バトンガ・ファンデーションとは? 

2013年01月24日(木) 10時21分
バトンガ・ファンデーション(Batonga Foundation)はアフリカの女子教育、主に中学校、高等学校教育を目的とした非営利団体です。

本部はワシントンD.C.。2006年に西アフリカ・ベナン出身の歌手、アンジェリーク・キジョーにより設立され、現在アフリカ5カ国で支援活動を行っています。

歴史

バトンガ・ファンデーションは西アフリカ・ベナン出身の歌手、アンジェリーク・キジョーにより2006年に設立されました。

この財団の名称は、キジョーが、当時女子教育が十分に発達していなかったため適切な教育が受けられず、侮辱を受けたという背景がもとになっています。

「バトンガ」というのはキジョーの造語で、高校時代に男子学生から差別的な言葉を投げかけられ、それに答えるために「私は私のやりたいことをやる」という意味で使っていました。

ロゴの蝶は変化を象徴し、「アフリカを変える」という信念を込めて作られました。


この財団は30万ドルの信託基金の寄付金から発足し、特にHIV /エイズの影響を受ける貧しい家族の子供たちを支援しています。

初年度の活動では、財団として約400の女子に奨学金を提供することができました。


活動内容

財団は創立者、アンジェリーク・キジョー、キジョーの夫、ジャン・ヘブレイル、マリー・ルイス・コヘン、そしてジョン・フィリップスの4名にて構成される取締役会により運営されています。

組織の主な活動内容は、女子学生を対象とする奨学金整備、教育設備の改善、教育水準の向上です。

加えて、財団は学校づくりを始めとする学習環境の整備など、財政面での役割も大きく担っています。

主に、ベナン、カメルーン、エチオピア、マリ、シエラレオネの5カ国を中心に支援を行っています。


アメジスト
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:daiyana
読者になる
2013年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる