カラダ、大切に。 

November 09 [Wed], 2005, 1:55

最近カラダに気をつかいながら
生活している気がする。

マズイからやめとけ、と兄から言われていた
豆乳を毎日半パック飲みはじめた。

仕事柄、ありえない時間に夕飯をとるのだけど、
肉を食べるのを控えるようになった。

砂糖とミルクたっぷりのコーヒーのかわりに
ミネラルウォーターを持ち歩くようになった。

あ、そういえばタバコをやめて
もう一ヶ月以上経ったな。
なんか、健康人間になってきた。
これで順調に体重も減ってくれればいいのに…。

今のマイブームはボルビック。

弱さ。 

October 24 [Mon], 2005, 20:12

『俺やって泣く時があるんで』

なんでもカッコよくこなす
あなたが言った言葉。

いつもバカみたいなこと言って笑わせて
大ウケする私を優しい笑顔で見る。
その強くて優しい目が好きだ。
いつもそう思う。

その目を、その頬を、涙で濡らしているなんて、
今まで考えたこともなかった。

『愚痴ってごめんな』

全然構わない。
少しでも楽になるのなら、それでいいよ。

ハードな生活なのに、夜中に会ってくれること。
不安にならないように電話してくれること。
疲れてるのに、おもしろい話で笑わせてくれること。
私は何もしてあげられない。
だから、愚痴ぐらい聞かせて。

もっと弱さを見せてほしい。
ちゃんと受け止めるよ。

昔懐かし。 

September 29 [Thu], 2005, 0:50

今日取材で雑貨屋さんへ。
大正〜昭和時代の雑貨を扱うお店。
店主の女性も年配なのにすごく素敵だった。
『大量生産できる今だからこそ、昔のものを大切にしたいと思うの』
そう言った店主さんを見ていて
私もちゃんと好きなもの、大切なものを
ちゃんと大切にできる大人になろうって思った。

そのお店の古ぼけた白いキャビネットに飾られた昔のアクセサリー。
綺麗な緑のペンダントに一目惚れした。

『これ、買ってもいいですか?』

『あら、嬉しい!』
そう言って笑った店主さんの笑顔が印象的だった。

このペンダントをつけて、またお店に遊びに行こう。
店主さんと看板犬のコテツに会いに。

過去のこと。 

September 27 [Tue], 2005, 1:31

出会ったばかりの四人には笑顔が溢れていて
馬鹿みたいに笑い転げながらいくつもの夜を数えた。
あの頃に戻れたとしたら、
私たちはどんな道を進んだのだろう。

くだらない話で大笑いして、
隣の家のおばちゃんに『うるさい!』って怒られて、
肩をすくめながら目を合わせて
声を殺しながらまた笑いあう。
そんな日々をもう一度過ごしたのかな。


元気のない声で、十月半ばまで忙しい、と
電話で聞いてから数日が経った。
過去に想いを馳せるような弱い心に必要なのは
強くなるための努力と、あの人が見せてくれる笑顔。
そう信じたい。

前進。 

September 25 [Sun], 2005, 21:24
今までのようにはいかないのかな、と
一人で勝手に心配していた元彼との仲。

約半年ぶりに会った彼は
明確な目標を見つけて不安と希望でいっぱい、
そんな感じだった。

久々に一緒に飲んで、初めて聞くこともあったし、
今までの思い出話しもした。

彼も私も、それぞれの街で確実にゆっくりと進んでいる。

お互いの心に残っている小さな恋愛感情は
これから色濃くなるのか薄れていくのかは分からない。

元彼と一緒に眺めた夜景。
何かを伝えたそうな表情を
できるだけ見ないようにした。

二人の間で揺れている自分が
いいかげんな女に思えた。
もっともっと強くなりたい。

おしゃれゴコロ。 

September 19 [Mon], 2005, 22:24
最近朝方寒い。
と、いうことで秋がきてます。

今年の秋は間違いなく『おしゃれの秋』。
(※ワタシ的に)

革製品が大好きです。ワタシ。
数日前、ダークブラウンのブーツを買った。
そして今日は雑貨屋さんでコサージュをゲット。
これも革で、バラの形をしてる。
ストールやマフラーにつけるぞい。

早く寒くならないかな。
うきうき、うきうき。

小さい頃。 

September 18 [Sun], 2005, 2:06
私はよく泣く子供だった。
コケては泣き、ひとりぼっちになって泣き、
抱っこしていた猫のツメがセーターにひっかかっただけでも泣いていた。

今でも結構涙もろい。
人の話でも泣いてしまう。
映画の予告でも泣いたことがある。

泣くことは、別に嫌ではない。
そりゃ、辛いことがあって泣くのは嫌だけど。

涙腺の弱さでは、この写真の頃と
あまり変わっていないのかもしれない。


今日は二回電話が鳴った。
一回目は夕方、二回目は二時間前に。

今日も遅くまで仕事らしい。
泣き言をブツブツ言いながら
それでもキッチリ仕事をする彼が好きだ。

ここのところ、会える日がどんどん楽しみになっている。

ゆらゆら。 

September 16 [Fri], 2005, 20:27
アロマ特集を仕切った。
今まであまり手にとることがなかったアロマグッズ。
取材の関係で手に入れて、
私の部屋で活躍中。

オイルはスイートオレンジ。あまーい香り。

今月末までゆっくり会える時間はなさそう。
映画はきっと来月までおあずけ。

ケツメイシについて。 

August 18 [Thu], 2005, 0:07
私は根っからの邦楽派。
別に『洋楽なんか聴いてカッコつけてんじゃねぇよ』
なんて思ったことはない。けど、なぜか日本語にしか惹かれない。

ケツメイシを知ったのは『よる☆かぜ』という曲がきっかけ。
ケツメイシをいいなと思い始めたのは
『トモダチ』という曲を聴いてから。
ケツメイシにどっぷりハマちゃったのが
『花鳥風月』という曲に偶然出会ってから。

どこかおっちゃんクサイところが好き。
たまに、何故か聴いてて泣きそうになる。

切なさをこんなに素敵に歌っちゃうような
オッチャンたちはなかなかおらん。

ビバ☆三十路ボンバイエ。

知らない。 

August 11 [Thu], 2005, 0:51

何にも知らなくていいと
あなたは言いました。
知らなくていいんだよ、と。

全てを知ったら、
私はどうなりますか?
泣いてしまいますか?

掴みどころのないあなたに惹かれ、
あなたの掴みどころのないところに
今、苦しんでいます。

好きで仕方がないのに
いつまで私はブレーキを
かけていなくちゃいけない?

傷ついてもいい。
そんなに強くはないけど、
そんなに弱くもないから。
全力で、好きになりたいから。

P R
2005年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:dailytwilight
読者になる
Yapme!一覧
読者になる