ダニピタ君を売っているところは?

March 16 [Thu], 2017, 13:00

ダニピタ君は簡単に面倒なくダニ対策できるアイテムです。

売り方がちょっと変わっていて、市販されていなんですね。
ダニピタ君を置いているお店は基本的にありません。

通販での販売がほとんどのようです。
害虫対策用品は薬局などに売っているのが一般的ですが、ダニピタ君はありませんのでご注意くださいね。

ダニピタ君は公式通販からお得に買うことができます。
よくキャンペーンをやっていて、安く買えることもありますよ。
定期コースなどがあったりして、その時にかうとお得ですね。

価格が安くなって、その価格で買い続けられるので、ちょうどその時期に変えた人はラッキーですね。


ちなみにダニピタ君は大体3ヵ月くらいが使用できる目安になります。
期間が来たら新しいダニ対策シートに置き換えましょう。
3ヵ月もすると粘着テープにダニがいっぱい捕まっていると思いますし、吸引剤の性能も落ちていることでしょう。

ダニピタ君の容量は1箱で5枚です。
定価だと一枚で1,000円くらいになってしまいますが、これは3ヵ月で割ると300円くらいなんですね。

だから1か所月300円くらいで対策できると考えると結構安いと思いませんか?


一般的にダニ対策というと、布団を干したり、掃除機で吸ったり、とすると思いますが、実はあまり対策になっていません。
死骸も残っていますし、手間がかかります。

手間なくダニの数を減らせるダニピタ君で対策しませんか?

⇒ダニピタ君の詳細情報


ダニピタ君が人気の理由

March 10 [Fri], 2017, 13:00

ダニにお困りですか?
今なら簡単にできるダニ対策があるんです。
ほって置けるので忙しい方におすすめです。

そのダニ対策というのがダニピタ君です。
置いておけば3ヵ月間はほっておくだけでダニ対策できます。

普通にやろうとすると、干したり掃除機をかけたりと時間や点がかかりますし、続けていくのは困難ではないですか?

それに干すだけでは表面のダニにしか効果がない上に、死骸がそのまま残ってしまいます。
この死骸はアレルゲンなので、アレルギー対策にはなっていません。

干した後に掃除機をかけなければならず、二度手間です。

その点ダニピタ君はダニを集めるので死骸が散らばることはありません。
効率的にだにを少なくできるんです。

⇒ダニピタ君の詳細情報



効果がないダニ対策は嫌

March 10 [Fri], 2017, 12:59

ダニがいると刺されたりアレルギーを引き起こしたりします。
アレルギーがひどくなると呼吸困難になることさえあるようです。
何とか防ぎたいですよね。

ダニ対策をするとなると、布団の掃除が主な作業になりませんか?
布団はダニの数が多いです。


なぜ布団にダニが多いのかというと、餌となる人の皮脂やフケなどが豊富だからです。
それに湿気もありますから、ダニにとってすごく快適なんですね。
繁殖するには適している場所なのです。

対策としては布団を干したり、掃除機をかけたりというのがありますが、実のところそれほど効果的ではありません。

干してもダニは安全な奥の方に逃げてしまいますので、やっつけられるのは表面のダニくらいです。
それに表面の死骸を取り除くために結局掃除機は使います。

これでは手間ばかりかかるので、ダニピタ君を使ったほうが簡単ですよ。

⇒ダニピタ君の詳細情報


ダニピタ君はどうなってる?

March 10 [Fri], 2017, 12:59

ダニピタ君はどのようにしてダニの数を減らしてくれるのでしょうか?

シートタイプでそこにおびき寄せて捕まえるという方式です。
ダニは殺さないんですね。

このシートには特殊な吸引剤が入っていて、ダニはその香りに誘われて中に入っていきます。
この吸引剤の成分は食品添加物としても知られているものだから心配はいりません。

ちなみにダニは夜行性で夜のほうが動き回るようです。
ダニピタ君を置いていれば、その時に中に入っていくことでしょう。

中は綿パイル生地というものでできていて、ダニが好きな環境が整えられています。
それだけでも出にくくなっているのですが、最深部にはダニをくっつける粘着シートが入っています。

これでダニを完全に逃がしません。
死骸やフンが散らないのもダニピタ君のいいところですね。

⇒ダニピタ君の詳細情報


もっとダニピタ君の効果を引き立てるには

March 10 [Fri], 2017, 12:55

ダニピタ君が喜ばれているのはやっぱり手間がかからないということでしょう。
そしてこの効果をさらに引き立てる方法がありますよ。

まず、ダニの多い場所におくということです。
これは当然のことではありますが、ここがなかなかできていないケースがあるようです。

ダニが餌にしているのは人の皮脂や垢、お菓子のかけらなどですが、それが多いのはカーペットや布団ですよね。

とくに布団が最も快適なのではないでしょうか?
ダニが快適に過ごしやすいところに置くといいですよ。

また、ダニが多そうなところには事前に掃除機をかけておくのもおすすめです。
ダニを減らしたところにダニピタ君を置くことで、だらにダニを減らしていくことができます。
こうして対策を続けていくことで、効果を実感できるのも早くなるのではないでしょうか?

⇒ダニピタ君の詳細情報