【 更新情報 】

スポンサードリンク

原油原油原油

原油OIL
本物を選ぶということ
 これは精神論でも自己満足でもありません。 ほんもののブランド。靴が好きな人が作ったブランドだからこそ最高のメリットを与えてくれるのです。

ランニングコスト
 難しい言い回しですね。つまり!ダナーライトはお金がかかりません。。。もちろん買うときはノンブランドと比較すれば高いかもしれません。しかし買ったあとはとても長く履けます。一万円の靴を買ったとしましょう。来年また欲しくなりませんか? 去年も靴買ったのにまた欲しくなってませんか? ダナーライトが4万円だとしましょう。毎年一万円の靴を4年買うのとダナーライトを4年履くのとで比較します。きっと一万円の靴は来年も新しいものを欲しくなるでしょう。ダナーはどうでしょう。4年たって風合いが出たダナーは何処のお店にも売っていません。あなただけのオーダーブーツのようになります。 劣化が心配? ビッグブランドですから、リペアやソールの張り替えが出来るんです。もう恐いものなしですよね。

最後に一言言わせてください。「男ならこだわりましょう」 一生愛するあなただけのダナーライト。手に入れてみませんか?大人の男にだけわかるこの良さ。 人と被るのを嫌がる若者は避けたほうがいいでしょう。 すべての人に愛されているものだから200年ブランドを目標に私たちが伝えていきましょう。

本物を選ぶということ

本物を選ぶということ
 これは精神論でも自己満足でもありません。 ほんもののブランド。靴が好きな人が作ったブランドだからこそ最高のメリットを与えてくれるのです。

ランニングコスト
 難しい言い回しですね。つまり!ダナーライトはお金がかかりません。。。もちろん買うときはノンブランドと比較すれば高いかもしれません。しかし買ったあとはとても長く履けます。一万円の靴を買ったとしましょう。来年また欲しくなりませんか? 去年も靴買ったのにまた欲しくなってませんか? ダナーライトが4万円だとしましょう。毎年一万円の靴を4年買うのとダナーライトを4年履くのとで比較します。きっと一万円の靴は来年も新しいものを欲しくなるでしょう。ダナーはどうでしょう。4年たって風合いが出たダナーは何処のお店にも売っていません。あなただけのオーダーブーツのようになります。 劣化が心配? ビッグブランドですから、リペアやソールの張り替えが出来るんです。もう恐いものなしですよね。

最後に一言言わせてください。「男ならこだわりましょう」 一生愛するあなただけのダナーライト。手に入れてみませんか?大人の男にだけわかるこの良さ。 人と被るのを嫌がる若者は避けたほうがいいでしょう。 すべての人に愛されているものだから200年ブランドを目標に私たちが伝えていきましょう。

ダナーライトの特徴

ダナーライトの特徴

ダナーライトが発売された当時その画期的な性能が大変評価されました。それは今尚ライバルを並ばせない品質でした。それはブーツのデメリットを解消するもので、スニーカーファンをも巻き込んだ一大ブームへと展開していったのです。

ゴアテックス
 当時革性のウッドソールのデメリットといえば履き心地の悪さ、ブーツをはいてて一度は経験があると思いますが足の痛み。いくらソールをやわらかくしても地面からの衝撃は防ぎきれませんでした。柔らかいソールは消耗が激しくそこの張り替えを頻繁に行わなければならないということもあって、このデメリット解消できないままブーツの歴史は進みました。 その硬さこそが味と言われるほど正当化してきた1980年。ついに登場したのがダナーライトです。中敷きにゴアテックスを採用し衝撃を最小限に抑えて、最高の履き心地を与えてくれました。これがブーツ嫌いの人にもウケたんですね〜。

メッシュ
 ダナーライトの特徴といえるメッシュ加工。これはデザインの良さももちろんですが、通気性という強いメリットを与えました。ブーツ嫌いの人の一番の問題であるムレ。防水性を上げ透湿性を加えたダナーライトはもはやブーツのジャンルを超えた非常にすぐれたアイテムとして、現在まで浸透しております。

ポスト100年ブランド

ダナーはその昔森林伐採用のワークブーツとして生まれました。

ピンと来ないかもしれませんが、当時の森林伐採は今のような環境破壊のネガティブなイメージではなく、開拓という町や道を作るとても大事な仕事でした。今の社会の礎とも言える仕事でそれを職として選ぶ人も多かったんです。

ダナーはそんな人々から高く評価され、ビッグブランドに成長しました。

まもなく100年を迎えようとしている老舗ブランドは過去の名声を惰性として成長したのではなく、常にニーズに沿ったアイテムを開発していきました。

その代表がダナーの代名詞とも言えるダナーライトです。

ダナーライトの魅力に付いては次の記事にまとめます。

私はショップ店員です。そのため沢山の服を着こなし、その度靴を買い替えていました。色々履いて出会ったのがダナーライト。

今はこればっかり履いてます。
すごく服に合わせやすいし、何より年月を重ねる度に靴の表情が変わっていくんです。味が出ると表現すればいいのでしょうかね。

もう休まず五年は履いたでしょうか?まだまだ元気です。

みなさんにも知ってほしいダナーの魅力。次のページでは特徴を書きます。
P R