紫陽花の矢田寺と青の交響曲

June 25 [Sun], 2017, 8:08

昨日は訳あって、贅沢ツアーに参加してきました。
まずは、あべのハルカス57階の、
大阪マリオット都ホテル「ZK」で昼食。





普通ならこんなところでランチできるような身分じゃないので、
どんな人が来てるんだろう?
というところに興味津々。

そして、ロケーションがごちそう。

箱庭を見ながらご飯食べてるみたいでした。


昼食後、近鉄の「青の交響曲(シンフォニー)」に乗って、
橿原神宮駅まで。





観光列車は大好きですが、
乗車時間がたった40分くらいだったので、
ちょっと残念でした。
青の交響曲は、吉野まで続いていて、
たぶん最後まで乗ると景色もいいのかもしれませんが、
途中で降りてしまったので、街中ばかり走って、
なかなか非日常まではたどり着けないけど、
列車はとてもよかったです。


橿原神宮駅から、紫陽花で有名な矢田寺へ。







到着したのが4時頃だったので、
もう本堂の中には入れませんでした…。
でも、紫陽花は見ごろで、きれいに咲いていました。
種類も株数も多く、見ごたえがあります。
本当は、ゆっくり回れば、四国霊場八十八か所にならって
石仏を巡ることができる遍路道があるのですが、
今回はそんな時間もなく、紫陽花見物のみです。

閻魔堂の特別公開中だったので、
閻魔様にはお目にかかることができました。
ただし、撮影禁止でした。



お寺の看板猫?







それにしても、奈良滞在時間1時間。
ちょっともったいないツアーでもありました…。
そこは、訳アリなんで


いずれまたゆっくりと。




「ベルギー奇想の系譜」展&ハーブ園

June 11 [Sun], 2017, 19:11

真夏日にも負けず、昨日は神戸へ行ってきました。
目的はこれ。
兵庫県立美術館で開催中の「ベルギー奇想の系譜」展。

もうすぐ、大阪に「バベルの塔」展もやってくるこのタイミングに、
ずいぶん似たような展覧会を
ぶつけてきたなーと思っていたけど、
そういうことではありませんでした。

ベルギーの奇想の系譜ということで、
奇想画といえばこの人たち、
であるボスやブリューゲルから始まって、
なんとルーベンス、
象徴主義のクノップフやアンソール、
シュルレアリスムのデルヴォーやマグリットときて、
最後はファーブルやルルイで終わる、
いろんな奇想の形を時系列に観られる展覧会でした。

なるほど。
おそらく「バベルの塔」展は時代で切ってくるので、
コンセプトは随分違いそうです。


子供も楽しめそうなワークシートも用意されており、
大人も子供もそれぞれに楽しめる展示だったと思います。
もっとゆっくり観たかったけど、
思ったよりずっと人が多かった…。



で、午後からどうしようかなと思ったけど、
今は花の季節なので、
新大阪まで戻って布引ハーブ園に行ってみました。
実は初めて。

ロープウェーっていろんなものがあるけど、
この個室感はよいですね。

上からハーブ園が見られます。




頂上に着くと、まず先に土産物屋が…。

先に土産なの?







もちろん植物園なので、
きれいに花が咲いていました。
でもあまりにも暑くて、
植物もちょっとバテ気味


かき氷食べたい!
と思ってカフェに入ってみたけど、
ハーブティーとチーズケーキかパンケーキのセットしかない

他には、冷たいハーブティーとかもありましたが、
かき氷やパフェはなく、ちょっと残念でした。

美味しかったんですけどね。
とにかく暑すぎて。

そろそろ、私の活動季節は終わりのようです。
暑いのキライ。
家で涼しく、本でも読んで過ごしましょ。






大阪こけし教室 5月

May 28 [Sun], 2017, 19:52

今日は大阪こけし教室でした。
おみやげこけしは、
柴田良二工人のこの2本。
治一型は、初作とのこと。

今日のテーマは、今晃工人でした。








今晃工人は、津軽と鳴子に師匠を持つ工人さんで、
どちらを作っても非常にうまい、
でもただ上手いだけでは終わらない、
他の工人さんにはない自由さで
作品を作られる方であり、
あまりに幅広いためにある意味つかみどころのない、
そんな工人さんのようです。

それについての評価は、
重鎮さんの中でも賛否両論あるようですが、
でもこれを作ってはならぬ、という制限が、
ひいては系統の消滅につながるくらいなら、
作りたい人が作ってもよいのではないか、
と考えてはダメなのでしょうか。


今回から、特別頒布にも力を入れるとのこと。
たくさんあって、びっくりしました。
選ぶ順番はくじです。







私が連れて帰ったのはこちらの方々。

柿澤工人のえじこちゃんは、
東北おみやげ物々交換でした。
かわいいな。

そして気が付いたら、吉野さんだらけ。

それから、会員さんから
「東北旅行のブログ読んだよ」とか、
「進矢さんからきいたよ」とか、
いろいろ声をかけていただいて、
嬉しかったです。



東北こけし旅G あつみ温泉 終点

May 14 [Sun], 2017, 19:29

東北旅行最後の目的地は、あつみ温泉です。
山形の、日本海沿岸の、新潟に近い地域。
電車も、海沿いを走りました。



あつみ温泉駅は、今まで停車した駅以上に、
本当に人がほとんどいない駅でした。
特急も停まるのに、ちょっとびっくりします。
コインロッカーもない駅でした。

あつみ温泉に来た理由は、
阿部進矢工人を訪ねることだけでした。
幸い、事前に連絡をしておいたため、
快く受け入れていただきました。


お邪魔して、たくさんのお話を聞きました。
あつみ温泉は、どんどん若い人がいなくなってしまい、
今や旅館の女将や仲居さんも、
みんなおばあちゃんばかりなのだそうです。
温泉に人が来るのは、連休くらいで、
しかも大きい旅館数軒だけのことで、
あとはどんどん廃業に追い込まれているとのこと。
ほかの商売も似たり寄ったりのようです。




あつみのこけし店は進矢さんのお店だけです。

注文分のこけしなど、みせていただきました。



いろいろ考え方はあると思うけど、
進矢さんはいろいろ手を変え品を変え作らないと、
リピーターは生まれない、と考えられていて、
日々、工夫をして少しずつ新しいものを生み出されています。
御年80歳なのに、この新しさはなんでしょう?
本当に驚いてしまいます。


工具の作製も、製材もすべて一人でされているとのこと。
工房も見せていただきました。



窓から緑が見える、静かな工房。

結構長い時間、ずっと進矢さんのところにいました。
たった一人のただの個人客なのに、
とても親切にしていただいて、
あつみでは、ほかに何にもやっていないけれど、
普通の観光旅行ではできない、貴重な体験でした。


今回の旅はこれでおしまい。
この日、一気に岡山まで帰りました。




東北こけし旅F 酒田

May 14 [Sun], 2017, 18:48

電車だと、ただでさえ少ない旅程なのに、
待ち時間がとてももったいない感じがします。
でも、その分、車窓の風景を楽しむことができます。
ゴールデンウィークの東北は、
新芽と桜と雪をかぶった山がすべて、
一度に見えて、それはそれはきれいでした。


酒田につく頃には、天気が下り坂に。

泊まった若葉旅館は、山居倉庫のすぐそばでした。
到着して、少し散歩。



ぎりぎり、開いている時間でした!

夢の倶楽は、物産館と民芸館があわさったような施設です。





短い時間でしたが、いろいろな工芸品を観ることができました。
もうちょっと見たかった!



若葉旅館のご飯。
シンプルでおいしかったです。




そして、若葉旅館に泊まったもう一つの理由は、
酒田のこけしを見せていただくこと。

とてもユニークなこけしです。
後ろから見ると、辮髪みたいなのがついています。

若葉旅館には、夥しい数のこけしがあり、
館内に展示されています。
ただ、間近から蛍光灯の当たるガラス戸の
展示ケース内に保存されているこけしは、
長年の光源のせいで退色が激しく、
しかもほこりまみれでとても切ない状況でした…。
いいこけしがたくさんあるのに、残念です。

誰か、救ってあげて…。





東北こけし旅E 銀山温泉

May 13 [Sat], 2017, 16:18

3日目は銀山温泉へ。
天童から大石田駅まで電車で行って、
そこから銀山温泉行のバスに乗りました。

ボンネットバスが来るのかと思ったら、
行きも帰りも普通のバスだった

銀山温泉は、ほんとに映画のセットのようでした。







できたら泊まって、夜のライトアップを見たかった〜。
ガス灯が絶対いい風情だろうなあ。



銀山温泉といえば、伊豆こけし店。
でも、ここは本店ながら、
工人さんはいらっしゃらないらしいのです。



温泉地から3キロほど離れたところに、
伊豆こけし店の工芸館があるそうで、
工人さんはそちらにいらっしゃるとか…。
バス止まらないし、ちょっと悲しい


ガイドブックに必ず書いてある、
はいからさんのカリーパン食べました。




貸衣装のお店には大正キューピーちゃん。

衣装は借りませんでしたが。


この日、バスで大石田駅まで戻り、
新庄駅まで到達してから、酒田へ向かうのですが、
待ち時間が1時間半もありました。
待ち時間が多いのが当たり前だからか、
駅に物産館が隣接しており、
退屈しないようにできていました。
うーん、素晴らしい。





東北こけし旅D 天童

May 13 [Sat], 2017, 16:08

2日目は天童に宿泊しました。
本当は、栄春堂に行くつもりだったのですが…。

開いてない


ゴールデンウィークなのに、
だーれも歩いてない…。
とても静かな町でした。

お蕎麦が有名と聞いたので、
栄春堂の隣のお蕎麦屋さんに。


ものすごい太い蕎麦!
まるで讃岐うどんのようなコシのある蕎麦でした。



町中にはこんなポスターがあちこちにあります。



そして、やっぱり将棋の町だけあって、
町中に将棋の駒が見られてちょっと楽しかったです。



結局、天童は経由地で泊まるだけになってしまいました。



東北こけし旅C 山寺

May 09 [Tue], 2017, 18:41

2日目午後は山寺で途中下車。
登ってみたかったんです。
この日、気温28度。
かなり過酷な条件でしたが、がんばりました!


