206/11/22 丹沢湖の紅葉 

November 28 [Mon], 2016, 22:02
久々のドライブ、紅葉を見に丹沢湖へ。
時間が取れる日は雨が降ったりでチャンスに恵まれなかったけど、もうこの日が最後かと思えたので、受診の後出かけました。
*11/24(木)はなんと!わが地方11月としては54年ぶりの積雪(お籠りでした)
R246で谷峨駅入口を過ぎ、清水橋交差点を北へ右折して県道76号へ入り、道の駅山北を過ぎて丹沢湖に至る。湖畔の道路を一周、ピークはやや過ぎて、木の上の方が落葉していましたが、まだまだ赤い木々が点在、景色は美しい。快晴なのに富士山の方角は雲が出てきて隠れて見られない、とても残念。午前中がいいのかなあ?








地図は山北町webより

まさにおせち 

January 01 [Fri], 2016, 12:55
2016/1/1 (祝・金)昼食は豪華、お節気分でした。
栗きんとん、黒豆、煮しめ、ブリの漬け焼き、もやしときゅうりの中華和え
メニュー表は白で和紙の雰囲気(通常の用紙は朝食:緑 昼食:桃 夕食:青)、イラストもかわいく印刷されて、祝箸も付いた。栄養部の心遣いなのねー






お雑煮食べたいなあ〜自宅に帰ってから〜

謹賀新年 

January 01 [Fri], 2016, 8:14
新年明けましておめでとうございます
皆様に幸多きことをお祈り致します


穏やかな元旦に清々しい気持ちでいます

大山や貯水池、その間にICから城山へ向かう線と海老名へ向かう線が左右に開く曲線で見えます。
滞在中の某所屋上緑地の彩り素敵です:写真じゃわかんないかも!(赤はなんだろう?グレイから白い低木は?)。


朝食には澄まし汁お正月バージョンと紅白なますも頂いたし‥‥
お麩が少し大きめ、松竹梅?の模様、干しシイタケがいっぱいでした。

さぁ!頑張る〜

2015年のクリスマス 

December 25 [Fri], 2015, 17:41
救急車のサイレンばかりが聞こえてくる高層階の個室、廊下には大きなクリスマスツリー、天井ぎりぎりの高さ。綺麗ですが、一人で部屋から出てはいけないのでナースに撮影してもらいました。
なんと今日は38年ぶりの満月のクリスマスなんだって!見えると良いなあ〜
またまた院内で年越しです。

福祉のつどい2015年 

November 25 [Wed], 2015, 16:17
2015年11月3日(火祝)10:00〜15:00
城山保健福祉センターにて
第7回城山地区福祉のつどいがあり、パソボラそうそう相模原10名が参加しました。

名刺作成、福祉IT支援機器展示・体験、プレゼント配布、
今年初のイベントは、認知症予防啓発。社団法人認知症予防協会認知症自己診断テストに挑戦していただき、その後に解答チェック、そして脳活のため第2,4金曜日開催の「パソコンひろば」に参加しませんかと呼びかけました。

パソボラそうそう相模原のHPもご覧ください。
http://pvsousou.jp/report/report2015/


2015年10月3日勝沼ぶどうまつり 

October 06 [Tue], 2015, 16:31
10月第1土曜日は勝沼ぶどうまつり、行ってきました。

4:20 start 初雁PAで休憩
6:00前 勝沼中央公園に到着 あたりはすっかり明るくなっていた(日の出は5:40頃)。
ワイナリーのテントは天幕を低くして並んでいた。2012年に来たあと入退院が続き3年ぶり、4回目。
なんだか陣取りするスペースが狭くなっている。テント数が増えたため輪が広がって、周囲の休めるスペースが削減されたのかなあ?
とりあえず、東側にレジャーシートを広げ、椅子2個とクーラーボックスを置いて確保。一人のおじさんが頼まれたんだよーと言いながら、シートと椅子を持って場所を探していた。あっち(北側)はもう一杯だよ!

