正月用に 

December 09 [Fri], 2016, 20:39
ここ数年で、ようやく恒例化した正月用のカニ!

これは、タラバガニだが、ズワイガニも食べたいので、また注文の予定…。

年々カニの価格は上昇傾向らしく、今年は違うお店から買ったけど、ハズレではなかった。(味見もOK!)

自然解凍で食べられるやつです。

洗濯機を買い替えました 

October 10 [Mon], 2016, 19:26
まだブランド名が「National」の洗濯機が、ちょうど8年目くらいでエラー表示多発&きれいに洗えなくなるなどしたので、ヤマダ電機で買い替えました。
店員さん曰く、ドラム式と縦長式とでは、今や縦長式のほうが価格も高めで(ドラム式に比べて省スペースらしい…)、モデルチェンジの時期も異なるとのこと。
かなりいい感じです!

RD-XV10 

December 24 [Wed], 2014, 23:36
うちで唯一のMDを備えたオーディオ。

さらには、DVDビデオ/オーディオにも対応しているという、隠れた性能を持つ。

しかし、実は上に少しだけ写っている、VictorのMEZZO MX-F7という、RD-XV10よりは何世代も前のオーディオをメインに音楽を楽しんでいる今日この頃…。

久しぶりの駄菓子シリーズ 

March 20 [Wed], 2013, 19:31
最近は、スーパーに行っても目立ったお菓子も無く…と思っていた矢先に、視界に飛び込んできたモノ。

約52センチと書かれた、その名も「ロングガム」…98円。

これは、グレープ味だけど、他にオレンジ味とコーラ味があった。

中身は、透明の長細いトレイに、直径8ミリ程の棒状のガムが入っている。

相当な食べごたえだろうと意気込んで3〜4センチ目を折ってみると…

なんと!中身は空洞になっていて、ガムの層は2〜3ミリといったところ。

やはり、駄菓子である。

好物その1 

September 04 [Tue], 2012, 23:21
BOURBONの「エリーゼ」は、とてもクリーミーなチョコレートを、口当たりの良いウエハースで挟んだ、お馴染みの洋菓子。

しかし、通常はビターチョコとホワイトチョコの2種類が同数入っているパッケージだが、どうしてもホワイトのほうがお気に入りで、最終的にはビターだけが残ってしまう現象がよく発生していたのだが…!

この「エリーゼ」は、ホワイトチョコのみのパッケージ!
したがって、ビターチョコの残りを気にせずに、思う存分ホワイトだけを食べられるお徳用です…。

Panasonic HC-V700M 

July 28 [Sat], 2012, 19:02
ようやくデジタルビデオカメラを購入した。

動画はデジカメでは対応できないので、これからいろいろなイベントで活躍してくれることだと思うけど…

ヤマダ電機で、他店価格調査で価格が結構下がった分に加え、6%のポイント還元付きだった。

そのポイントを使って、プリンタのインクとか消耗品を購入できたので、更に良かった!

片付かん部屋… 

June 15 [Fri], 2012, 0:58
毎日の生活は、リビングだけで事足りているのを象徴するかのような二階の個人部屋。
完全に趣味のためにあるような部屋になっている。

大好きなVictor製品群…奥から、FS-MD10、RD-XV10、MX-F7が並ぶ。
しかし、実は写真外に、RC-XC3という壊れた大きなCDラジカセもあり、早2年間ずっと放置されている。

オシャレなラック 

June 13 [Wed], 2012, 0:48
今まで使っていたプリンタが壊れたので、どうせならデジカメプリントやコピーもできるのがいいと思って、EPSONのEP-804Aというモデルを購入した。
そんな頻繁には使わないけど、使う度に別の部屋に行って…というのも面倒だったので、リビングに置こうと思い立ち、ナフコに行った。
電話とかレターボックスも一緒に置けるラックを探すと、リビングにちょうど馴染む感じのものを見つけて、収納サイズもちょうどよい!
上段に電話とか、中段にプリンタと無線ルーター、下段にレターボックス。
シンプルだけに、あまり埃も溜まらんことやろう…。

10年かぁ… 

June 03 [Sun], 2012, 20:11
今年の9月で丸10年にもなるマイカー。
思い起こせば、一番遠いところは鳥取まで行ったし、九州は沖縄を除いて制覇しているハズ…

しかし、それでも走行距離48900kmは少なすぎる。

Victor MEZZO MX-F7 

April 17 [Tue], 2012, 0:47
ミニコンポ全盛の時代…まだ学生だったので、欲しくても手に入れることができなかった機種の一つ。

ちょうどこの頃は、ソニーはピクシィ、ケンウッドはアローラ、パイオニアはセルフィー、パナソニックはレスティ…と、競合も多種多様で面白かった。

とりわけ、個人的にはビクターというメーカーについては、堅実な製品の作り込みを感じさせられるものがあり、この“MEZZO MX-F7”は同シリーズの最上位機種だった。(下位機種には、MX-F3というモデルがあった。)

同時期には、DSPによるデジタル音場処理の普及や、ソニーのピクシィに至っては、プロフェッショナル音質を目指した“エレスタットスピーカー”が登場するなどしたが、このビクターのMEZZO(メッツォ)に魅力を感じたのは、一重に「完全独立4chバイアンプ&バイワイヤリングスピーカー」の威力だと言える。

これに、DSP(ビクター的にはDAP)やドルビーサラウンドに対応したAV入出力、テープデッキはメタル録再でドルビーHX-PRO搭載など、その精悍なデザインに相まって、高機能満載だった。

この程、状態も良い完動品を手に入れ、クリーニングを施して、ようやく手にすることができた!

今や、音楽ソースメディアは、テープ→CD→データ(シリコンオーディオ)という進化の変遷をたどっているが、音としての出口といえば、逆に劣っているように思う。

やはり、今も昔も、良いものは良い音を聴かせてくれるもんだ…。