こだわりの生産者がいる大地を守る会

January 25 [Fri], 2013, 12:56
口コミなどで広まった美味しいラーメン屋さんがスープにこだわるように、美味しい野菜を作る農家の方もその育成方法にこだわりをもっているのです。

何をつくるにしても、こだわりを持つ事は非常に重要ですよね。


そして、そのこだわりは独りよがりであってはなりません。

海洋深層水を農業に用いている事例は他にもあり、沖縄県では、茄子の栽培の際に、この水を用いることによって、アクの少ないまろやかで甘みのある茄子ができたという報告があります。

海底200メートルを流れる水が、大地の農作物を育てるのに効果的というはなんとも不思議な話でありますね。

大地を守る会の野菜の生産者は、みなさんこだわりの農家です。

ネットでも評判のこだわりの農家の方々が作った美味しい野菜を、一度お試しください。

↓↓↓美味しいお野菜を試してみませんか?↓↓↓
>>>お試しは送料無料で980円から揃ってますよ!







野菜づくりに海洋深層水?

January 22 [Tue], 2013, 12:54
大地を守る会の生産者は野菜づくりにこだわっています。

神奈川県の農家 石渡稔もその一人です。海洋深層水を畑の水として使用しています。

海洋深層水?
海洋深層水というと、通常のミネラルウォーターと比べても高級な感じがしますよね。

さて、この海洋深層水水を使うことによって野菜づくりにどのような効果があるのでしょうか。

実は、海洋深層水は水道水や井戸水に比べ、野菜の成長に必要な窒素やリンが豊富に含まれているのです。

ちゃんとしっかりとした理由があったのですね。

例を挙げますと、石渡さんの作る春キャベツは育苗の時期からたっぷりの海洋深層水を与えます。

これにより、甘くふんわりとした春キャベツがつくられるのです。

↓↓↓甘〜〜いキャベツは子供も喜びます♪↓↓↓
>>>大地を守る会のお試し野菜セットは送料無料980円からです!





ストレスの無い大地を守る会の野菜

January 19 [Sat], 2013, 12:52
野菜に養分を与える栄養素は窒素、リン酸、カリです。

これは与える肥料が化学肥料であっても、有機肥料であってもその効果は変わりありません。

化学肥料の場合は、肥料を大地に撒くことによって営業分が直接野菜に吸収されます。

鶏フンや骨粉など有機物を原料とした有機肥料は、大地の中に生息している微生物がこれらの有機物を野菜への栄養素に一度分解してから野菜に吸収されるわけです。
ここが2つの肥料の大きな違いとなります。

そのようなわけで、有機肥料でつくる野菜は収穫までにちょっと時間がかかります。

でも微生物によって耕された肥沃な大地をイメージしてみてください。
そんな大地で育つ野菜はしっかりと栄養分をとっており、人間で言えばストレスがないのびのびとした野菜となっているんですよ。

当然に味わいも深いですよね。

味が濃いと評判の大地を守る会の野菜をぜひお試しください。

↓↓↓家族の健康に!↓↓↓
>>>大地を守る会のお試し野菜セットは送料無料で980円です!







P R
http://yaplog.jp/daichi01/index1_0.rdf