セブンイレブンへ行って朝食(サンドイッチ、おにぎり、お弁当、緑茶・・・)を買って、会場に戻ってきたら、テキヤのおじさん、おにいさんが大勢で店づくり。コミュニティセンターの前が障害者用駐車スペースになっていたので利用することにして、車内で朝食。仮設トイレも割に近い。
ブドウ園の百果苑が開いていてたわわなぶどうはおいしそう。やんちゃな黒のラブラドールレトリーバーと園の男性が、向かいで開店準備中の人とが仲良く話をしていた。
ごみ箱を配備する軽トラックが来た。ここも会場の一部なのかな?
ここには立派なトイレがあって開放していたので利用させてもらった。NPO法人「甲州元気村」のお気持ち箱があり、支援のために寄付した。

7時半ごろ、会場内を車椅子で一周し、本部席でチラシをもらう。イベント情報も聞く。今回のイベントは期待できそう。ぶどうのカゴ入りや箱入りを購入。そうこうするうちにかなり人が増えてきた。






8:40から収穫祭、神事が始まった。
ワイナリーでの試飲は10時から、そのためにグラスを買う。大ぶりで1個1000円に値上げ、去年2014年かららしい。これまでのとは絵柄の位置が違うけど、同じデザイン。
箱の説明(下記)
日本のワインの発祥地
明治10年(1877)10月10日、勝沼の二人の青年、高野正誠と土屋龍憲はぶどう栽培とワイン醸造を学ぶためフランスへ旅立ちました。
栽培と醸造の技術を習得した彼らは1年半後に帰国、さっそく醸造を開始し、日本における本格的ワイン造りが勝沼の地で始まりました。
勝沼町では、二人が留学中に撮影したという写真をデザイン化して町のシンボルマークとしています。二人の開拓者精神を町民の誇りとし、未来へ継承、発展させていこうという願いが、シンボルマークには込められています。(勝沼ワイン協会)

大ぶりのしっかりしたワイングラスが2015年(左)、右は2012年度のもの


今年は箱がもらえた。


ぶどうの丘が出店しているステーキ1000円ジャガイモ付をいただく。グラスもステーキも、どれも長蛇の列。
ワインの試飲に回り、色んなワインを味わい、ワインを購入したり・・・。疲れたら(酔ったら)椅子に戻って休憩または昼寝、を繰り返して、夕方からのイベントに備えた。
年を追うごとに人が多くなっている気がする。盛況はいい事。
試飲も並ぶんです。注いでくれるのは少量ではあるが、味わってグラスを空にしてから次へ並んでいたが、強者は飲みながら次の列に並んでいるのを見てこちら見習う。

快晴の秋空に心地よい風、とっても気持ちいい。たぶん25℃(天気予報は27℃でしたが)、朝晩は15〜17℃、この高低差が盆地である証拠、ぶどう栽培には最適で美味しいワインができる。最近は欧州でも甲州ワインの知名度が上昇。
白の甲州、赤はあじろんの樽塾が好き、あじろんのライトボディはフルーティでほっとする。

S病院OTのTさん一家に会えた。
昨年12月から2月の入院時、OTリハの時にはぶどうまつりの話で盛り上がっていた。地元出身の祖父母がワイン好き、一家でいけるらしい。子どもはジュースよね。

夜のイベントはジャズ。
クリタ・マコト(世界的なジャズピアニスト、アニメ『新世紀エヴァンゲリオン』でも活躍)とプリスカ・モロツィ(南アフリカ共和国出身のジャズシンガー)。迫力ある歌声に会場はノリノリ、プリスカさんの体格も迫力でボインボイン! 17:15〜18:00




ref. 南アフリカ共和国出身の歌手・プリスカ・モロツィはアメリカのケント州立大学建築学科を卒業後、1986年国連研究員として来日。1991年南山大学経済学部を卒業。
現在、歌手として活躍するかたわら、南山大学、愛知淑徳大学、千種高校、中京大学で教鞭をとる。
http://www.priscamolotsi.com/

右大腿骨手術-3 

September 05 [Sat], 2015, 16:19
手術の続報3 リハを中心にそして退院へ

2015/1/13(火)Drの指示でIPCポンプ(足ポンプ 深部静脈血栓症防止のための間欠的空気圧迫法、足部とふくらはぎ部を加圧)が終わり。
終日IPCを装着していると足の運動、足を上げる、膝を曲げる等ができない。足首は動きそうだが、私の右はまったく動かない、左は少し動くが・・・。膝を下に押し付ける等尺運動はできるので継続する。
大枕はあった方がいい、体交時安心
IPCポンプが終了したので、この日よりベッドサイドで足下垂し食事や読書をする
10:40-11:10 PT計測 脚長差 1.5cmに(右73.0cm、左74.5cm) やったー!

