疲れない身体づくり 

February 03 [Tue], 2015, 21:21
最近、あなたはこんな症状ありませんか?


・ふんばりがきかない
・疲れやすい
・スタミナ不足を感じる
・以前と比べて、集中力がなくなった
・食事のあと、強い眠気を感じる
・ここ1番、やる気がでない
・朝、起きた時から疲れを感じてる

もし、あなたが30代以上なら
それは、疲労から老化へ移行している
サインかもしれません。


実は、疲労と老化がおこる仕組みは同じなんです。


疲労とは、活性酸素が細胞を傷つけた状態にあることを言います。

老化とは、細胞の傷が治らずに残ったままになってることを言います。

細胞に傷をつける活性酸素が体内に沢山あると、
エネルギーが十分に作られず「疲労状態」にあります。


体の中に溜まった老化物質を捨てて、新しい細胞が生み出されるように
早く疲労回復させることが、若々しくいるための近道ということになります。

食事から疲労回復をするためには、炭水化物や脂質だけでなく、
良質なたんぱく質など様々な栄養素をバランスよく摂りましょう。

疲れやすい、疲れがとれないと感じている方は、
特に注意して食生活を見直すことが
大切です。


・良質なたんぱく質、(肉、卵)
 赤身の多い牛肉、豚肉
 鶏胸肉には、疲労を回復させるための物質が豊富に入っています。
 卵のたんぱく質も良質です。

・良質なタンパク質(魚介、海藻類)
 いわし、あじ、たこ、うなぎ、のり
 かつお、まぐろ
 を積極的に摂りましょう。

・乳製品
 牛乳、チーズ、ヨーグルトなど。

・野菜、きのこ類
 ほうれん草、トマト、にんじん、ブロッコリーなどの緑黄色野菜はビタミンが豊富です。
 しいたけなどのきのこ類は食物繊維が豊富。
 にんにく、ねぎは疲労回復を助けてくれます。

・穀類、豆類、
 小麦胚芽、玄米には疲労回復を助けるビタミンBが豊富です、
 アーモンドなどのナッツ類、ごま、
  大豆は「畑の肉」と言われ、納豆、豆乳、豆腐などは良質なタンパク質です。

・果実類
 レモン、グレープフルーツなどのかんきつ類には
 疲労回復を助けてくれるビタミンが豊富です
 バナナ、イチゴもおすすめです。
 

適度な運動も大切です。

歩いてふくらはぎを動かしましょう。
10分〜20分ほど歩くことを心がけましょう。

ふくらはぎは「第二の心臓」と呼ばれています。
血液を循環させるポンプの役割を果たし、酸素を
体内に送り、疲労物質が滞るのを防いでくれます。


でも、
仕事が忙しかったり、時間が不規則だと
なかなか健康的な食生活や運動を
規則正しい生活リズムで行うのは
かなり難しいですよね。

そんな忙しい方にお勧めなのが
マカ発酵黒にんにく黒酢です。

こうしたサプリメントや健康食品って
すでにいろいろ試している人も多い為

「効果なしだったらどうしよう?」

と不安になる方もいると思います。

けど、今なら送料無料のお試しパックで
気軽に効果を試してみることが出来ます。

試してみたいという方は
下記の画像をクリックして詳細をご覧ください。
↓↓↓

【メール便で送料無料!】マカ発酵黒にんにく黒酢