駅も風情があります。



これです!遠くから見ると簡単に登れそう…。



まずは立石寺から。

お参りするのも大行列…。
私は、遠巻きに手を合わせて拝みました。


でも、御朱印帳受付は、それほど混んでなかったので、
せっかくなので御朱印もらいました。



山門に向かう途中に、こけし塚発見。



そして、登る前にとりあえず玉こんにゃく。

カロリーの低いおやつでよいですね。


ここで参拝料を払って登山です。



まだまだ…。これはせみ塚。



山門が見えました!もうかなりきついです…。



見えた!納経堂・開山堂です。もう少しです。



五大堂からの景色!ここに来たかったんです!



実は、時間があまりなかったので、
奥の院までは行きませんでした…。

なんか、罰当たりな感じですが…。


帰りに、弥陀洞を拝みました。




さて、無事に下山してから、
えんどうというお土産屋さんで、
石山和夫さんのこけし屋さんのことをきいてみました。



ご主人いわく、和夫さんは体調を崩されて、
もうこけしを作っておられないとのこと。
お店もなくなっていました。
「子供のころから、なにかのお礼というと必ずこけしをくれてたのに…
すごく寂しい」と言われて、
もらったこけしを奥から出してきて見せてくださいました。

ああ、残念だなあ…。いいこけしなのに。
いくらでも見て行って〜
と優しいご主人でした。眼福です。


時間ないと言いながら、こんなものを食しました…。

削りイチゴ。かき氷の上に、凍った苺を削ったものと、
練乳がかかっていて、大変においしかった!


山寺では購入できるこけしはなかったものの、
よい思い出がたくさんできました。




東北こけし旅B 秋保工芸の里

May 08 [Mon], 2017, 19:37

2日目は、仙台から仙台西部ライナーバスに乗って、
秋保工芸の里へ向かいました。
9つの木工芸の工房が集まる場所です。
ここにあるこけしの工房は、
一般的に秋保こけしと認識されている佐藤こけし屋、
遠刈田系の我妻こけし、
そして作並系胞吉こけしの玩具庵こけし屋。
この中で、ここの工房でどんどんこけしが生まれているのは、
見たところ鈴木明工人の玩具庵こけし屋だけでした。

明さんのこけしは、女性に大人気です。

そりゃあ、かわいいですからねえ。


でも、私の今回の目的は、明さんの胞吉こけしです!

3つも買ってしまった
明さんはいろいろ新しいこけしも作られているけれど、
私はこれが一番好きです。

明さんと奥様はとても気さくにお話をしてくださいました。
こけしコンクールの後に寄られた方々の話など、
いろいろ聞きました。
普段、朝は木地を挽くことが多いけれど、
今日は朝から描彩をしていて、
眠いから眠そうな顔の子がたくさんできた、なんて。
お茶目な方でした。


それから、こけし屋とはなっていないですが、
御独楽處廣井にもこけしがあります。
独楽とこけしが融合したおもちゃもあり、これもかわいいのです。



廣井独楽屋さんは、お店におられたのは道顕さんの息子さんかな?
コンクールどうだった?などと、気さくに話してくださいました。
女性で、バイクで一人旅をしている人も来たことあるよ。
など、いろいろお話をさせてもらいました。
この子は、唐辛子売りなんだそうです。


他にも、漆のお店など、いろいろな木工芸がありましたが、
お店によって本気で営業しているところと、
そうでないところがある感じがしました。

帰りのバスは、道がとても混んでいて、
なんと40分も遅れて仙台駅に戻りました。
ゆとりを持った計画にしておいてよかった…。
この日、午後は電車に乗り換えて山寺へ向かいました。


東北こけし旅A カメイ美術館と牛タン

May 07 [Sun], 2017, 20:09

コンクールのあと、仙台に移動しました。
駅の近くにあるカメイ美術館は、
絵画とこけしと蝶のコレクションという、
いわばオーナーのやりたい放題な美術館です。


今、こけしの展示はこれ。

阿部木の実の世界展。

充実した展示で、大満足
伝統の継承と、独自の世界の追及の両方を
見事に実現している人だと思います。

さらに、ここでInstagramのこけ友さんに会えました。
嬉しいな


そのあと、こけしを扱っているお店、
しまぬきへ行ってみました。

うーん。前からこんなのだったかしら?
もっとこけし率高かった気がするんですが…。



そして、夜は仙台名物の牛タン!

木曜日の秘密のケンミンショーを、
もう一日前に観ていれば驚かなかったかもしれませんが、
なぜ麦飯?なにこの辛い漬物?
と頭の中に??がたくさんでした。
しかし、牛タンは分厚くておいしかったです。





プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ありんこ
  • アイコン画像 誕生日:1月25日
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 現住所:岡山県
読者になる
ヨーロッパで教会と美術館めぐりをしたい!今行きたいのは、スペイン・バルセロナ、イタリア・ラヴェンナ。
2017年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

P R
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/dailyharper/index1_0.rdf