1/15(木)PT 10:30-11:10 ゴムバンド緑で右足開脚、10回づつのリハ。セメントを入れて固定しているから縮まない 平行棒で左足のみで立つ

1/19(月)PT Tからパソボラを依頼された
隣の市在住18歳女性 車いす ぜんそくで1ヶ月くらい入院中、股関節が悪いが手術ができない、服薬ステロイドの影響か? 入退院が多く高校を退学 理系で宇宙研に就職志望 PC習ってMOS目指したいとのこと。
リハ室で15:40-16:50 EXCELのテキストでサポート、PT研修生(K大学、男性)も同席。
宇宙研志望の女子大生を知っているが院へ進学した、院は必須だと思うよ

Dr W 18:30 足上がる? はい ペランペランの筋肉でよく上がるね 
口の悪いDr、失礼でしょ! ペランペランの筋肉、ペランペランの腸骨、ズルンズルンの大腿骨・・・なんて。
*腸骨はペランペランで移植できなかったそう。

1/20(火)PT Tによると、昨日の女性は同室者がインフルエンザを罹患したため2日間病室内隔離 タミフル投与中。
その後1/23に転院したことを知らされた。
1日限りの出会いであった。歩けるようになって社会復帰してほしい!!
 
1/21(水)お隣の患者Aさん(私と同じ1/8にope )
ope後2か月以内にリハビリ病院へ転院を、今から転院先を探さないと順番待ちが多く、すぐに転院ができないと、Nsに言われていた。
今は急性期医療の入院短期化が厳しく進められている。誰もが退院を渋るが、お年寄りは、家族が積極的に紹介された病院を見学して決めた病院へと転院していく。Aさんは暮れ12/28に転倒により左膝下を骨折、高原骨折なんだそうだ。退院する時は自宅へ帰る日と決めている、私と同じだ。

1/22(木)PT 10:30-11:00 平行棒1往復するが踵が痛くてへっぴり腰で歩けない 大腿骨は痛くなかった 

1/23(金)PT 10:40-11:10 平行棒1往復する 踵が少し痛い 膝折れがする Dr Wが見学に来てスクワットはいけない、マイルドにと指示。 
トイレでの方向転換は両足ついて上手にできるようになった

1/25(日)トイレ動作、Ns見守りだったのが自立になった

1/26(月)PT 10:30-11:00 平行棒3往復 かなりまともになってきた、時々膝折れする、サポーターをするほどじゃない
15:50 Dr I 血液、尿、XPの検査結果、要求していた新インプラントのカタログを持ってきた

インプラント:股関節 Zimmer
VerSys CRCセメント固定式リビジョン/カルカー股関節システム
(VerSys CRC Cemented Rerision / Calcar Hip System)
FEMORAL STEMS AND MODULAR BLUCKs
  カタログNO:00-7571-013-60
  品名:VerSys CRCステム
  サイズ:13×170mm

1/27(火)PT 10:40-11:10 平行棒4往復 
この時Dr W来て、危ういなあーでも走るわけじゃないからねー。Fさんは不死身だから頑張ってね。 立って膝曲げ運動=スクワットはだめ、大腿骨に負担がかかりすぎるから。

1/28(水)PT 10:40-11:10 平行棒3mを6往復=18m、もちろん手すり使用 
Dr W 15:55-16:05 今日は6往復しました どのくらい歩きたいの? 最低でも200m。買い物へも行きたいし、洋服など見に行きたいし 
Dr 女性だもんなあー 家の環境はOK(キャスター付き椅子で移動可)だね 弾包(IPCポンプの代わり、弾性ストッキングか弾包=弾性包帯で血栓予防)は今日まで

1/29(木)9:05-9:10 Dr I 3週間目で抜糸(抜鈎 ホチキスの針のようなもので縫合、器具を使用し羽根型の車のドアが開くようにして針の中央部分にへこみを入れて抜く 糸と違い取り残しがない 痛くはないが妙な感じ)、32針でした。後に瘢痕を計測30cmあり
PT 10:30-11:05 平行棒6往復=18m

