陰部の男性脱毛はどこでする?

August 19 [Sun], 2012, 13:30
脱毛箇所の特性上、Vラインの脱毛に関しては自分で実施しているという人が少なくないのではないしょうか。

皮膚科やクリニック、脱毛サロンなどで脱毛をお願いするのは恥ずかしいという気持ちは分かります。
しかし、間違った脱毛方法をすることで目立つような黒ずみや肌荒れを引き起こす可能性が高まるということを覚えておきましょう。

自分で処理することのメリットは、外出の手間がかからない、恥ずかしい思いをしないで住む、安価などが挙げられます。手軽でメリットも多いセルフ脱毛ですが、その毛の処理はどのような方法で行なっているでしょか。剃刀で剃っていくという人もいれば、毛抜きを使って一本一本丁寧に抜いていく人もいるでしょう。脱毛テープで毛を剥がす人や、除毛クリームで毛を溶かす人もいると思います。中には全く違った方法で無駄毛を処理している人もいることと思います。。

しかしそれらのどの方法も、炎症や肌荒れ、黒ずみなどを引き起こす可能性があります。さらに最悪の場合には、毛穴からバイ菌が入り、毛嚢炎という症状まで引き起こしかねません。費用面の負担が少ないというセルフ脱毛ですが、肌の負担は極めて高いと言えるでしょう。消えないような痕として残らないかなど、肌への過負荷に注意しながら進めるようにしましょう。

肌への負担を極力減らしながらVラインの脱毛をしたいということであれば、美容クリニックへ行くことをおすすめします。レーザー脱毛は医療行為にあたる為、医師でないと取り扱うことは禁止されています。肌の状況などから適切な出力を判断し、肌のトラブル対応策なども相談できるので安心して通うことができるはずです。

稀に「医師による脱毛という点での安心感はあるものの、脱毛効果が心配」などと言う人がいます。脱毛サロンのような脱毛のプロにお願いした方がいい気がする、という事らしいのですが、むしろ脱毛効果も医師による脱毛のほうが期待できるそうです。

レーザー脱毛はレーザーで毛の生える組織を焼いています。そうすることで毛が生えないようにできるためです。

しかし脱毛サロンでは焼け切るほどの出力がだせないため、効果も期待できないと言われています。
美容クリニックによる脱毛は、安全で永久脱毛が可能というメリットがありますが、Vラインの毛が太い分、毛を抜く時に痛みがあることと、費用がセルフやエステに比べて高いということがデメリットとして挙げられます。

しかし、脱毛後のアフターケアがしっかりしているので、万が一肌のトラブルがあった際にも適切な「治療」をしてもらえるという点は他にはない魅力です。そのおかげで赤みがひいたり、毛穴の黒ずみがなくなったり、毛穴を引き締めたりする効果を得ることができます。セルフ脱毛を続け、結果肌の治療にお金をかける可能性があるのであれば、最初から美容クリニックという選択は賢いと言えるかもしれません。

男性ならゴリラ脱毛。人気急上昇「陰部+肛門+お尻」の完全脱毛

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:陰部の男性脱毛についてのブログ
読者になる
2012年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/danseidatsumoi/index1_0.rdf