ある事柄

March 12 [Sat], 2011, 21:32
ここはとある東京の喫茶店である。1つの古びたテーブルで初老の老人がなにやら、週刊誌
を読みふけっている。老人と週刊誌。。なんともミスマッチな光景だ。
丸い古びたテーブルに私は至近距離に老人に位置しているわけだが、いやがおうにも記事が
目に入ってくる。どうやら、男女のSNS出会いがそこには記されているようだ。
記事Aでは【「自分のことが好き?」と聞かれて即答できなければ、もう冷めた関係なのだろう】と意見を主張している。
今気づいたが、老人は別の週刊誌と読み比べをしてるようだ。
もう1つの週刊誌の記事Bには【愛してるとはっきり言えない自分にきづいたら、もう心ここにあらずなのかもしれない】と意見を主張しており、であい系と同じ意見のよう
に読み取れる。

なかなか興味深い。
2記事とも恋愛関係においては、普段別思想で連載しているとは思えないほど、今回
は本質がまったく同じであるのだ。
【「自分のことが好き?」と聞かれて即答できなければ、もう冷めた関係なのだろう】と【愛してるとはっきり言えない自分にきづいたら、もう心ここにあらずなのかもしれない】は、男女の恋愛観において非常に興味深いことを示している。
世の中の男と女は、このようなめる友声に謙虚に耳を傾けてもよさそうなものだと思ったほどで
ある。
ちらと老人のほうを見ると、若干笑っているようにみえる。いつの時代になっても男女の
話題は、似たりよったりだなと思いをめぐらしているのかもしれない。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:dakoritu
読者になる
2011年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/dakoritu/index1_0.rdf