エピソード2 そのやりとり 

January 13 [Tue], 2009, 20:44
 
mixiって日記とか書く以外にもメッセージが送れる。

設定を変えなければケータイにメッセージのお知らせメールが来る。

「(来てる♪)」

そうひ密かにファンな他大の選手をmixiで見つけ、足跡をつけたら

メッセが来てちょっとうれしいナオなのである


部活は野球部のマネージャーをしている☆

要は憧れの人とメッセが出来ているのである!

mixiサマ様〜!


そして同じ小学校や中高の友だちからもマイミク申請とかメッセが来て

ちょっぴりうれしい気持ち、いやかなりうれしいナオなのである。

その中で、よくやりとりをしているのが

幼稚園が一緒だったタローである。

実家は近いのだがなんせ学校が違い小学校卒業以来

一回同窓会であったくらいでそれからは会うことはない。

でも最近あんまりメッセを返すのが面倒になり、もっぱら

憧れのリョウ先輩とのメッセに一生懸命になって

メッセが届くたびに喜んでいる。

あータローから着てるけど・・まぁちょうど話も途切れたしいっか。

この日でメッセを送らなくなった。

タローとは他愛もない日常の話や世間話でナオがちょうど自動車免許を

取っている最中ということで教習の話をしていた。

ナオはなんとなくタローに居心地の良さを感じていた。

でも9月の終わり頃メッセをしなくなった。

エピソード1 出会いは突然に 

January 13 [Tue], 2009, 20:33

きっと ずっと 永遠に。

mixiってみんなやってるかな。

あたしは、中学校のときの仲良かった友だちミイに半ば強制的に

やろー!って言われて始めた。


ま、友だちと日記読み合うくらいいっか。

これが、後にナオの人生を変える出来事になる。

大学2年生のナオ。

学校はなかなか忙しくって毎日4限が終わるとバイトか部活。

今日はバイト。

授業が終わったらダッシュで帰らないと時間に間に合わない。


キーンコーン。


「・・・(センセイ授業終わってるんですけど!これから感想書くんでしょ?もぉ!)」

若くて人気講師の青井先生は好きなほうだけど、ちょっと熱心すぎていや。

授業が終わると同時に同じ速攻バイト組みのタクとドアのところで会う。

「おつかれーてかバイトだけど」

お互い急いで駅まで向かう。

中学生に英語、高校生に歴史、中学生に数学を教え金曜日のバイトは終わり。

ナオは塾の講師のバイトをしていた。

そんな毎日ばたばたのナオの最近の楽しみはバイト後に見るケータイだった。
P R
2009年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる