【 更新情報 】

スポンサードリンク

原油先物オプ

原油先物オプション さていよいよパーツ選びになるのですが〜ジムニーはパーツが沢山あってうれしいですね〜。でも逆を言えば選ぶのが大変!メーカーだけではなく、ショップがオリジナルで出しているパーツも沢山あります。その中で自分がコレだ!と思えるパーツを選ぶ指標として前の記事が活躍すると思います。

それではカスタムの続きですが、ベースカーはJA11をセレクト。スペアタイヤとステッカーを剥がして全塗装したところまでが前の記事。補足ですが、ジムニーの全塗装は思ったより高くありません。面積も小さいし、原色を選ぶなら塗料代も高くないと思います。前の記事ではブラック、レッド、イエローなどはっきりしたカラーがアメリカンとしてオススメとはなしましたがベージュやアイスブルーなんかもアメリカンな感じでオシャレです。ライトニングやデイトナで所さんの車を参考にするといいかも〜。つや消しなんかもアツイですね!

ベースが出来たら次はリフトアップです。不自然に上げすぎないほうがいいと思います。2.5インチから3インチくらいがレースでも選ばれており、玄人目線でもアリだと思います。 

ここまできたらほぼ完了ですね〜。あとはグリルとかフェンダーとかステップとかサイドミラーとかにメッキパーツをセレクトしたら完璧ですね〜。

出来上がったジムニーで遊びに行きましょう!みんなにきっと注目されますよ!

最後に、ジムニーは超経済的な車です。頑丈で故障しにくい部品。壊れても安い部品。大きくても安いタイヤ。そして安い車検と税金! こんなに安い維持費の車はもうカッコヨク乗るしかないでしょ!! 楽しいジムニーライフを〜。

ジムニーで変わる暮らし

 さていよいよパーツ選びになるのですが〜ジムニーはパーツが沢山あってうれしいですね〜。でも逆を言えば選ぶのが大変!メーカーだけではなく、ショップがオリジナルで出しているパーツも沢山あります。その中で自分がコレだ!と思えるパーツを選ぶ指標として前の記事が活躍すると思います。

それではカスタムの続きですが、ベースカーはJA11をセレクト。スペアタイヤとステッカーを剥がして全塗装したところまでが前の記事。補足ですが、ジムニーの全塗装は思ったより高くありません。面積も小さいし、原色を選ぶなら塗料代も高くないと思います。前の記事ではブラック、レッド、イエローなどはっきりしたカラーがアメリカンとしてオススメとはなしましたがベージュやアイスブルーなんかもアメリカンな感じでオシャレです。ライトニングやデイトナで所さんの車を参考にするといいかも〜。つや消しなんかもアツイですね!

ベースが出来たら次はリフトアップです。不自然に上げすぎないほうがいいと思います。2.5インチから3インチくらいがレースでも選ばれており、玄人目線でもアリだと思います。 

ここまできたらほぼ完了ですね〜。あとはグリルとかフェンダーとかステップとかサイドミラーとかにメッキパーツをセレクトしたら完璧ですね〜。

出来上がったジムニーで遊びに行きましょう!みんなにきっと注目されますよ!

最後に、ジムニーは超経済的な車です。頑丈で故障しにくい部品。壊れても安い部品。大きくても安いタイヤ。そして安い車検と税金! こんなに安い維持費の車はもうカッコヨク乗るしかないでしょ!! 楽しいジムニーライフを〜。

おしゃれなジムニーで注目度アップ

 ジムニーのオシャレカスタムとお題目打ちましたが、決してチャラチャラするのではありません。ジムニーライダーの高い質を落としたくありませんからね〜。 そうイメージは玄人も納得のオシャレです。 

それではカスタムの前にどんなカスタムにしていくか。そのカルチャーについて説明します。 カスタムのテーマはアメリカンです。ジムニーはアメリカの50‘s〜70‘sの雰囲気がとっても合うんです。ミッドセンチュリーと呼ばれるこの頃の文化は原色を基調としているもので今もアメリカの文化の象徴であり、映画でも印象がつよいですし、海外旅行でアメリカに足を運ばれたことがある方ならピンとくるでしょう。 もちろん日本で今後さらにクローズアップされていくカルチャーだと思います。 さて国産のジムニーがなぜアメリカンが似合うのか・・・正直わかりません。でも理由はその外観が十分に語ってくれていると思います。きっと30年前に進んでいたアメリカ4×4の雰囲気をジムニーに加えたのかな?と思ってます。

カスタムの基本はシンプルです。出来るだけじゃまなものは取り除きます。といってもタイヤをとるくらいですが・・・そしてもちろん純正ステッカーは剥がしちゃいます。カラーはお任せですが、ブラックやレッド、イエロー、などはっきりした原色はほんとにかっこいいと思います。 さて次の記事ではいよいよカスタムの技ありテクニックを書いちゃいます!

あなたならどちら?

 みなさんはジムニーと聞くとどちらをイメージしますか? これはジムニーをちょっとかじった人ならピントくるはずです。ジムニーは30年以上の長い歴史の中でモデルチェンジを繰り返してきました。普通の車なら新しいほうがいいと思うのですがジムニーは違います。昔のモデルも現行モデルも同じ位にんきがあるんですよね!それはなぜ?メーカーサイドからは詳しいコメントがいただけると思うのですが・・・私個人的には「発売当初から完成された車だったから」なんだと思います。 

さて話を戻しまして〜どちらのジムニーか・・・これは旧モデルのJA11か?現行モデルのJB23か?ということですね〜。もちろん詳しくなっていくともっと細かいモデルに分類されますが、この二つのモデルで大きく違う点はやはりボディーだと思います。JA11はカクカクしたボディーでJB23は丸みをおびたボディーなんですね〜。構造も2台は全然違うくて、やはりそれぞれいいところがあります。

このブログも核心に近づいて参りました。 カスタムする上でどこに軸を置くかですが、レース志向の方はもうショップやメーカーサイトを参照したほうがいいです。 ここでは待ち乗りでかっこいい外観を重視しています。ということでJA11カクカクタイプを強く支持いたします!

次の記事ではかっこよくて女の子ウケもばっちり!経済的にもグッドな今の時代に必要不可欠なジムニーをもっと詳しく書いちゃいます。
P R