1/30(金)朝の包交 Dr 消毒 抜糸の痕を点検、浸出液のなしを確認しシャワーOKとなる
15:00-15:40 晴れてシャワー

2/2(月)Dr W 8:45 今週は自信つける週だね
PT 10:30-11:10 平行棒2往復、歩行器でリハ室内2周
Dr I 19:35 SF ISが後藤さんを殺害、youtube見ましたか? Dr 見ました。ひどいことするね。いつごろ退院希望? SF 階段もやりたいし、今日は歩行器で2周しました。 Dr 来週か再来週かな SF 来週中がいいです

2/3(水)PT 10:40-11:10 歩行器3周
Dr W 17:20-17:25 ガラスが入っていると思って大事にして、股関節のポリ部分替えがないしカップも交換しなくてはならない、大変な手術になる
SF 足短くなった気がする
Dr そんなことはありえない、骨セメントのゆるみがあれば別だけど。来週退院希望了解 PTとも相談して日程決めて 

2/4(木)PT 10:35-11:10 歩行器3周
ケアマネA 16:00-16:35 デイルームで退院に向けての面談

2/5(金)Dr I 18:20 足短くなった気がする、そんなことはない 脚長の基準線はteardrops線と小転子、または尾低線の下の線、XP上で測る

2/6(月)PT 10:40-11:15 歩行器2周、階段始める 
右足首痛のため階段(蹴上げ低い方)登れず、平行棒で段差(ca10cm 昔電話帳、今雑誌を束ねたもの)を置いて昇降すること5回(階段は手すり幅が広いが、平行棒は狭いので楽だ) 
Dr W 14日退院のお迎えが決定した旨伝える

2/9(月)PT 10:35-11:15 階段(低い方)2段2往復

2/10(火)PT 10:30-11:05 歩行器1周、階段(低い方)上まで2往復、高い方(蹴上げ20cm)2段1往復、
Dr W見学 Fさんはやんちゃだからねー、無茶はだめ、杖歩行練習いいですか(PT J) Dr いいよ

2/12(木)Dr W 8:55 昨日は杖で2-3歩歩けました。そうか、無茶しないでね。
PT 10:45-11:15 平行棒内で左杖歩行2往復、リハ室内杖歩行1周、階段(蹴上げ低い方)上まで1.5往復、高い方20cm 上まで1.5往復

リハ最終日
2/13(金) PT 10:30-11:15 階段低い方2往復、高い方1往復、杖歩行1周、
18:55 Dr W 2か月間頑張ったね 1.不慮の事故は避ける 2.無茶しない 何かあればすぐ来て 診察日月(RA科)木(整形) 
入院中は頻繁に顔を出してくれた とても気配りのあるDr、心温まる励ましの言葉で送り出してくれるのねー。
いい先生、ありがとうございました。

退院の日
2/14(土)9時前にお迎えが来る 我が車椅子も来る 

今回の入院と前回(2013年6月-9月)でお世話になった可愛い病院の車椅子ともお別れ


病棟のナースステーションで退院届を受け取り、会計(休日なので玄関横の救急用窓口)で精算、領収印を押してもらい、ナースステーションへ返却、60日で晴れて退院 これでやっと我が家へ帰れる


入院中はPC使用禁止(個室はOK)のため、iPhone6でメールチェック、自宅プロバイダのアドレス転送とG-mailの転送、2種類の設定をしていたので、返信もできた。
世間からの隔離感もなく過ごせた。でもPCが使えたら・・・

で病院のHPを見たら、なんと!!!
入院中の生活について 基本的なお願いに「new」が付いている
6.ラジオ・テレビは他の方の迷惑にならないよう、イヤホンの使用をお願いいたします。
パソコン・ゲーム機器の持ち込みは担当医師の許可を得たうえで、他の方のご迷惑にならないようご使用願います。なお、イヤホンは売店にてお求めいただけます。
改定されたのか・・・!

よくよく見ると
携帯電話について
院内での携帯電話は医療機器の誤作動の原因となるため、ご利用なさらないようお願いいたします。ただし、決められた場所(各階食堂・デイルーム)ではご使用できます。
携帯電話使用の際は、他の患者さまのご迷惑にならないよう、マナーを守ってご使用下さい。
また、一般病室では携帯電話の他、パソコンでの無線LAN、通信機器等の使用はご遠慮下さい。
※なお、職員の使用している携帯電話は、医療機器への影響がない院内専用電話(PHS)を使用しております。

結局ダメなままなのか???


個室はABCあり、差額ベッド料金が必要で1日あたりA:20,000円、B:12,000円、C:9,000円 (税別)
Aから埋まっていくそうで、たいてい満室、世の中には裕福な方がいらっしゃるものだ!

右大腿骨手術-2 

September 01 [Tue], 2015, 23:02
2014年
12/24(水)11:20-12:10 ope前説明 
本人 兄 Dr I、Dr Wの4名 カンファレンス室にてDr Wが説明

診断名:大腿骨骨折後偽関節(右) 手術名:人工股関節再置換後偽関節手術(右)

輸血さけられない 2〜4パックか 200ml*5=1000mlかも
股関節 臼蓋と金属カップはボルトで強固に固定されている、金属カップとプラは特許非公開のためロック構造が分からない、入れ替えるとなると両方置換するがかなり時間がかかりそうだ。Dr糸満(当時北里大教授)のオリジナル、全国に在庫がない
カップの中心に骨頭中心があるのが正常だが、左側(内側)の上が減っているので摩耗していると判断できる
プラの減り具合はかなり左>右、右は緩んでいないので入れ替えないがいつまでもつか心配している、
右股関節は骨頭とステムを入れ替える、セメントを使用する
右腸骨5cm位か取れるだけ取って移植する
人工骨は? 偽関節の場合には悪さをするので使用できない
1/8(木)午後、ope室へは12:30入室予定
家族は12時から20時くらい病院内にいること
ope 5h 後処理に1h、病室戻る前に家族へXPで説明予定
兄:私の血をあげるのはどうか?
Dr:家族輸血は色々と問題が多いので使えない 注1

注1
親族間の輸血は、GVHD(移植片対宿主病)を起こす危険性が高いからです!
GVHDを発症するとほとんどが死にいたります。
親族間では、遺伝子の差が少ない為、GVHDを起こしやすいのです。
GVHDは、輸血中のリンパ球が、輸血された人を攻撃してしまう反応です。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1319269178

SF 脚長差をなくしてほしい
Dr できるだけ努力する 3cm以上は神経や筋に無理がある


12/26(金)Hb10.2まで回復 貯血を実施する。
処置室で貯血10:45-11:00、ラクテック500ml、フェジン11:00-12:20、
めまいがしてしばらく寝ている12:40

2015年になる
1/1(木) 1北病棟はとても静か(外泊0r退院が多い)11名/34bed 直角に曲がった病棟は不明 明日からバイアスピリンとエンブレルを中止
朝食:白飯、沢煮椀、紅白蒲鉾、黒豆6粒、数の子1.5cm、牛乳、お茶
昼食:赤飯、里芋煮、焼き魚(タラ?)、リンゴ

1/7(水)ope室Ns 11:00-11:05 準備品確認
ope室 麻酔科Dr S 15:50-16:05
ope室 麻酔科Dr N 19:00-19:25 2013/6のope時担当した
薬剤師 16:00-16:10 ope後の薬の説明、フェロミアの副作用はムカムカ、胃痛は1w後位で出てくる、腹痛下痢は2w後位から。
Dr W 17:00-17:05 明日だね Hb9.6 輸血4単位くらいかな

PT 脚長足底 右68cm、左74 cm、6cmの差!

