手術後5日目 

2015年04月21日(火) 16時34分
今日から5分粥だ。
正直言って3分粥との違いは良くわからない。

相変わらず目は覚めるものの、朝5時頃になると眠れない。
なぜなら他の人の手前、消灯である21:00に眠るようにしているので、朝5時になると既に8時間も眠った事になる。


朝の見廻り時に看護師、研修医にシャワーの申し出をした。
一昨日だったか、妻と娘にタオルで身体を拭いてもらったが、さすがにシャワーか風呂に入らないと気持ち悪い。
主治医の回答はOK。看護師に点滴の針周囲が赤くなっており、触ると痛みがある旨を話すと「シャワーの時に針を抜き、シャワー後に差し直すか。」との事。超ラッキーだ。

早速針を抜いてもらい、点滴のスタンドを引かずにシャワーへ。
入院後、常に引いて歩いていた点滴のスタンドであり、既に慣れてしまっていたが非常に身軽さを実感する。

シャワーの水圧には不満足だったが、久しぶりのシャワーはやはり気持ちいい。
もうすぐ上がるというときに知らないじいさんがシャワー室の戸を開けて来た。
病棟の風呂場だから当然緊急事態を想定して鍵は掛からない仕組みだ。
だけれども、もう少し待ってよ。あんた、シャワーを浴びていたのが女性だったらどうするつもり?

看護師の話では、点滴は今日2本したらそれで終了との事。
よかった。夜中点滴をしているとどうしても2〜3回はトイレに起きなくてはならないので、熟睡できそうだ。

昼飯後、デイルームに行ったら、栄養士?につかまった。
内視鏡手術後の食事について、色々と指導や説明を受けた。
断糖食(ローカーボ食)について質問してみたが、あまり会話は弾まなかった。

ベッドで寝ているのも飽きたが、いつ看護師が検温や血圧測定に来るか分からず、ベッドを開けておく訳にもいかない。
デイルームから漫画(スーパードクターK)を借りてきて読む。
医療漫画なのでがんの話題がよく出てくる。
K自身も胃がんとの事で、時間との戦いだから直ぐに手術をしていた。
漫画と現実は違うことは十分承知しているが、やはり私自身も時間と戦っているのだから、少しでも早く手術をして欲しいものだ。
もし手術後、「転移していました。」とか、「進みすぎて切除しきれませんでした。」などの台詞が飛び出したら一体どうしてくれようかと思う。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:大腸雁太郎
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1969年
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 職業:会社員
読者になる
2015年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる