大腸がんの内視鏡検査は3年間隔で大丈夫?不安で仕方ない! 

November 08 [Sun], 2015, 14:57
あなたは現在、大腸がんの内視鏡検査は
3年間隔で大丈夫?という悩みをお持ちであると思います。

3年という期間は、かなり長い期間ですので、
その間に発症していたらと考えると、
かなり不安になってしまうのではないでしょうか?

おそらく、主治医の先生の方に、
そのように言われたのだと思います。

しかし、実際には毎年の検査が必要です。

がんというものは、日本人のうちの
2人に1人がかかると言われています。

さらに、がんは助からない、
治療に時間がかかる、
苦しいなどのイメージが持たれています。

しかし、実際には、
50%は治る病気です。

さらに、早期発見さえできれば、
90%は完治すると言われています。

ですので、がんの治療において一番大切なのは、
なによりも”早期発見”であると言えます。

ですが、主治医の先生に3年に一度というのは、
少し間隔が開きすぎです。

この間に発症してしまえば、
タイミングが悪ければ、
発見した時にはかなりがんが進行している可能性も十分ありえます。

ですので、検査は毎年行うのが理想といえるでしょう。

しかし、仕事が忙しかったり、育児が忙しかったりして、
そんな検査に行く暇はないという場合もあるかもしれません。

そこで、おススメなのは、
郵送型の「がん検査キット」です。

このがん検査キットは、自宅にいながらでも、
自分で簡単に、血液、尿、便を採種して郵送するだけで
検査を受けられるというものです。

これであれば、わざわざ病院へ行く必要もありませんし、
費用もかなり安く、毎年受けることができますので、
おススメですよ^^

「がん検査キット」についてのさらに詳しい情報は、
下記の公式サイトをご覧ください。
↓  ↓  ↓
郵送検診