1R終了・・・・ 

September 26 [Fri], 2008, 21:56
聖域は一触即発の状態となってしまった。そして、張本人のアイオロスはいまだに、自分の信念を曲げない。シャカにいたっては、自分が核爆弾のスイッチを押したことにすら気づかない。こんな慰労懇親会なんてイラネェと他の聖闘士は思っている・・・。イチバンの被害者は・・・カノンだろうね。

電話のマナー 

September 20 [Sat], 2008, 21:11
アイオロスの欲望発表会という名の慰労親睦会の番外編です。黒くなっちゃったサガを元に戻す(人身御供ともいう)ために、カノンを呼び戻せと老師とシオンから厳命が下った。白羽の矢が立ったのは・・・

イメージは大切よね 

September 19 [Fri], 2008, 22:42
前回までのあらすじ
アイオロスは言葉巧みにサガに宴会の幹事をさせた。その宴会とは慰労会でも親睦会でもなく、アイオロスの欲望発表会みたいなものだった。とりあえず配役は提案されたが、それがどう展開していくのやら・・・。海底に逃げてるカノンさん、お兄様がピンチですよ!!

ノンストップ!暴走アイオロス 

September 15 [Mon], 2008, 1:10
やっとの思いで手に入れたゲームを堪能したアイオロス。寝食も忘れて欲望をたぎらせながらゲームをする毎日。そんなドロドロな思いを感じ取ったカノンは、いち早く聖域を後にした。暴走列車アイオロス号、誰か止めてくんない?

アイオロスの暴走〜序章〜 

September 13 [Sat], 2008, 23:16
前回のあらすじ

近所の量販店でお目当てのゲームと本体を手に入れたアイオロス。弟と意思の疎通がまったくなく、逆に心に嘆きの壁を作られてしまった。けれど、目の前のゲームしたさに弟のことなど忘れて、シュラのところに迷惑顧みず乗り込んでいくのであった。

兄さんゲームに遭遇 

September 06 [Sat], 2008, 16:17
 ハーデス戦後、神の御業で再び人間としての生活を満喫できるようになったアイオロス。彼の仲で知識は14歳のままで止まってると思いきや、年配の亡者からアレコレと教えてもらっていたので、さほど困ることはなかった。知識がいっぱいになったアイオロスは実地講習を受けたくなり、たびたび弟のアイオリアのところへやってくるようになったのだ・・・。

良くある注意事項 

September 04 [Thu], 2008, 22:56
このブログはヤチュエが自己満足で書き綴っております。こんな設定許せないやまじめな話を!!という方はお戻りください。それでもOKというかたのみ閲覧ください。

また、時代考証や設定などははっきり申し上げてメチャメチャでございます。だから、ツッコミなしということで・・・お願い申し上げます。

 主にジャンルは 聖闘士星矢→無双、無双→聖闘士星矢、聖闘士星矢オンリー、無双のみの4つぐらいだと思います。今後増えるかもしれないし、減るかもしれないし・・・。
 両方を満足させることはホボないと思われます。

 基本的にやおいはないはずです。世間一般のカップリングは真似することはあっても、濡れ場はございません。そういう場面だけカットした表記はあるでしょうけれど・・・。

 この先、いろいろと注意事項が増えていくと思いますが、よろしくお願い申し上げます。

何でも受け入れてくださる方のみ閲覧ください。また、当ブログを見て不快な思いをされても、責任をもてませんので、あしからず。

上から目線ですんません。
P R
2008年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
みんなのメッセージ
http://yaplog.jp/daily-yachue/index1_0.rdf
Yapme!一覧
読者になる