手術の日
1/8(木)朝、個室C(837号室)へ 9720円/d
Dr W いよいよだね
SF せめて4cm足長くして!PTに計測してもらったら6cm差があった
Dr W 3cmが限界と言われている
SF できる限りお願いします
Dr 左右差合せるから任せて 
ついにDrは根負け?お世辞でも安心させてほしい。無理とは承知しているが私には深刻な問題なのだ。

Dr I 点滴・ルート確保 9:40-10:10 6回目でやっと入る Nsも1回加わり7回刺された。
術衣に着替えて安静に待つ
予定より遅れて呼ばれ13:15着でNO.6 ope室へ

麻酔科Dr N エピドラ3回失敗、Dr Sに交代し1発目で成功、その後全麻で眠りに落ちた
21時すぎ終わりましたよとDrの声で覚醒、病室へ戻ると兄が来て術後4wで退院だって、帰るよ。
SF 長時間ありがとう

点滴・酸素吸入マスク・心電図・血圧計・パルオキシメーター(血中酸素濃度計)・導尿、足ポンプ(IPC:静脈血栓塞栓症予防、カーフポンプタイプ)、傷口にはドレーン、脊髄にエピドラ(局麻及び痛み止め)
管だらけの抑制状態 動きたい意欲は全くないからいいけど。

新装開店の右大腿 セメントで固めたそうだけどセメントてんこ盛りだー、もう2度と入れ替えない想定か?



1/8夜から1/9(金)朝にかけ、むかむか、吐き気で1回吐いてしまう、朝食昼食夕食はなんとか1/3食べる、
早朝
酸素吸入マスクの縁が顔に当たって痛い・自動血圧計で腕が動かせず痛い・パルオキシメーターで指が痺れて痛い・・・ので外してもらう。
Dr W 痛みはどう?
10:40から輸血1pac、計5パック=1000ml
貯血(自己血)400ml*2 合わせ 総輸血量1800ml Hb 9.2

15:00 ごろ 術衣からパジャマに着替える際体交、背中のエピドラが漏れているのが判明しロックする、Ns。
その後、激しい痛み出現、Dr I はエピドラ抜く予定を1日延期する、痛み止め所望 ロピオンを点滴に追加 15時と23時
セファゾリンNa点滴静注用1gバッグ「NP」 は、日本薬局方 セファゾリンナトリウムを含有する合成セファロスポリン系抗生物質製剤 8h毎 1/8 22’、1/9 6’、14’、22’
ソルデム3A輸液500ml 2回/d 水分、電解質補充
ラクテック注 500ml 2回/d 酸性側に傾いた体液を補正

1/12(祝・月)休日祝日には部屋移動をしないというが、5日間という約束なので移動を強くお願いする。
高額請求されるのはこちらだ!15:30 103号室へ戻る
Ns 摘出したインプラントが戻ってきたけどいるか? はい、重い。バイアスピリン、メトトレ明日から再開の指示。

入っていたインプラント
プレートの長さ26cm、86g 細いピアノ線7-8本を撚って1本になり、それが10本ぐらいさらに撚り合わさったワイヤーで骨を巻いて固定していた。
股関節のステムの長さ16cm、95g 骨頭の直径30mm、66g ボルト2本5g


鋭利なプレート先端と少し下の爪、大転子近くに止めたのか


右大腿骨手術-1 

September 01 [Tue], 2015, 22:16
今日は9月1日、秋  秋だ
まったく時間の経つのは早いもの
冬のイベントが遠くになっていく
これではいかんとメモすることにした


2014/12/15(月)8wごとの経過観察としてS病院を受診した。
診察前にレントゲン撮影(XP) 右股関節2枚 大腿骨2枚
Dr Wの診察は9:00-9:30

Dr W どうですか
SF 股関節が痛いです。腰が先かなあと思っていたけど股関節を先に手術してほしい。日に日に脚が短くなっていくみたいなので。
Dr 大腿骨とプレートが折れている、人工関節が緩み、ステム先がプレート側へ歪んでいる、沈んでいる
足をついてはいけない。ボッキリいく。 困ったなあー!(頭抱える) 
すぐ入院できる? はい では12/17(水)入院、opeは12/24にしようか。 術前検査しよう、Ns介助で回って。

CT、XP(胸2、手2、左股関節2、首2)、心電図、肺機能検査、
採血は難航した。2本/7本は採血室の技士+Nsが、残りはRA科処置室に戻りNs2名で5本を(看護師長さん?は上手だった)。

Dr W 再診察12:30-13:00 CTで確認した、Hb12.3なので貯血しよう、
バイアスピリン服用のためopeは1/7に変更、年末の病棟は手薄になるので、大きな手術は避けたい、とおっしゃる。
処置室で入院案内Nsより受ける 



