始まりから

January 31 [Fri], 2014, 2:05
現在の仕事に就くに至った経緯から。

所謂「就活」によってこの仕事に就いたわけではない。
アルバイト先の社長からの誘いを受けた形だ。

当時の私はフリーター。
週4、5日のアルバイトをし、自由に使える時間も沢山確保して気楽に過ごしていた。
気楽というか、何も考えずにだ。

しかしそろそろフラフラせずに就職しなければと思い始めた矢先の誘いだった。
新しく飲食店をオープンさせるからそこの店長をやってみないか?と。

待遇は悪くないように感じた。
固定給で月30万、週6日勤務。
フリーター生活の私には月給30万はとても魅力的であったし、週6日勤務というのも店長という役職なら当然だろう。

ただ私の中にはその当時から「社長とは深く関わりを持たない方が良い」という思いがあった。
当たっているのかはわからないが、「関わってはいけない人」を見分ける勘があった。
そのせいかとんでもない人と深く関わりを持った事が一度も無かった。
まぁたまたまの可能性が高いけれど、今回ばかりはその勘が当たっていたようで私は2年以上苦しむ事になる(笑

そして私は威圧されると断れない。

結局、社長の強い押しに押し切られさらに月給30万に惹かれてしまった事により、断り切れずに私はこの話を受けたのだ。

勿論脅されたわけではなく、社長の放つ「社長オーラ」と熱い熱い誘いに勝手に威圧感を覚えてしまっただけなのだけれど。
今思えば全てが思う壺だ。

当時から「何故私だったのか?」を常に考えていたのだけれど、最終的に行き着いたのは「使いやすい」という事だ。
何せ私はまともに社会に出た事が無い世間知らずだったのだ。
真っ白なキャンパスを好きな色に染めるのはとても容易い事だ。
もしくはスッカラカンな水槽。
それは良い意味でとれば素直で従順であるが、要は思うがままに動かす事が出来るという事だ。

そして私は思うがままに動かされ2年半の店長生活が送る。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:タレ子
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 趣味:
    ・手芸-羊毛フェルト、レザークラフト
    ・読書-小説も漫画も
読者になる
2014年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/dallia/index1_0.rdf