ダニに噛まれた跡が残ってしまう5つのNG行動とその対策は?

January 29 [Thu], 2015, 6:20



ダニに刺されたり、噛まれた跡が気になる…。

ダニに刺されたり、噛まれた部分って気になりますよね。

真っ赤に腫れてポツポツとした跡が気持ち悪いです。




つい引っ掻いてしまいますがちょっと待って!


引っ掻いたりしたら跡が残りやすくなってしまいます。
でも引っ掻くと皮膚が傷つきバイキンが入りやすくなるので結果的に炎症を起こしやすくなります。


そうすると治ったあともシミのような後が残りやすくなりますので絶対に搔いてはいけません。


さらに温めてあげることもよくないです。

これは暖めることによって血管が拡張し血流がよくなることで余計にかゆみを感じやすくなってしまうからです。

他に、爪で押す、舐める、叩くという行動も跡が残りやすくなるのでやめたほうがいいでしょう。


もしもダニに噛まれてしまったら、跡が残らないように
レスタミンなどの抗ヒスタミン系の軟膏などをバンソーコーに山盛りにつけて
赤くなっている部分に貼っています。


かゆみも抑えられるし、気が付くと治っているので
オススメの対処法です。


もしも敏感肌で刺激が気になるという方でしたら「馬油」が肌にやさしくてお勧めです。
傷や痛んだ肌を健やかにしてくれます。




それでも家に住み着いてしまったダニをなんとかしないと、
治ってもいつまでも刺されたり、噛まれることになります。


とにかく家じゅうのダニを全滅させることが一番ですよね。



ダニは掃除機で吸い取ってしまうことはできますが、
布団などの繊維の奥に隠れているダニは掃除機で吸おうとしても
なかなか全部を除去することはできません。


ダニは熱に弱いので、布団などでしたら、
コインランドリーの乾燥機で70℃以上で1時間とか回せばほぼ全滅させられるでしょう。
(運ぶのがとても大変ですが…)

ただこの方法だと、布団の中にダニの死骸が残ることになります。

ダニアレルギーの方にはこれは良くないですし
何より気持ち悪いですよね。


ですので、確実な駆除をしたい場合はダニ取りシート「ダニピタ君」が有効です。
ダニピタ君は家の中や押し入れ、布団の下などに置いておくだけで、
ダニをどんどん誘引し、約3か月の使用期間の間に数千匹ものダニをまとめて捕えてくれます。


あとはゴミ箱に捨てるだけです。


ダニ取りシートを使うメリットは


・薬品を使わないのでペットや小さな子供にも安全。

・捕まえたダニは強力な粘着シートで捕えて離さないので、ダニの死骸を家の中に残しません。

・家中どんな場所にも置けるので、ダニを残らず駆逐できます。




ダニピタ君は、ダニに刺されたり噛まれて悩んでいる方、
家の中のダニを全滅させたい人にとてもオススメです。



私自身もこのダニピタ君を使い続けて、今では全然ダニに刺されなくなりました。
夜もぐっすり眠れるようになって本当にうれしいです♪


もっと詳しく知りたい方は↓のサイトで
詳しい情報や、利用者の口コミを見ることができます。

↓  ↓  ↓


(あなたがダニの悩みから解放されますように)