売店の食堂で食事13:15-13:50

整形外科で貯血 14:00予定が待たされて14:50-16:10
Dr & Ns 厳しいなあ 3か所(両腕と左足)に20ゲージ(針、普通は17G)2回ずつ刺す。3回目は1時間以上かかって400mlの1/3採取したが、あーだめだ!凝固してる、廃棄だ、と。
それでも足に穿刺できる場所を探していたがついに断念。今日はもうやめよう。入院してからだね。Dr Wは2パック取りたいらしいから。
Dr M(前回手術の第2執刀医)はフーと大きなため息、お疲れの様子。
私ももちろん疲れた。整形診察室のベッドは硬くて腰、背中が痛く、それに寒い。毛布を掛けて暖かくしてくれたら血管が広がり血液が出たとは思うが、気が利かないなあ。
標準採血時間400mlは15分なのに。
入院案内センターへ 16:15-16:25 会計と薬局へ、院内処方を受取り、駐車場を出たのは16:52 1日がかりだった。

入院の日
12/17(水)病院到着10:15、入院案内センターで長く待つ 持参薬チェック。病室へ案内され103号-1bedに落ち着く 11:35
15:30 Nsによる注意事項の説明 安静度 患肢免荷、車椅子移乗可で見守り、足趾足関節運動の励行など。
17:30 弾性ストッキング着用
(ふくらはぎ左23cm、右21cm サイズS)+自助具(履きやすいように、つるつるした裏地で三角形に作製、バイアス仕上げ)、足を入れストッキングを被せ、つま先の穴から抜くスグレモノ。医療保険の対象になって支給された。

12/18(木)リハが始まった。 PT(理学療法) 9:00-9:05 bedサイドにて

リハビリ予定表(床頭台に貼られた)
1/8 術直後 床上安静、体交可、足関節足指の運動
1/9 1日 大腿四頭筋セッティング
1/10 2日 背中の麻酔管抜去、ドレーン抜去、車椅子可、SLR運動(下肢伸展挙上)
1/22 2w 全荷重可
1/29 3w 全抜糸予定、退院は歩行状態を見て決定

1回目の貯血 病棟処置室にて10:15-10:50 400ml 30分、穿刺する医師が貯血のプロなんだそうで1回で血管に命中、決まった。トラウマにならずにすんた。
その後ラクテック500ml全開で落とす、フェジン40ml 静注は1時間かける11:00-12:10。

12/19(金)PTは病室だったが月曜からリハ室で行う、OT(作業療法)はリハ室で 10:00-10:20。 
13:30-13:40 XP 腸骨3  自家移植に備え腸骨の具合を見るため
12/22(月)Dr W(外来の主治医だが病棟では担当医)、ope日は1/8午後に決定

12/23(火)Dr I(病棟の主治医)の話 12/19の採血結果Hb9.5、貯血は5w保管可能 12/26 Hb10位に戻れば2回目貯血実施、インプラント発注済み

お正月の膳 

January 04 [Sun], 2015, 10:45
2015年お正月は病院で迎えました。
6時起床のNrによるカーテンオープンはいつも通り。

日勤Nrにあけましておめでとうございます、と言われて気づく有様、今日は元旦でした。

さて、唯一の楽しみはなんてたってお食事です。

2015/01/01 朝食
お雑煮なし、お餅を喉に詰まられせる事故防止、了解
白玉入りお雑煮もどきかもと言ってくれたNu、ウラミマスー
紅白蒲鉾、数の子、黒豆6粒・・・立派なお節 !!
沢煮椀は具だくさんなおつゆであって特別メニューではないのかなあ?


2015/01/01 昼食
お赤飯でした。それと大根おろしにイクラがチラホラ



2015/01/02 朝食
伊達巻、田作・・・おーお感動
2016年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像daira
» 右大腿骨手術-3 (2015年09月28日)
アイコン画像むかご
» 右大腿骨手術-3 (2015年09月26日)
アイコン画像daira
» お正月の膳 (2015年01月05日)
アイコン画像nemossan
» お正月の膳 (2015年01月05日)
アイコン画像むかご
» お正月の膳 (2015年01月04日)
アイコン画像むかご
» ささやかなクリスマス (2014年12月25日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:daira
読者になる
Yapme!一覧
読者になる