【 更新情報 】

スポンサードリンク

原油オプション


原油先物
ブーツをファッションに上手に取り入れましょう。
 ブーツって革で重たい印象になりますよね〜。もちろんその重厚感も魅力の一つなんですが、ショップ店員の私としてはさりげなく取り入れたいですね。 パッと見はわからないけどいい雰囲気。よく見るとオッ!みたいな感じが理想ですね。 こういう本物は目立たせなくても存在感ありますからね。

着こなしについて
 ファッションの基本はアメカジです。芸能人をモデルとするとキムタクとか長瀬とかが上手に取り入れてますね。私は所さんが好きですけど。 基本はブーツアウトで履きます。黒やブラウンなどのベーシックなカラーは文句なしですが、足元のバランスを考えてライトベージュがオススメです。パンツがジーンズなどの濃い目のカラーとなる方には靴が明るいととてもオシャレに見えますよ。

バランスを考えて
 せっかくのロングブーツですからブーツインしたい!という方も多いでしょう。でも注意しなきゃいけないこともあるんです。 今流行でチャライお兄さん達がブーツインしてしまってます。この人達とかぶらないように注意です。目立つことがメインのファッションでは本物志向は嫌われます。 あくまで大人っぽい着こなしにあわせてください。

ファッションにブーツを取り入れよう

ブーツをファッションに上手に取り入れましょう。
 ブーツって革で重たい印象になりますよね〜。もちろんその重厚感も魅力の一つなんですが、ショップ店員の私としてはさりげなく取り入れたいですね。 パッと見はわからないけどいい雰囲気。よく見るとオッ!みたいな感じが理想ですね。 こういう本物は目立たせなくても存在感ありますからね。

着こなしについて
 ファッションの基本はアメカジです。芸能人をモデルとするとキムタクとか長瀬とかが上手に取り入れてますね。私は所さんが好きですけど。 基本はブーツアウトで履きます。黒やブラウンなどのベーシックなカラーは文句なしですが、足元のバランスを考えてライトベージュがオススメです。パンツがジーンズなどの濃い目のカラーとなる方には靴が明るいととてもオシャレに見えますよ。

バランスを考えて
 せっかくのロングブーツですからブーツインしたい!という方も多いでしょう。でも注意しなきゃいけないこともあるんです。 今流行でチャライお兄さん達がブーツインしてしまってます。この人達とかぶらないように注意です。目立つことがメインのファッションでは本物志向は嫌われます。 あくまで大人っぽい着こなしにあわせてください。

沢山のラインナップ

 前のブログで書いたとおり、沢山の方に愛されて現在に至るレッドウイングですが、その靴の技術はワークブーツに留まりません。 沢山のラインナップがあるレッドウイングですが、そのすべてに履く用途や目的があり、深いカルチャーがあるんですよ。 そんな中で今回はペコスブーツの説明をします。

ペコスブーツ
エンジニアブーツをお探しの方へ。是非レッドウイングのペコスブーツをご覧ください。画像がネットで確認して頂くとして、ペコスブーツはエンジニアブーツのようなロングブーツです。デザインも若干ちがいますが一番の違いはソール部分。  エンジニアブーツのソールはかかと部分がヒールのように高くなっています。ペコスブーツは違います。ソールが平らなんですね〜。 履きやすくてオススメですよ。エンジニアブーツより目立つし。ライバルはチペワブーツかな?どちらも本気で作ってていいですね〜。 

 特にバイク用でエンジニアブーツを探している方。ペコスタイプがオススメですね〜。 普通のエンジニアブーツのウッドソールだとキックで滑ってエンジンかけにくいし、マウント時にもすべって危険です。 平らなラバーソールのチペワブーツは安全なライディングの助けになりますよ〜。

レッドウイングの魅力に迫る!

 レッドウイングの魅力ってなんでしょう? もちろんかっこいいのですが、どうせ履くならその魅力を知って履くほうがモノにも愛着が沸くってもんですよね。それではレッドウイングについて少し話します。

深い歴史で磨かれたブランド
 レッドウイングはさかのぼると1905年に創立した小さな靴製造工場なんだそうです。その当時は一日に作る靴の数はわずか150足程度だったそうですが、その職人の技術と完成度の高さにとても人気が出たそうです。メインで作っていた靴はワークブーツで仕事で履く方に好まれたようですね。 私はここに品質の高さがあるのだと思うのです。沢山の靴メーカーがありますね。スニーカーブランドなんかは超ビッグブランドもたくさんあります。宣伝における仕掛けもすばらしいのですが、やはり強いスポーツ選手がはいたことによる宣伝効果が強かったのかなと思います。 レッドウイングはリアルに作業員への履きやすさ、丈夫さを考えたブーツを作っているので、流行り廃りに流されない100年ブランドへとなれたのだと思います。
P R