイコン画像猫男爵
» 『小さな種』 (2008年10月08日)
アイコン画像RAOSU
» 『小さな種』 (2008年10月03日)
アイコン画像ハム太郎
» 『小さな種』 (2008年09月20日)
アイコン画像MASA
» 『小さな種』 (2008年09月19日)
アイコン画像火星の後継者
» 『小さな種』 (2008年09月18日)
Yapme!一覧
読者になる